【口臭の原因】ドライマウス・歯周病・口腔カンジダ症の症状と治療法

鼻をつまむ女性

 

口臭は中高年のおじさんの話と思っていませんか?最近では、若い年齢層の方でも口臭に悩んでいる人が急増しています。

口臭は今や社会的な健康問題にもなっています、厚生労働省のホームページを見るとこのように記載されていました。

口臭は自己識別が難しいこともあって、気にする人が多い一方で強いにおいを無自覚な人も多いという社会的な健康問題となっています。

自分の口臭が気になる人は、意外と多いのではないでしょうか?

 

口臭の原因は、4つに分類することができます。

口臭の主な4つの原因

  1. 歯周病(歯槽膿漏)
  2. ドライマウス
  3. 真菌感染症(口腔カンジダ)
  4. 内科的疾患

この4つの原因によって、どうして口臭を引き起こすのか?社会的な健康問題になっている口臭の原因と、口臭の改善方法について分かりやすく解説していきますね。

 

目次

口臭の原因 歯周病(歯槽膿漏)

口臭の半数を占めるは、歯周病菌だと言われています。

テレビCMなどで、マウスウォッシュや歯磨き粉、歯ブラシなど歯周病予防効果のあるオーラルケア商品が紹介されていますよね。

今、歯周病予防に注目が集まっているのは、口臭だけの問題ではなく、歯周病菌がからだの中に流れ込みさまざまな病気の原因になることが明らかになったからです。

ところで歯周病は、どんな病気かご存知ですか?
歯周病とは?

歯周病の原因となる歯周病菌は、歯茎に炎症を起こし血管を拡張させて歯茎の毛細血管から侵入し、血液を分解し、口臭の原因物質“硫化水素”や”メチルメルカプタン”などの腐敗ガス口の中で発生させる病気。

歯周病菌が発生させる腐敗ガス”硫化水素”や”メチルメルカプタン”は、毒ガスの一種です。一定濃度を超えると、命に危険を及ぼすくらい危険な毒ガスです。

今年に入って熊本県の阿蘇山が噴火をしましたが、火山噴火のよる死亡事故で一番多いのは、硫化水素による毒ガスの中毒死なんですね。

もちろん、口の中で発生する硫化水素やメチルメルカプタンで致死量に至ることがありませんが、危険な腐敗ガスと同じ毒性をもつということは知っておきましょう。

 

歯周病になると口が臭くなるのはどうして?

初期のうちは、口に残った食べかすなどのタンパク質を歯周病菌が分解し、腐敗物質であるガスを発生させるため口臭がきつくなってきます。

しかし歯周病が進行すると、徐々に歯ぐきに炎症を引き起こし毛細血管に侵入して、血液を分解するようになり非常に臭いガスを発生させるようになり、歯周病が進行すればするほど悪臭を放つようになります。

臭いというものは一定時間嗅ぐとある程度慣れますが、口臭に限っては慣れることはありません。

これは、歯周病菌が発生させる硫化水素やメチルメルカプタンというガスが毒ガスの一種だからだと考えられています。

わたしたちは、歯周病菌が発生させるガスを本能的に危険と感じているんですね。

 

歯周病(歯槽膿漏)の治療法

歯周病が進むと、口臭だけでなく歯が抜け落ちてしまいます。また、歯周病菌が体内に入ることで重大な病気の原因になることも明らかになってきました。

酷くならないうちに、歯科医院などで治療を行うようにしましょう。歯周病の治療は、専門の器具で歯石を除去し、お口の中をキレイにして歯周病菌を減らし、殺菌する治療が行われます。

歯周病(歯槽膿漏)の場合は家庭で行う改善法は、口の中をいつも清潔に保つ必要がありますが、毎日のオーラルケアの注意点と、近年発見された、歯周病や虫歯菌を殺菌してくれる乳酸菌についてご紹介したいと思います。

  • 歯ブラシは柔らかめのものを使い1回の目安は10分以上ゆっくり時間をかけて行います。
  • 歯磨きの時には、デンタルフロスを使って歯の間のフラークを取り除きます。
  • マウスウォッシュなどを利用する

