家事えもん・タイ風カレーそうめんつゆ&冷製ナポリタン&スタミナとろろそうめんつゆの作り方【得する人損する人】

そうめんの画像

 

2016年8月11日19時~得する人損する人では、定番料理を簡単に美味しく変身させる【夏の定番レシピ20連発!2時間スペシャル】が放送されました。

番組の内容は

  1. 牛乳と○○○を混ぜるだけで、ひんやりバニラシェイクができる
  2. 夏の傷みやすいお弁当は、おかずを○○○すれば時間がたってもおいしく食べれる
  3. 家事えもんは、冷めてもサクサクジューシーなから揚げの作り方を披露
  4. 話題の”ウル得マン”は、夏野菜トマトを使った料理に挑戦
  5. 新型そうめんつゆベスト3を発表
主婦には嬉しい内容の2時間でしたね。

 

このページでは「かけ算そうめんつゆ」をご紹介します。

 

新型そうめんつゆベスト3!夏を乗り切る絶品そうめんレシピ

子供たちが夏休みの間は大活躍してくれるのが、夏のお料理の定番そうめん!

はじめのうちは喜んで食べてくれた子供たちも、毎日のようにそうめんがでてくると飽きてしまいますよね。

今回はめんつゆと冷蔵庫にあるものをかけ算するだけで夏にピッタリな、新そうめんつゆベスト3を紹介していました。

とっても簡単ですが、めんつゆとかけ算する素材の割合も大切なので、しっかりチェックしてくださいね。

 

タイ風カレーそうめんつゆの作り方

カレーと豆乳だけなのに、つゆとして完成されたクリーミーでココナッツ系のアジアのカレー、グリーンカレーのような味でそうめんとの相性が抜群だそうですよ。

タイ風そうめんつゆの材料
めんつゆ  100cc
レトルトカレー  50g
豆乳  大さじ2
【作り方】

めんつゆに温めたレトルトカレー、豆乳を入れるだけです。

お好みでいりごまとネギを入れれば完成!

スタジオの反応は

  • 美味しい
  • 豆乳がまろやかになっている
  • すげぇうまい
タイ風カレーそうめんつゆは、とっても美味しそうでしたと。ぜひ、作ってみたいと思います。

 

そうめんで作る冷製ナポリタンの作り方

ケチャップとハム、冷蔵庫によくあるものを使用することで、ケチャップとハムが丁度良い旨みを引き出して、まるで冷やしナポリタンのような馴染みのある味を再現することができます。

そうめんに、ケチャップ!!と思いますが、意外と子供さんが大好きな味に仕上がるのかもしれませんね。

 

冷製ナポリタンの材料
めんつゆ  100cc
ケチャップ  大さじ3
ハム   1枚
【作り方】

めんつゆにケチャップ、小さく刻んだハムを入れて混ぜるだけ。

お好みでドライパセリを散らせば完成です。

スタジオでの反応は。

  • さっぱりしている。
  • これハマりますね。
  • 美味しい!タバスコ入れるともっと美味しいかも
かなり高評価でした。試してみる価値はありそうですね。

 

ケチャップの分量が多すぎると、かなり味が変わってしまうので注意してくださいね。ハムがない場合は、ソーセージでも美味しいそうですよ。

 

スタミナとろろそうめんつゆの作り方

とろろにも味付けをしっかりしているので、麺としっかり絡みます。夏バテの時期にスタミナもとれる、つゆ自体も美味しいので、ご飯にも合いそうですよ。

スタミナとろろそうめんつゆの材料
めんつゆ 100cc
山芋 50g
卵黄 1個
ラー油 大さじ1
【作り方】

材料を混ぜるだけの簡単レシピです。

家事えもんが1番と認めた、めんつゆ!ラー油が効いていて、めちゃくちゃ美味しい!!と大絶賛でした。

 

和牛水田が作るイガグリ風の海老しんじょうの作り方

そうめんを使って、すごくお洒落な和食を紹介していました。これは、ぜひ作ってみたい一品です。

イガグリ風の海老しんじょうの材料
海老 12尾 マヨネーズ 大さじ1
少々 片栗粉 大さじ1
料理酒 大さじ2 そうめん 1束
ネギ 1/2本 サラダ油 適量
はんぺん 1枚 ウズラの卵(黄身) 適量

【作り方】

  • 殻をむいた海老は、塩を料理酒で軽く洗い臭みを消す
  • 臭みをとった海老は、背わたを取ってぶつ切りにする
  • 叩いて身をつぶし、密閉袋に海老と輪切りにしたネギとはんぺんを入れる
  • 片栗粉とマヨネーズを入れ、よく揉みほぐす
  • そうめんを1cm~2cmに折ってボールに入れる
  • 先程作った、海老しんじょうの種を丸めて、そうめんをまぶす
  • 170℃の油で2分間揚げる
  • 揚がった海老しんじょうの中心を切ってうずらの卵の黄身を入れたら完成

※最初に海老に下処理をすることで仕上がりの味が変わってきます。

※はんぺんと入れることで、ふわっとした食感を再現することができます。

※そうめんは1cmと2cmの長さに切ることで栗らしさを演出することができます。

 

お料理を美しく・美味しく見せる盛り付け方

お料理は五感で楽しむといいますよね。味はもちろんですが、見た目も大切ですよね。

お料理を美味しそうに見せる基本の色というものがあるそうなんですが、青・黄・赤・白・黒(しょう・おう・しゃく・びゃく・こく)と言って、この5色を組み合わせることでキレイに盛り付けることができるそうです。

  • 付け合わせとして黄色と赤のパプリカを素揚げに
  • 和に見せる場合は、お皿は黒の方が和っぽく仕上がる
  • カットした葉を入れることで「青」になる
盛り付けには、余白の美白といって、お料理に対してお皿の余白を3割を残すことで美しく高級感のある盛り付けになるんですね。

 

お料理の盛り付け方のコツなど、とっても勉強になりました。これは直ぐにお料理に取り入れたいですね。

 

 

そうめんの画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。