入浴前に緑茶を飲んで”手抜き入浴法”で乾燥肌を予防できる!【世界一受けたい授業】

バスタブ画像

 

2016年11月12日(土)20:00~放送された、世界一受けたい授業の保健体育では”美肌をつくる正しい入浴法”が紹介されました。

11月急増する悩みは”かゆみ”、冬は湿度が低いため乾燥しやすい季節になりますよね。

通常、肌の油分と水分が肌を守ってくれるのですが、空気が乾燥するとこれらが減ってしまい、”かゆみ”や”あかぎれ”になってしまいます。

正しい入浴法を続けることで乾燥肌を防ぎ美肌になるということですが・・・

 

美肌のためのおすすめ入浴法 ”手抜き風呂”の入り方

間違った入浴法を行うことで、肌トラブルの原因になってしまうと警鐘を鳴らすのは、東京都市大学教授の早坂信哉先生が、お肌に優しい入浴法を紹介してくれました。

 

入浴前に緑茶を飲むことで美肌効果が高まる

緑茶に含まれるカテキンには美肌効果があります。

入浴前に緑茶を飲むことで、ただ緑茶を飲むよりも7倍もカテキンの吸収量をアップすることが明らかになりました。

入浴前に緑茶を飲むことで美肌効果が高めることができます。

 

美肌のための湯船の入り方

他の部屋の温度差を減らすために、お風呂のフタをせずにお湯を張り、ビタミンCが豊富に含むレモン果汁をスプーン1杯入れ、塩素を減らす。

入浴は40℃で10分、肩まで浸かること。額に汗がじんわりでるくらいを目安にしましょう。

レモン果汁は、アスコルビン酸でも代用することができます。

 

美肌のためのからだの洗い方

からだを洗うときは、石鹸でフワフワの泡を作り手のひらで洗うようにしましょう。

からだを洗うときのポイント

  1. からだを洗うときのポイントは、顔・胸・わき・お尻・股の5か所のみで、それ以外はお湯で流すだけ。
  2. シャワーの水にも塩素は含まれているので長時間使わず、お風呂にたまったお湯だけで洗い流すようにしましょう。

 

美肌のためのお風呂からでた後のケア

乾燥が気になるときには、浴室の中でからだをタオルで押さえるように優しく拭き、気になる部分に潤いを与える化粧水をしみこませ、服を着るまえに保湿クリームをつけましょう。

保湿クリームはお風呂上りにすぐ塗ることが大切です。

 

しかし、本当に入浴法を変えるだけで乾燥を防ぐことができるのか?ということで、番組では乾燥肌に悩んでいる藤田敬子さん(45歳)で、手抜き風呂を2週間実践していました。

 

入浴前の緑茶&手抜き入浴法で2週間試した結果とは

特に乾燥が気になる腕と頬の部分の油分量を測定すると、腕の部分の理想の油分量60に対し藤田さんは38、頬の部分の理想の油分量70に対し11と、かなりの乾燥肌でした。

2週間の入浴法のルール

  • 入浴前にコップ1杯の緑茶を飲む
  • シャワーを使わずかけ湯
  • からだは手のひらで洗う
  • 40℃で10分湯船につかる

手抜き入浴法を2週間続けた結果

  理想の油分量 検証前 2週間後
腕の油分量 60 38 76
頬の油分量 70 11 90

藤田さんは、肌の痒みや乾燥も改善し、お肌がしっとり柔らかくなり艶がでました。

ここからは、わたしたちが入浴でやってしまっている、お肌に悪い入浴法を5つご紹介します。

 

お肌に悪い入浴法トップ5

肌は湿度が60%を下回ると乾燥しやすくなります。特に12月からは60%を下回る日が多くなるので、今から正しい入浴の方法を行うことが必要になります。

ここからは、最初に私たちが日ごろ行っている入浴法で、お肌に悪い入浴法5つをご紹介したいと思います。

 

第5位 全身をゴシゴシ洗うと、ウロコ足の原因に!