マウスウォッシュは、L8020乳酸菌が含有されているものがおすすめです。L8020乳酸菌は、歯周病菌や虫歯菌を殺菌する効果があることが明らかになり、今注目されています。

L8020乳酸菌については、L8020乳酸菌ヨーグルトを食べるだけで虫歯菌・歯周病菌を殺してくれる!でも紹介していますので、参考にしてくださいね。

L8020
我が家では、L8020乳酸菌マウスウォッシュと、L8020ヨーグルトは常備しています。

L8020菌マウスウォッシュは歯磨き後に約20~30秒、口に含むと効果的です。

L8020ヨーグルトは、いつも就寝前に口腔の悪玉菌の抑制効果のある高機能乳酸菌を1包入れて、食べています。

 

L8020乳酸菌マウスウオッシュは、通販でしか購入できませんが、L8020ヨーグルトは一部のスーパーなどでも見かけるようになりました。

ただ、どこでも購入できるヨーグルトではないので、近くのスーパーなどで販売していない場合は、Amazonで購入することができます。

 

口臭の原因 ドライマウス

ドライマウスによる口臭は近年増加傾向にあり、日本では現在約800万人もの人が罹っている症状で、特に更年期以降の女性に多いといわれています。

先程ご紹介した歯周病は、口臭の原因で一番多いと言われていますが、歯周病の原因となるのがドライマウスです。

そういえば数年前から、ドライマウスという言葉をよく聞くようになりましたよね。実際にドライマウスとはどんな病気なのか見ていきましょう。
ドライマウスとは?

お口の中を潤す唾液の分泌が何らかの原因によって減少し、口が乾燥してしまう病気のこと。

 

ドライマウスの症状

ドライマウスは、言葉の意味とおり「口の中が乾燥する症状」のことですが、ドライマウスが引き起こす主な症状についてご紹介しますね。

ドライマウスの主な症状

  • 口の中がネバネバする
  • 水分の少ない食べ物が飲み込みづらくなる
  • 味覚障害になる
  • 口臭がきつくなる
  • 口内炎ができやすい

ドライマウスの状態を放置していると、歯周病や口腔カンジダ症などの病気を引き起こす原因になるため、このような症状を感じている方は、ドライマウス対策を行うようにしてくださいね。

 

ドライマウスになると口が臭くなるのはどうして?

ドライマウスになると唾液の分泌量が低下します。では私たちの唾液にはどのような役割があるのでしょうか?

唾液の効果

  • 臭い物質を溶かして無臭化する
  • 抗菌作用

わたしたちの唾液には、口臭のニオイのもとである腐敗ガス、硫化水素やメチルメルカプタンを溶かす作用があります。

唾液によって腐敗ガスが溶かされて揮発化しなければ、臭いはしなくなります。

唾液には臭い物質を溶かして、無臭化してくれる効果があるんですね。

 

しかし、ドライマウスになると唾液が十分に分泌されないため、口臭を引き起こす腐敗ガスを唾液で溶かすことができず、口臭がきつくなってしまいます。

さらに唾液には抗菌作用があり、歯周病菌や虫歯菌などを殺菌する効果があります。しかし、唾液の分泌が少ないと細菌を抗菌作用が発揮されません。

その結果、細菌が口の中で増殖し歯周病を発症、口臭を引き起こしてしまいます。

 

ドライマウスの原因

年々増加傾向にあるドライマウスですが、ドライマウスの原因を知る必要がありそうですね。

ドライマウスの4つの原因

  1. 加齢によるもの
  2. 更年期による女性ホルモンの乱れ
  3. 薬による副作用
  4. ストレス

では、ドライマウスを引き起こす4つの原因について詳しく見ていきましょう。

 

