家事えもん・ブライン液を使って作る”冷めてもサクサクジューシーから揚げレシピ”【得する人損する人】

から揚げの画像

 

2016年8月11日19時~得する人損する人では、定番料理を簡単に美味しく変身させる【夏の定番レシピ20連発!2時間スペシャル】が放送されました。

番組の内容は

  1. 牛乳と○○○を混ぜるだけで、ひんやりバニラシェイクができる
  2. 夏の傷みやすいお弁当は、おかずを○○○すれば時間がたってもおいしく食べれる
  3. 家事えもんは、冷めてもサクサクジューシーなから揚げの作り方を披露
  4. 話題の”ウル得マン”は、夏野菜トマトを使った料理に挑戦
  5. 新型そうめんつゆベスト3を発表
このページは、家事えもんが作るから揚げレシピをご紹介します。

 

 

 

家事えもん流からあげジューシー技・ブライン液とネギで鶏肉を柔らかくジューシーに!

 

お肉を柔らかくする裏技はたくさんありますが、今回の裏技に登場したのがブライン液と青ネギでした。

ブライン液の中にお肉を漬けておくだけで柔らかくジューシーになると、テレビや雑誌などで話題になっている万能水のことなんですよ。

 

家事えもんが作る、から揚げの作り方

 

家事えもん流ジューシーから揚げの材料
鶏もも肉 400g ブライン液 下味
長ネギ(青い部分) 1本 100cc めんつゆ 大さじ3
1個 砂糖 5g みりん 大さじ1
コーンフレーク 100g 5g しょうが 大さじ1

【下準備】

  • ブライン液を作る
  • ネギは縦切りにした後、1cm幅に切る
【作り方】

  • 鶏もも肉をフォークで刺す
  • 鶏もも肉を4~5cm角の大きさに切る
  • 切った鶏肉をブライン液に浸してジューシーに
  • ネギを加えて冷蔵庫で15分以上寝かす
  • 寝かせておいた鶏肉に下味の調味料を加えてよくもみ込む
  • 冷蔵庫で15分寝かす
  • コーンフレークを袋に入れ約5ミリ程度の大きさに砕く
  • 寝かせておいた鶏肉の余分なタレを捨て、溶き卵を入れる
  • 鶏肉をコーンフレークの袋に入れ
  • 170℃の油で表面2分・裏返して3分揚げる

 

ブライン液の効果で鶏肉をジューシーに!青ネギの酵素で鶏肉を柔らかく!

 

ブライン液にお肉を漬け水分を含ませることで、ジューシーな仕上がりになるようなのですが、そもそもブライン液って何なのでしょう。

ブライン液の作り方はとっても簡単!水100ccに砂糖・塩をそれぞれ5g混ぜるだけ。
ブライン液でどうして鶏肉がジューシーになるのでしょうか?
  • 砂糖には、鶏肉のたんぱく質と水分を結びつけ鶏肉をジューシーにする効果がある。
  • 塩には鶏肉の表面を固める効果があり、砂糖の効果でジューシーになった肉汁を閉じ込める。
このブライン液は、牛肉でも豚肉でも応用可能なので試してみてくださいね。

 

ネギでどうして鶏肉が柔らかくなるのでしょうか?

長ネギの青い部分には、たんぱく質分解酵素が入っているのでお肉が柔らかくなります。

 

ブライン液のジューシーさと、コーンフレークのサクサクによって冷めても硬くなりにくいので、お弁当のおかずにいいですね。

 

いかがでしたか?

家事えもんといえば、お料理だけでなくお掃除や片づけ術など、私たち主婦にとって参考になる情報をいつも提供してくれていますよね。

 

わたしも、このから揚げ作ってみたいと思います。

 

から揚げの画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。