牛乳とマシュマロを混ぜるだけ!ひんやりバニラシェイクの作り方【得する人損する人】

バニラシェイクの画像

 

2016年8月11日19時~得する人損する人では、定番料理を簡単に美味しく変身させる【夏の定番レシピ20連発!2時間スペシャル】が放送されました。

お料理に関する内容は下の5つ!

  1. 牛乳とマシュマロを混ぜるだけで、ひんやりバニラシェイクができる
  2. 夏の傷みやすいお弁当は、おかずを○○○すれば時間がたってもおいしく食べれる
  3. 家事えもんは、冷めてもサクサクジューシーなから揚げの作り方を披露
  4. 話題の”ウル得マン”は、夏野菜トマトを使った料理に挑戦
  5. 新型そうめんつゆベスト3を発表

このページでは、アイスクリームを使わずに作るバニラシェイクの作り方をご紹介しますね。

とっても簡単なので、夏休みのおやつにピッタリですよ!ぜひ作ってみてくださいね。

 

牛乳とマシュマロで作るバニラシェイクの作り方

シェイクといえばアイスを使って作りますが、今回は牛乳とマシュマロだけで得わざバニラシェイクを作っていました。

では材料から見ていきましょう。

バニラシェイクの作り方
マシュマロ 40g
牛乳 140ml
  • ボウルにマシュマロと牛乳を入れラップをする
  • 電子レンジ600wで2分加熱 マシュマロが牛乳に溶けるまでスプーンで混ぜる
  • 約20分置いて粗熱を取る
  • ラップをして冷凍庫で3時間冷やし固める
  • スプーンで混ぜる
  • 中身を容器に移して完成

アイスクリームを使わず、牛乳とマシュマロだけで得わざバニラシェイクの完成!!

とっても滑らかでクオリティーの高い、シェイクが作れるようですよ。

 

どうして牛乳とマシュマロを混ぜるとシェイクになるの?

アイスを使わず、お店のようなひんやりトロッと食感を再現できたのか不思議ですよね。

マシュマロに含まれるゼラチンには、液体を固める働きがあるため飲んだときの口当たりがよくなるそうです。

しかもマシュマロのゼラチンはアイスクリームよりも溶けにくいため、アイスで作るよりもひんやりトロッと食感を長時間楽しむことができます。

その味も、マシュマロの甘味と香りに牛乳の脂肪分が加わることで、シェイク特有のバニラ風味を再現することができるそうです。

確かにバニラシェイクは、すぐに液体状になってしまいますよね。飲み終わるまでトロッと食感が楽しめるのはいいですね。

 

牛乳とマシュマロで作るシェイクのアレンジ編

マシュマロを電子レンジに入れる前にひと手間加えることで、様々な味のシェイクを楽しむことができます。

例えば

アレンジシェイクの材料
コーヒー味 インスタントコーヒー 小さじ1/2
イチゴ味 イチゴジャム 小さじ2
チョコレート味 チョコレートシロップ 小さじ1・1/2
抹茶味 抹茶パウダー 小さじ1/2

 

ちゃんとシェイクのシャリシャリ感も再現できているそうですよ。

 

マシュマロをひとつ買っておけば、簡単にシェイクを作ることができますね。

 

バニラシェイクの画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。