ドライマウスの原因その1. 加齢

私たちのからだには、唾液を分泌する唾液腺というものがあります。

唾液腺は若いとき、特に赤ちゃんの頃が最も盛に働きます。しかし、加齢とともにその機能は衰え、唾液腺は萎縮し、唾液分泌の量が減少していきます。

60歳を超えたあたりから唾液分泌量が減少すると言われており、口が乾燥してご飯が食べにくくなったり、むせやすくなるのは、唾液分泌量が低下するためなんですね。

そして近年問題になっているのが、若年層のドライマウスが増加していることです。

1口30回の咀嚼が理想と言われていますが、現代人は野菜の摂取量が減少し加工された柔らかくて食べやすい食材を好んで食べる傾向があります。

若年層の間でドライマウスが増加傾向にあるのは、咀嚼回数の減少により唾液腺の機能が低下していることが影響していると言われています。

食事は、ゆっくりとよく噛んで食べるように心掛けましょう。1口30回の咀嚼を目標にしてくださね。

 

ドライマウスの原因その2. 更年期による影響

ドライマウスは特に更年期前後の女性の患者数が多いと言われています。

40歳を超えたあたりから、朝起きると口の中がネバネバしたり、口臭が気になりはじめたらドライマウスを疑う必要があります。

更年期前後の女性にドライマウスが増える原因として、女性ホルモンの乱れが唾液分泌と影響していると考えられています。

また、更年期障害による不定愁訴の治療で抗うつ剤を服用することで、薬の副作用によって口が乾燥することがあります。

 

ドライマウスの原因その3. 薬による副作用

薬の副作用でドライマウス?と驚かれるかもしれませんが、市販の風邪薬や花粉症の薬などを飲んで、口が乾燥したことはありませんか?

風邪薬などに配合されている抗ヒスタミン薬は、鼻水の分泌と止める作用がありますが、同時に唾液の分泌も止めてしまいます。

唾液には殺菌作用があると言いましたが、外部から侵入するウイルスや細菌がからだの中に入らないようにする大切な働きがあります。

風邪を治すためと思っている薬ですが、実はウイルスなどがからだに侵入しやすくしてしまっているようですね。

 

ドライマウスが副作用の薬は、風邪薬だけではありません。

例えば、今では日本国民の3人に1人が悩まされている花粉症の薬も、唾液の分泌を止めてしまいます。

また、うつ病に処方される『抗うつ薬』の副作用にも、口腔乾燥、つまりドライマウスの副作用があるんですね。

ドライマウスによる口臭は、若い働く世代からあらゆる年代に増加しています。

 

ドライマウスの原因その4. ストレス

ドライマウスは、ストレスによってもおきます。

唾液の分泌は、交感神経と副交感神経の自律神経よって支配されているため、自律神経のバランスが乱れることによって唾液の分泌量が減少します。

職場や人間関係などさまざまなストレスによって、自律神経のバランスが乱れ唾液の分泌に異常がおきます。その結果、ドライマウスがおき、口臭が引き起こされます。

ストレス社会で生きている現代人は、ドライマウスが原因による口臭も増えているのです。

このようにかつては高齢者に多かったドライマウスですが、最近ではストレスを抱える若い世代へも増加し、口臭で悩んでいる人が増加しています。

 

ドライマウスの治し方

ドライマウスの口臭の原因は、唾液の分泌量が減少し口臭のニオイのもとである腐敗ガス、硫化水素やメチルメルカプタンが口の中で発生するためです。

歯科医院での治療は、ドライマウスを治す治療ではなく、人口唾液、保湿剤、うがい薬や、唾液分泌を促進する薬などの処方による対症療法になります。

口腔保湿ジェルなどは、市販でも購入することができるので試してみるのもいいかもしれませんね。

 

その他に家庭で簡単にできるドライマウス対策についてご紹介します。

家庭でも簡単にできるドライマウス対策

  1. 鼻呼吸をする
  2. 唾液の分泌を促すガムを噛む
  3. 唾液マッサージを行う
  4. 細菌バランスを整える

 