皮膚の表面にある皮脂膜は、水分を外に逃がさないようにする蓋のような役割があります。しかし、タオルなどでゴシゴシ洗ってしまうと、皮脂膜が剥がれ水分が体の外へ出ていくことによって、乾燥を招いてしまいます。

特にスネは、もともと皮脂膜が薄いため、お湯で流すだけで十分だそうです。

全身ゴシゴシタオルで洗ってしまうと、ウロコ足の原因になってしまいます。

しっとり肌を目指すなら、こすらず手の平でなでるように優しく洗いましょう。

お風呂から上がった時も同様で、タオルでゴシゴシと拭くのはNGです!

肌の角質層はとても薄く、ラップ1枚分の厚みしかありません。肌をゴシゴシと擦ってしまうと剥がれ落ちてしまうので、優しく押さえるように拭くようにしましょう。

 

第4位 脱衣所が寒い

せっかくお風呂でからだを温めたのに、脱衣所が寒いと急激な温度変化によって肌が乾燥してしまいます。

脱衣所はパネルヒーターなどを置いて温かくしておきましょう。

寒くなると起こる寒冷じんましんの原因になってしまいます。

もうひとつ重要なのは、浴室も暖めるようにすること。お湯をためる時に蓋を開けてためることで、蒸気によって浴室が暖まります。

 

第3位 一番風呂に入ると肌に悪い

水道水には殺菌や消毒のために、塩素が含まれています。塩素は肌の乾燥の原因となり肌あれの原因になってしまいます。

一番風呂に10分間片方の腕を入れ、二番風呂にもう片方の腕を10分間入れ、肌の状態を検証していました。

※ 二番風呂の方が、肌の表面が綺麗な三角形が多く肌のキメが細かく整っていました。

二番風呂は、一番最初に入った人の肌からタンパク質や脂質が塩素と結びつくことによって塩素が減ると言われています。

しかし、一番風呂の方が気持ち良いですよね。

お風呂の塩素除去に効果的なのがビタミンC、湯船にスプーン1杯のレモン汁を入れることで塩素を除去することはできます。

また、アスコルビン酸を含む入浴剤などもおすすめです。

この情報は私も知っていたので、お風呂には必ずアスコルビン酸を入れてます。

 

湯船につかりながら歯磨きをすると、だ液に含まれるホルモンが活発になるため美肌に効果的と言われています。

 

第2位 42℃以上の熱いお湯に入る

38℃のお湯と、42℃のお湯に入り、それぞれ1時間後の水分量を比較すると、38℃で入浴したときと比較すると42℃で入浴したときの水分量は半分になっていました。

湯温が高い方が、乾燥しやすいようです。

どうしても熱いお湯が好きな人は、炭酸ガスが入った入浴剤を入れることで体感温度が約2℃高く感じるので、おすすめです。

 

第1位 15分以上の長風呂はお肌に悪い

長くお風呂につかると肌の角層が大量の水分を吸収し膨らんだ状態になってしまい、バリアの役割をしていた油分もなくなってしまうので、肌の保湿成分が流れ落ちてしまいます。

長くお風呂に入ると、指がシワシワになってしまうのは、肌の保湿成分が流れ落ちているサインです!

肌がふやけるほどの長風呂には注意をしましょう!

半身浴は特に”スネ”が長く浸かっているので、乾燥肌になりやすくなってしまいます。

 

まとめ 入浴前の緑茶&手抜き入浴法で乾燥肌は改善する

いかがでしたか?これからの季節は、特に乾燥による肌トラブルが多くなる季節になります。

お肌に優しい入浴法で、美肌をキープしましょう!正しい入浴法を簡単にまとめておきますね。

  • 入浴前にコップ1杯の緑茶を飲んで美肌効果UP
  • 湯船にはレモン果汁1杯を入れて、塩素除去する
  • シャワーを長時間使わない
  • からだは手のひらで、顔・胸・脇・お尻・股の5ヵ所だけ優しく洗い、他の部分はお湯をかけるだけ
  • 40℃の湯船で10分以上は浸からない
  • お風呂から上がったらタオルで軽く押さえるように水分を拭き取り、化粧水や保湿クリームでケアする

 

バスタブ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。