アルミ・レイ直伝!ローストビーフレシピ・オーブントースターとアルミホイルで作る本格ローストビーフ

ローストビーフの画像

 

2016年8月18日19時【得する人損する人】の番組内で、アルミ・レイさん(たけだバーベキュー)が披露してくれた、本格ローストビーフ美味しそうでしたね。

それも、スーパーで手軽に変える輸入肉を使って美味しいローストビーフが、簡単に作れるアルミホイルレシピ。

たけだバーベキューさんは、アルミホイルを使って色々なお料理を作るのが得意で、アルミホイルレシピ本を出すほどの腕前なんですよ。

 

以前放送されたアルミホイルレシピは、アルミホイルで作る魚介のうま味たっぷりパエリア&マシュマロスイーツでご紹介していますよ。

 

巷では空前のローストビーフブームですよね。数々のグルメ雑誌などで特集が組まれていて行列ができるような人気店もあります。

私が住んでいる堺でも、ローストビーフ丼のお店がありますが、1~2時間待ちは覚悟しないといけない超人気のお店です。そのお店の情報は、ローストビーフ丼が食べたいなら堺・宿院のひだまり庵がおすすめでご紹介しています。

ローストビーフを作るとなると、面倒くさいってイメージがありますよね。今回はとっても簡単に作れるローストビーフの作り方だったので、ご紹介したいと思います。

 

トースターとアルミホイルで作る超簡単!絶品ローストビーフ

ローストビーフ丼に、ローストビーフサラダ、色々なアレンジ料理に使えるローストビーフですが、家庭で作るとなると難しいイメージがありますよね。

ローストビーフを作るのは難しくはないのですが、手間がかかって大変なんですよね。

 

普通のローストビーフの作り方は

  • 下味をつけたお肉をタコ糸で縛る
  • フライパンで焦げ色をつける
  • 余熱したオーブンで20~30分じっくりと焼く

オーブンで焼くときも焦げないように、見張っていかないといけないので面倒ですよね。

しかも、長時間焼くと中まで火が通りすぎてかたくなってり、短すぎると中が生になってしまいムラができてしまうので、一番難しいのは焼き加減です。

お待たせしました!!火加減を気にしないで、誰でも簡単に作れるローストビーフの作り方をご紹介します。

 

アルミ・レイの簡単ローストビーフの作り方

トースターで安いお肉でもローストビーフを簡単に作るポイントは、アルミホイルです!

今回のレシピは、アルミホイルとオーブントースターを使って簡単に作れるローストビーフの作り方ですよ。簡単とは言っても、ポイントがいくつかあるので、しっかりチェックしてくださいね。

 

本格ローストビーフの材料
牛もも肉 300~400g(厚さ約3~4cm) ソース  
おろしニンニク 小さじ1 大さじ1 
タマネギ 1/4個 醤油 大さじ1 
適量    
コショウ 適量    

 

【下準備】

  • 牛もも肉は、冷蔵庫から出して常温に戻しておく
  • タマネギは、千切りにしておく
ポイント!!

肉が冷たい状態で調理すると、中まで火が通りにくく焼きムラの原因になるため常温に戻しておきます。
※暑い夏は置きすぎると食材が痛んでしまうので注意してくださいね。

 

【作り方】

  1. 肉に塩コショウを振り、おろしにんにくを塗る
  2. アルミホイルにスライスしたたまねぎ(半量)⇒肉⇒たまねぎ(半量)の順にのせる
  3. アルミホイルでピチピチ包みにする
  4. トースターに入れ1000Wで15分焼く
  5. トースターの余熱で10分放置
ポイント!!

  • にんにくは、おろしにんにくを使った方が塗りやすく、馴染みやすくなります。
  • たまねぎを敷くのは、肉の焦げ付き防止とたまねぎの甘味が肉の旨みになる。
  • トースターで15分焼いた後、蓋を開けずにそのまま10分放置する。

 

【ローストビーフソースの作り方】

  1. 肉を取り出した肉汁に、酒・醤油を入れる
  2. そのままトースターで3分加熱

ローストビーフを切り分け、ソースを上からかけると完成です!!

これで美味しいローストビーフが作れるなら、簡単でいいですよね。でも、どうしてアルミを使うと簡単につくれるのしょう?

 

アルミホイルと使うと、焼きムラなく簡単にローストビーフが作れるの?

 

トースターの上下からの強い熱を一度アルミホイル全体で吸収させ、その後穏やかになった熱が肉全体に全方向からまんべんなく通る放っておいても上手く焼くことができます。

アルミホイルをピチッとお肉全体に密着させることで蒸気が逃げずジューシーなローストビーフを焼き上げることができます。

オーブンを絶対に開けないで、そのまま余熱で10分間放っておきましょう。

オープンで15分焼いた状態のローストビーフは、まだ中が半生状態になっていますが、トースターの中でそのまま放置し冷めていく温度の中でゆっくり火を通していくことで、柔らかくジューシーに仕上がります。

失敗しないための2つのポイント

  • 牛もも肉をアルミホイル1重で、しっかり密着させてピチピチに包む
  • 焼きあがったトースターは絶対に開けないで、そのまま余熱で10分置いておく

※アルミを二重三重になる部分ができると均等に熱が伝わらず焼きムラの原因になります。

 

2つのポイントさえ抑えておけば、簡単にローストビーフを作ることができそうですね。

私も早速、作ってみたいと思います。

 

 

 

ローストビーフの画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。