ドライマウス対策その1.鼻呼吸に切り替える

ドライマウスの人の特徴として、口呼吸になっていることが挙げられます。意識して鼻呼吸をすることで唾液の分泌量が増えていきます。

口呼吸は単にドライマウスになるだけではなく、風邪を引きやすくなったり、アレルギーや睡眠時無呼吸症候群の原因にもなると言われています。

日中は少し意識することで鼻呼吸を心がけることができますが、睡眠中は口呼吸になってしまいがちになるので、口呼吸防止効果のあるテープなども販売されているので、試してみてください。

 

ドライマウス対策その2.唾液の分泌を促すガムを噛む

咀嚼という行為は、唾液の分泌を促します。食事のときには1口30回の咀嚼を意識することも大切です。

その他にもガムを噛むことで唾液の分泌を促す効果もあり、口臭対策にもつながります。

 

ドライマウス対策その3.唾液マッサージを行う

唾液マッサージは、口腔内にある3つの唾液線を軽く圧迫するようにマッサージを行います。唾液の分泌を司る3つの唾液線を刺激することで、唾液の分泌が促すことができます。

唾液腺の位置
唾液マッサージのやり方

  1. 頬骨下のくぼんだあたり(耳下線)を、ゆっくり円を描くように前に後ろに各5回ずつマッサージします。
  2. 親指をあごの骨内側の柔らかい部分に当てて、耳の下あたり(顎下腺)から5ヵ所くらいをプッシュする
  3. 両手の親指を下あごのくぼみ(舌下線)に当て、耳方向に5回プッシュする。

※ 気持ち良い力加減で押してください。

 

ドライマウス対策その4.細菌バランスを整える

ドライマウスの改善方法は、保湿剤を使ったり、唾液線マッサージを行ったりするのが一般的でしたが、今、注目されているのは『細菌バランスを整える』治療です。

この治療方法はまだ一般的には知られておらず、一部の歯科医院でしか受けることができませんが、家庭でも簡単に口腔内の細菌バランスを整える予防方法があるので、ご紹介しますね。

  1. 毎日しっかりと歯磨き・舌磨きをしてお口の中を清潔に保つ
  2. 善玉菌を摂取する
毎日歯磨きをしていても、しっかりと歯磨きをできていない人が多いんですよ。

 

歯磨き・舌磨きのポイント
  • 歯磨きは就寝前は、特に念入りに行う。
  • 1回10分くらいかけて、歯だけではなく歯茎・舌のケアをする。
  • 歯間ブラシやデンタルフロスを使用して歯の間の歯垢を取り除く。
  • 舌磨きが専用のブラシを使う。

※ 舌のケアを歯ブラシを使用する人も多いようですが、舌を傷つける原因になるので舌磨き専用のブラシを使うようにしましょう。

 

善玉菌を摂取する

善玉菌といえば、腸内に生息する細菌と思われがちですが、口腔内にも善玉菌と悪玉菌が存在します。

近年、乳酸菌がドライマウスや口腔カンジダに効果があることが明らかになり、注目されています。

ドライマウスになると、口の中がネバネバしたり口臭がきつくなりますが、乳酸菌を摂取することで口のネバつきやドライマウスが改善されます。

実際に歯科医院などで、患者さんに推奨されている乳酸菌株は、エンテロコッカス・フェカリスEF2001乳酸菌株が推奨されているようです。

EF2001菌株を含有した乳酸菌サプリを探してみると、乳酸菌専門店MIHARUが販売しているセルフレギュラーの中には、EF2001菌株が1包中に1兆個含有されています。

就寝前、歯磨きをした後に乳酸菌粉末を舌の上に30秒ほどのせてから、水などで飲み込んでください。舌の上にのせると唾液で溶けだします。

次の朝、口のネバツキが軽減されています。ぜひお試しくださいね。

➡ 乳酸菌専門店MIHARUのセルフレギュラー公式ページはこちら

 

口臭の原因 口腔カンジダ症

これまで2つの代表的な口臭の原因をご紹介してきましたが、カンジダという真菌による口臭も注意が必要です。
カンジダは専門用語で「口腔カンジダ症」と呼ばれ、カビの一種で”真菌”と呼ばれています。口腔カンジダは、一般的に知られていませんが注意すべき病気として話題となっています。

 

口腔カンジダ症の症状

あまり知られていない口腔カンジダ症ですが、カンジダ症になるとどのような症状が出てくるのか、紹介しますね。

口腔カンジダ症の症状

  • 口の中の頬・舌などに白色の苔がつく
  • 舌の粘膜が赤くなる
  • 口内炎がよくできる
  • 舌がヒリヒリする
  • 味覚障害がおこる
  • 口臭がきつくなる

口腔カンジダ症は口臭だけではなく、味覚障害も同時に引き起こしてしまいます。

舌を指で軽く擦ってみてください。白い苔のようなものが付着していませんか?

