赤ちゃんの便秘の原因は離乳食?はじめるタイミングは大丈夫?

赤ちゃん便秘 離乳食
miharuの乳酸菌

赤ちゃんの便秘で、頭を悩ませるママが多いのは、離乳食がはじまった時期ではないでしょうか?

でも、よく考えてみてください!

今まで、母乳やミルクしか飲んでいなかった赤ちゃんのお腹に、はじめて食べ物は入ってくるわけですから、赤ちゃんのお腹の中は突然ヘンな物が入ってきてビックリ!対応しきれず、便秘になってしまうことは当然のことだと思いませんか?

なので、離乳食がはじまった赤ちゃんの便秘は、ちょっとした工夫で改善することができます。
心配いりませんよ~!一緒に赤ちゃんの便秘改善方法を考えていきましょう♪

と..その前に、赤ちゃんの離乳食をはじめるタイミングは大丈夫?

 

離乳食をはじめるタイミング早すぎない?

 

今は便利ですね~!わからないことがあれば、インターネットで検索すれば、情報がパッ!て表示されます。
でも、一番気をつけてもらいこと、それは赤ちゃんはロボットじゃないってこと!

ママに伝えたいのは、赤ちゃんの成長のスピードは違うってことです。

 

厚生労働省の授乳・離乳の支援ガイドには、こう記されています。

食事の量はの評価は、成長の経過で評価する。具体的には、成長曲線のグラフに、体重や身長を記入して、成長曲線カーブに沿っているかどうかを確認する。

からだの大きさや発育には個人差があり、一人一人特有のパターンを描きながら大きくなっていく。

 

インターネットや雑誌には、離乳食は5~6ヶ月から始めましょう!と書かれていても、大切なのは赤ちゃんが離乳食をはじめるタイミングかどうか?ってことだと思います。

この数字は、あくまでも目安です。全ての赤ちゃんに適合した数字ではないことを、しっかり理解しておきましょう。

赤ちゃんは、ほんとうに離乳食をはじめるタイミングになっていますか?
まだ、赤ちゃんの準備が整っていないのに、離乳食を与えていませんか?

 

乳歯が生えてくるタイミング

 

赤ちゃんの歯が生えてくるタイミングは、ひとつの目安になるでしょう。

 

離乳食のタイミング 乳歯

 

いちばん最初に可愛らしい歯が頭をのぞかせるのは、生後6ヶ月くらいで一般的には下から生えてきます。

この時期から、母乳やミルク以外のものを自分の力で食べれる準備が整ったという合図になります。このタイミングで離乳食をはじめてみると、よいでしょう。

乳歯が生えてくるタイミングは、歯科学的にも解明されていない部分も多いようですが、3~4ヶ月くらいのずれは問題ないとされています。

 

哺乳反射が鈍くなってきたらタイミング

 

哺乳反射とは、生まれたばかりの赤ちゃんに備わっているもので、ママの乳首をくわえるために重要な原始反射で、赤ちゃんの口のまわりの物が触れると、唇と舌でくわえようとする行為のことをいいます。

 

哺乳反応

 

離乳食をはじめる時期になると、この哺乳反射は鈍くなってきます。
赤ちゃんにとって時期が早すぎると、離乳食を与えても舌で押し出してしまって食べようとしません。

嫌がる時には、無理に与えないようにしましょう。
離乳食の時期になると、自然と大人が食べている食べ物に興味を示すようになります。

離乳食を食べようとする動きよりも、舌で押し出す動きのほうが勝っているときは、離乳食をはじめるのは少し早いかもしれません。

焦らずに、赤ちゃんのペースに合わせて進めていきましょう。

 

前置きが長くなってしまいましたが、離乳食をはじめる時期って結構重要なので、しっかり赤ちゃんと向き合ってくださいね。

さて、本題に入っていきたいと思います。

 

離乳食をはじめると便秘になってしまう理由

 

赤ちゃん 便秘 水分不足

 

離乳食がはじまったことが切っ掛けとなって、便秘になってしまっている場合、一番考えられるの原因は、単純に水分不足によるものです。

赤ちゃんは、母乳やミルクで自然に水分を摂取していました。しかし、離乳食がはじまると、赤ちゃんの水分量が減った結果、水分不足によりウンチが固くなってしまいます。

赤ちゃんは、まだ筋力が弱いので、固くなったうんちを上手に出すことができません。

まだ、離乳食には早かったの?母乳(ミルク)に戻さないと!と焦る必要はありません。
離乳食は赤ちゃんにとって、とても大切な食べる練習です。ゆっくり離乳食をすすめながら、便秘の改善方法を実践していきましょう。

