健康・美肌効果がすごい!チョロギ・ピーナッツもやし・テンペの効果と食べ方【サタデープラス】

チョロギ画像

 

2016年11月26日8:00~、サタプラの中の人気コーナー”ドクタープラス”では、ドクターが選んだ全国お取り寄せ長寿食材が放送されました。

今回番組で紹介された長寿食材は、お取り寄せができる今が旬の食材ばかりだったので、ご紹介したいと思います。

冬は、脳梗塞や心筋梗塞などの突然死のリスクが急増する季節です。また冷えによって腸内環境も悪化したり、空気の乾燥によって肌トラブルも多くなりますよね。

番組では3つの項目に分けて効果がある食材が紹介されました。

  • 腸&脳が活性化する雪の下に眠る野菜
  • 肌が若返る食べるサプリメント
  • 血栓を防ぐ奇跡の発酵食品

では、早速ご紹介していきましょう!!

 

認知症予防・腸が活性化するチョロギ

チョロギは秋田県湯沢市で作られる野菜で、”長老喜”とあて字されるほど、健康によいと言われています。

シソ科のチョロギですが、根の先端を食用として食べます。根の先端は細胞分裂が激しく栄養価をたっぷり蓄えているようですが、チョロギの効果を見てみたいと思います。

 

チョロギの効果

見た目は幼虫みたいなチョロギですが、このような健康効果が期待されています。

  • 脳梗塞の治療に期待ができる
  • 抗酸化力で胃潰瘍などの防止に役立つ
  • 老化を遅らせることに役立つ

チョロギは天然のオリゴ糖の宝庫と言われています。チョロギの中に含まれている炭水化物は、オリゴ糖に属する化合物で、その化合物がお腹の善玉菌のエサとなり整腸作用を高めることができます。

また、細胞の働きを活性化させる可能性がある物質が含まれているため、認知症予防効果の可能性があるとのことなんですね。

 

チョロギの食べ方は?味は美味しいの?

チョロギの食べ方は、主にお漬物にして食べるようですね。

味噌漬けや、白しょうゆ漬け、リンゴ酢漬けや柴漬けのように、色々な味で楽しむことができます。

Amazonで調べてみると、いろいろなチョロギのお漬物が販売されていました。

スタジオではチョロギのお漬物を試食していましたが、癖もなくシャキシャキ歯応えもよく美味しい。と好評でした。

その他にも、縁起物として真っ赤に染めたしたチョロギを黒豆の中に混ぜて、お正月のおせち料理として使われています。

確かに”チョロギ”と検索すると、おせち料理が出てきました。

その他にも、チョロギを加熱するとホクホクとジャガイモみないな食感になります。素揚げにしたり、茶碗蒸しやカレーなどに入れても美味しいようですね。

 

肌が若返る食べるサプリメント!ピーナッツもやし

ピーナッツもやしの産地は福岡県能古島で収穫される、お野菜のようです。

能古島は福岡から少し離れた小さな島で、四季折々の花が咲くアイランドーパークとして知られ、別名福岡のハワイと呼ばれています。

能古島のタキロウさん作られているピーナッツもやしは、殻を剥いたピーナッツを温度25度以上、湿度90%以上の環境のもと、霧状の水を1日6回約1週間でピーナッツもやしが完成します。

もやしは緑豆や大豆などを発芽させた新芽ですが、ピーナッツもやしはピーナッツを発芽させたものだったんですね。

 

美肌効果あり!ピーナッツもやしの効果

聞いたことのない食材ですが、ピーナッツもやしにはこのような効果が期待できるようです。

  • 血管拡張作用や脂質改善作用
  • 料理に使いやすいため、摂取しやすい
  • 動脈硬化予防

ピーナッツもやしは、栄養価がピーナッツと同様に抗酸化作用が強く、老化の進行を防ぐのに役立つビタミンEや、お肌の原料となるたんぱく質、さらに老廃物を排出する食物繊維が豊富に含まれています。

発芽後のピーナッツと比較すると、ピーナッツもやしのカロリーは8分の1くらいしかありません。

ピーナッツなどはカロリーが高い食材ですが、ピーナッツもやしは発芽の過程で豆そのものがカロリーを消費しているため低カロリーなんですね。

ピーナッツもやしには、女性には欠かせない3つの栄養素がたっぷり含まれてるだけなく、低カロリーなのも魅力ですね。

 