 

カンジダになると口が臭くなるのはどうして?

カビの一種である、カンジダがお口の中でいっきに増えてしまうと、白い苔のようなものが、口の中に大量に付着します。

この苔は分厚いものもあり、歯磨きをしてもなかなかとれません。

この苔のせいで食べかすなどがたまりやすくなり、口臭を引き起こす原因となります。

また、普通の歯磨きでは苔がとれないため、お口の中を清潔に保つことが難しく悪化すると、口の粘膜が荒れ潰瘍やびらんといった症状も引き起こしやすくなります。

口の粘膜が荒れてしまうと、口臭だけではなく強い痛みを感じるようになります。

 

口腔カンジダ症の原因

口の中には、何千種類もの細菌が生活していますが、大きく3つの種類に分類することができます。

  • 良性細菌(善玉菌)
  • 悪性細菌(悪玉菌)
  • どちらでもない菌(日和見金)
善玉菌・悪玉菌・日和見菌というと腸内環境に生息している菌と思っている人も多いかもしれませんね。実はお口の中にも生息しています。

 

良性細菌(善玉菌)は口の中を清潔に保ち、虫歯菌や歯周病菌を抑制してくれます。逆に悪性細菌(悪玉菌)は、虫歯や歯周病を引き起こす原因となります。

そして、”どちらでもない菌”として真菌である、カンジダ菌があります。

普段は、良性・悪性どちらにも属さないカンジダ菌は、私たちに何の影響も与えることはありません。しかし、何らかの原因によって口腔内の細菌バランスが崩れると、口腔カンジダ症を発症してしまいます。

カンジダ症を発症しないためには、口腔内の細菌バランスを正常に保つ必要があります。では、細菌バランスが崩れる原因について説明していきますね。

 

口腔カンジダ症の原因その1. 抗生物質の大量投与

口腔カンジダ症は、抗生物質の大量投与によって引き起こされます。

感染症にかかり大量の抗生物質を投与されてしまうと、その感染症を引き起こす細菌だけではなく、虫歯菌や歯周病菌を抑制する良性細菌までも同時に殺菌します。

ところが、真菌であるカンジダには抗生物質は効きません。

良性細菌も悪性細菌も抗生物質によって殺菌されてしまうことで、カンジダは突然勢力を増して増殖します。そして、口腔カンジダ症を発症させます。

 

口腔カンジダ症の原因その2. 免疫力の低下

免疫力が低下すると、免疫力によって細菌のバランスを保っていたのがバランスを保てなくなります。

そのため口の中で、真菌が優勢となりカンジダ症を引き起こします。

免疫力低下の原因

  • ステロイド治療
  • がん治療
  • 乳幼児や高齢者

ステロイド治療などを行っていると免疫力が低下することがあるので、注意が必要です。

がん治療では抗がん剤によって著しく免疫力が低下するだけなく、感染症予防のため抗生物質が投与されます。そのため、カンジダ症が発症しやすくなります。

また、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者は栄養失調などによって免疫力が低下すると、カンジダ症を発症することがあります。

 

口腔カンジダ症の原因その3. 口腔内の掃除不良

お口の中が汚いと口の中で良性細菌が著しく減少し、歯周病菌などの悪性細菌が一気に増加します。

悪性細菌が優勢になった口の中は、細菌バランスが崩れてしまうため、カンジダ菌も一緒に増加します。

 

このように、このカンジダは健康な人ではまず発症することありません。健康な人の口腔内は、細菌バランスが一定で保たれているので、真菌であるカンジダ菌はおとなしくしています。