 

離乳食の赤ちゃんの便秘解消法

 

赤ちゃん便秘 離乳食

 

赤ちゃんは大人のように、お薬を使って便秘を解消することはできません。
なので、離乳食の内容を改善し、便秘が解消するように導いてあげましょう。

では、月齢別の便秘解消に効果のある離乳食のメニューをご紹介します。

 

離乳食初期 5~6ヶ月頃

 

離乳食をはじめたばかりの赤ちゃんには、なめらかなポタージュ状からはじめ、離乳食に慣れてきた頃から、ヨーグルト状の固さに調整してあげましょう。

また、トロトロ状態の離乳食でも母乳やミルクと比較すると、水分量が不足してしまっていることもあるので、水分補給も忘れずに行いましょう。

食材は、食物繊維が豊富なさつまいもや、かぼちゃなどの野菜ペーストが適しています。
また、バナナなどは食物繊維を豊富に含むほか、オリゴ糖も豊富に含んでいるので、便の排泄を促してくれます。

 

離乳食初期・中期の便秘解消によいレシピ

 

あま~いバナナとお芋

赤ちゃん便秘解消法 離乳食
材料 バナナ・さつまいも 各小さじ1~3

  1. さつまいもは皮をむき、小さめに切り水に浸す。
  2. 小鍋にさつまいもが被るくらいの水を入れて柔らかくなるまでゆでる
  3. 熱いうちに裏ごしをする
  4. 耐熱容器に薄く輪切りにしたバナナを並べ、レンジであたためる
    ※加熱時間は、バナナが透き通ったらOK
  5. 温めたバナナをフォークなどですりつぶす
  6. さつまいもとバナナを混ぜて出来上がり

引用:クックパッド

 

離乳食中期 7~8ヶ月

 

やはり、便秘対策の王道はヨーグルトですね!離乳食中期になると、プレーンヨーグルトを食べれるようになります。
ヨーグルトには乳酸菌が豊富に含まれていますので、赤ちゃんの腸内環境の改善に役立ち便秘解消にもなります。

また、みかんジュースなども便秘解消によいでしょう。

 

離乳食中期の便秘解消によいレシピ

 

かぼちゃバナナヨーグルト

赤ちゃん便秘解消法 離乳食
材料
かぼちゃ 大さじ2
バナナ 大さじ2
ヨーグルト 小さじ1

  1. かぼちゃを柔らかく蒸し、皮をとってなめらかにマッシュする。
    レンジで加熱してもOK
  2. ビニール袋にバナナを入れ、その上から手でぐちゃぐちゃに潰す
  3. 2のビニール袋の端を切って中を出し、1のかぼちゃと合わせ、ヨーグルトも混ぜたら出来上がり。

引用:クックパッド

離乳食後期 9~11ヶ月

 

離乳食後期になってくると、離乳食の幅も大きくなってきています。
お野菜中心の離乳食の中に、ひじきやわかめなどの海藻類や、キノコ類なども離乳食の中に取り入れてみましょう。

ただし、海藻類やキノコ類は、細かく刻んであげてくださいね。

 

離乳食中期~後期の便秘解消によいレシピ

 

かぼちゃのひじき煮

赤ちゃん便秘解消法 離乳食

材料
かぼちゃ 小さじ1
ひじき(水で戻したもの) 小さじ1
だし汁 大さじ1

  1. ひじきは細かく刻む
  2. 耐熱容器に全部の材料をレンジでチンし、混ぜ合わせれば完成

引用:クックパッド

 

赤ちゃんの便秘解消と健康管理のために、赤ちゃんマッサージや運動を日常の生活に取り入れるといいですよ!一度、チェックしてくてみてください。

ベルタ酵素ドリンク

まとめ

 

いかがでしたか?
赤ちゃんの月齢別の、便秘改善法をご紹介しました。

離乳食は、赤ちゃんの食べる練習です。
焦らずに、ゆっくり赤ちゃんのペースに合わせて進めていきましょう。

 

赤ちゃんでも安心!乳酸菌サプリ
miharu乳酸菌購入バナー
赤ちゃん便秘 離乳食

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。