その他にも、血中のコレステロール値を下げると言われているオレイン酸リノール酸も豊富に含まれています。

発芽野菜のことをスプラウトといい、健康によい食材として注目されています。

 

ピーナッツもやしの食べ方

ピーナッツもやしは、中華鍋で強火で炒めるのが一番美味しい食べ方のようなので、野菜炒めみたいにして食べるといいかもしれませんね。

スタジオでは、野菜炒めや天ぷらにして試食していました。

 

食感がシャキシャキ・パリパリとよく、ピーナッツの風味も残っていて、とっても美味しいようです。

美肌効果の高いピーナッツもやしですが、残念ながらスーパーなどで売っているのを見たことがありませんよね。お取り寄せができるみたいなので探してみると、ありました!!

すぐに完売してしまうかもしれませんが、ご紹介しておきますね。

 

突然死を防ぐ奇跡の発酵食品 テンペ

テンペは岡山県の名産のようですが、美肌や健康効果が高い食材として既に知られているようですが、わたしは初めて聞きました!

岡山市今地区のJA岡山女性部、”今っ娘会”が作っている食材で、岡山県では、給食などでもテンペが食べられている一般的に知られている食材です。

テンペの正体は大豆の発酵食品で、見た目は大豆がギュッとした薄上げのような形です。

 

奇跡の発酵食品テンペの効果

テンペという食材の、このような健康効果を得ることができます。

  • 血中コレステロールや中性脂肪を減らす
  • 発酵食品が免疫力を高めてくれる
  • 腸内フローラをよい状態に保てる
  • 美肌効果

テンペの美肌効果が知られていますが、近年、テンペには血栓予防効果があり、脳梗塞や心筋梗塞の予防が期待できることが明らかになりました。

テンペが作り出す”テンペキナーゼ・トコフェロール”という2つの物質が、血管の老化を防ぐことで脳梗塞や心筋梗塞の予防効果があると言われています。

年齢のことを考えると脳梗塞や心筋梗塞予防効果も気になりますが、女性としては美肌効果も気になりますよね。

 

その他にも、テンペには、生活習慣病改善効果花粉症抑制効果も期待できます。

 

テンペの食べ方

テンペは、岡山産の”たまほまれ”という大豆を、圧力なべで程よい硬さに煮た後、水分を切り素早く乾燥させ、テンペ菌を振りかけよく混ぜた合わせます。

よく混ぜた大豆を袋の中に入れると、テンペ菌(クモノス菌)がテンペの中に広がって接着剤の代わりになり固まります。

大豆にテンペ菌を振りかけることで、大豆の消化吸収が高まりビタミン類が増加すると言われています。

岡山県では、スーパーなどで販売されている一般的な食材ですが、その他の地域の方は見たこともありませんよね。

 

テンペヨーグルトの作り方

  1. テンペを小さく刻む
  2. ヨーグルトの中に入れる
  3. ハチミツを加えると完成

テンペ自体には、味がついていないため、ハチミツやジャムなどで味をつけると美味しく食べることができます。

発酵食品ですが、納豆のように全く臭みもないので、とっても美味しくいただけるようですよ!納豆は苦手な人には良い食材ですよね。

 

酢豚テンペの作り方

テンペ自体に味がないため、いろいろなお料理に使うことができます。

  1. テンペを一口大に切り、しょうゆで下味をつけ素揚げする
  2. 中華鍋でお好みの野菜を炒め、①を入れ炒める
  3. 酢豚の調味料を入れ、とろみをつけたら完成
美味しくてからだの良い酢豚!ぜひ作ってみてくださいね。

 

ただし!!テンペ菌は熱に弱いそうなので、テンペ菌の効果を最大限に摂取できるのは、ヨーグルトなどに入れて食べるのがおすすめのようですね。

ただ加熱しても、大豆本来の栄養を摂取することができるので、栄養価の高い食材ということですね。

 

まとめ 日本には健康長寿食材の宝庫がいっぱい

いかがでしたか?日本には、まだまだ健康長寿食材がたくさんありました。今回の食材は、お取り寄せができるものばかりですので、お試しください。

腸・脳が活性化する雪の下に眠る野菜テンペは、こちらから購入することができます。

肌が若返る食べるサプリメントピーナッツもやしは、こちらから購入することができます。

血栓を防ぐ奇跡の発酵食品テンペは、こちらから購入することができます。

 

チョロギ画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。