但し、がんなどの病気を経験している人は、風邪などによって処方される抗生物質でカンジダ菌が発生してしまうことがあります。

一度、細菌バランスが崩されると、ちょっとしたことでバランスは崩れやすい状態になります。一度大きな病気を経験したり、カンジダを発症したことがある人は注意が必要ですね。

 

口腔カンジダ症の治療法

真菌であるカンジダは、抗生物質で殺菌することはできません。カンジダを治療するには、お口の中を清潔にして、抗真菌薬という薬を処方することになります。

口腔カンジダ症の治療方法は非常に限られており、一度カンジダになってしまうと治癒が難しく、再発の恐れが高いと言われています。

一部の歯科医院では、自由診療にはなりますが、口腔内の細菌バランスを良性細菌を優勢にし、カンジダ予防を行っている歯科医院もあります。

ただ、この細菌バランスの治療は、どこの歯科医院でも行っている治療ではなく、細菌バランスに注目した治療を受けることができる歯科医院はごくわずかです。

また、重症の口腔カンジダ症の場合は、一般的な歯科医院での治療は難しく、大学病院の口腔外科での治療が必要になることがあります。

口腔カンジダ症は予防が非常に重要になり、日ごろから口腔内の善玉菌などの良性細菌が優位な口腔環境にしておくことで、カンジダを予防できることはもちろん、歯周病、虫歯予防にもつながります。

実際に、大学病院の口腔外科の”細菌バランスの治療”で行われている治療法をご紹介します。

この方法は、簡単に家庭でも試すことができる治療法なので、口腔カンジダ症の方にはぜひ実践してみてください。

就寝前に高機能乳酸菌EF2001をナノ化した微粉末を、舌の上にのせ20~30秒放置したのち、水などで流し込みます。
高機能乳酸菌EF2001をナノ化した微粉末を含有しているサプリは、乳酸菌専門店MIHARUで購入することができますよ。

 

乳酸菌専門店MIHARUの乳酸菌サプリには、高機能乳酸菌EF2001は商品化する際にナノ化された乳酸菌株が含有されています。

1包中に、1兆個という途轍もない数の乳酸菌株を含有していますので、口腔カンジダ症だけでなく健康維持にも役立ちそうですね。

高機能乳酸菌EF2001は乳酸菌専門店MIHARU公式ページよりご購入ください。

 

口臭の裏に隠れている病気に注意!

その他に、口臭の原因として病気が隠れていることがあるので注意が必要です。

口臭を引き起こす病気

  1. 胃腸疾患
  2. 生活習慣病(糖尿病)

では、口臭を引き起こす病気について説明していきますね。

 

口臭を引き起こす病気その1. 胃腸疾患

口臭を引き起こす病気として挙げられるのは胃腸疾患です。具体的には胃潰瘍や、進行したケースでは胃がんなどによる口臭です。

胃の病気によって胃粘膜が荒れてしまったり、癌化していると悪臭を放ち、吐き出される息に臭いがつき、不快な口臭となります。

 

口臭を引き起こす病気その2. 生活習慣病(糖尿病)

糖尿病などの生活習慣病によっても口臭は引き起こされます。

糖尿病は糖の代謝が悪いために、ケトン体と呼ばれる物質がたまってしまいます。このケトン体は、悪臭の原因となり糖尿病の人は、口臭がきつくなります。

さらに代謝が低下しているので炎症を起こしやすくなり、歯周病も悪化しやすく歯周病による口臭を増悪させるケースもあります。

歯周病やドライマウスなどの症状がないにも関わらず、口臭が気になる場合は内科を受診するようにしましょう。

もしかしたら、胃腸や生活習慣病が隠れているかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたか?口臭の原因や治療法、また家庭でも簡単にできる口臭対策もご紹介しました。

口臭は自分ではなかなか気付かないことも多いと言われています。口臭には恐ろしい病気が隠れていることもあるので、家族中で注意するようにしてください。

 

鼻をつまむ女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。