便秘解消!今すぐ出したい!そんな人のために即効性のある便秘改善方法をご紹介します!

トイレ赤ちゃん

 

インターネットで「便秘解消法」と検索すると、色々な情報が紹介されていますが、このページでは「今すぐ便秘を解消したい!」そんな人のために、即効性を重視した“今すぐ効果がある”便秘解消法をご紹介します。

日本では便秘人口が増加傾向にあり、特に女性の60%が便秘に悩んでいると言われています。また、近年では小中学生から便秘で悩む子供たちも増えています。

保護者が便秘体質の場合、そうでない子供の3倍も便秘傾向にあることも明らかになってきています。

便秘といっても原因や症状は様々です。自分に合った便秘解消法を見つけることが大切になって来ると思います

 

便秘を解消する手っ取り早い方法は便秘薬かもしれませんが、このページに辿り着いべんぴた人は、効果のある便秘薬を探すために検索したのではないと思います。

このページでは、”即効性のある便秘解消法”と、”便秘症そのもを改善する方法”を紹介していますので、少し長くなりますが最後まで読んで下さいね。

 

目次

便秘解消法その1. 便秘のツボ押し

ツボ押しは気休め程度と思っている人も多いのではないでしょうか?感覚受容器(ツボ)を刺激すると、神経を伝わり脊髄や脳を介して対応する臓器へと繋がっています。

ツボ押しは、正しく行うことで即効性があるのが特徴です。また、便秘薬のように依存性もなく、ツボの位置さえ覚えておけば、いざというときに役立ちます。

人体には670以上のツボがあると言われていて、便秘に効果があるツボは、「手・足・お腹」にありますが、今回は即効性のある便秘解消に効果があるツボを5つご紹介したいと思います。

 

便秘に効果のあるお腹のツボ「天枢」(てんすう)

便秘解消のツボ天枢

天枢のツボは、おへそから指幅3本分外側の左右にあります。左図のおへその横の部分が天枢のツボになります。

天枢のツボは、胃腸をはじめ内臓全般に効くツボですが、特に大腸との関係が深いツボと言われています。

この天枢のツボは、日本人に一番多いと言われている弛緩性便秘症の人に特に効果があるツボです。効果は個人差がありますが、早い人だと2~3回押しただけで便意を感じる人もいます。

トイレに行きたいけど、いきんでも出ない!そんな時は便器に座ったまま天枢のツボを、ゆっくり呼吸をしながら押してみてください。

 

天枢のツボには、腸のぜん動運動を助ける効果があるので排便を促してくれます。

 

便秘に効果のあるお腹のツボ「大巨」(だいこ)

大巨のツボの位置
大巨のツボは、おへそから指幅3本分外側、指幅3本分下の左右にあります。写真のの部分が大巨のツボになるので参考にしてくださいね。

慢性的な便秘の人は、この大巨のツボの部分が硬くなっているので、触ると直ぐにわかります。

大巨のツボは慢性的な便秘の特効ツボで、下腹部の張りを和らげ、腸の働きを高めてくれるツボになります。

 

便秘に効果のあるお腹のツボ「気海」(きかい)

気海のツボの位置
気海のツボは、おへそから指幅2~3本分下の位置にあります。写真のの部分が大巨のツボになるので参考にしてくださいね。

気海のツボは、からだを温め腸の働きを活発にするツボで、からだの冷えが原因で便秘になっている人や、腹痛を伴う便秘の人に特に効果が高い便秘改善のツボになります。

 

便秘に効果のある手のツボ「支溝」(しこう)

支溝のツボ
手のツボ「支溝」は、便秘に効果があるツボとして有名なツボで、「便秘の名穴」とも呼ばれています。

支溝のツボは左右に存在し、手の甲を上に向けた状態で、手首から肘に向けて指3本分の中央部分にあります。

写真のの部分が支溝のツボになるので参考にしてくださいね。

 

便秘に効果のある手のツボ「間使」(かんし)

間使のツボ
手のツボ「間使」は、トイレの中に実際にいきみながら指圧するを有効で、即効性があるツボとして知られています。

支溝のツボと同様、左右に存在し、手の平を上にむけた状態で手首のシワから指5本分の位置にあります。

写真のの部分が間使のツボになるので参考にしてくださいね。

 

便秘解消の正しいツボ押しの方法

便秘解消に効果のあるツボ押しですが、正しく行わないと全く効果がなかったり、逆効果になってしまうことがあるので正しい方法で行うようにしてください。

それでは、正しいツボ押しの方法をご紹介します。

 

ツボ押しはしっかりと垂直に押しましょう

ツボを押すときは、ツボに対して垂直にしっかり押します。

基本は親指の腹部分を使って押しますが、お腹の天枢・大巨・気海などのツボは、人差し指と中指をそろえて2本の指でツボを押します。

お腹のツボの押し方は、「天枢」の右の画像を参考にしてくださいね。

 

ツボ押しは少し痛いと感じる強さでゆっくりと押す

ツボ押しの強さは、ツボにしっかり刺激が伝わることが重要になります。少し痛いなと感じるくらいの力加減で、手を差し込むようなイメージで、ゆっくりと押し込みます。

便秘症の人は、ツボを押すと痛みを感じますが、押していると痛みを感じなくなってきます。

また、ツボを押す時には、ゆっくりとした深い呼吸と合わせて行うことで、筋肉を緊張させることなく血液やリンパの流れがよくなり、更に効果を高めることができます。

  • 息をゆっくり吐きながら、5~10秒ツボをゆっくり押し込む
  • その後、息を吐きながらゆっくり離していきます。
  • 1箇所のツボに対して、5~10回を目安に行ってください。
ツボ押しはリラックスして、ゆっくり行うことがポイントになります。

 

ツボ押しの注意点

ツボ押しをするときに、特に注意する点をまとめてみました。

  • 強く押しすぎないこと(気持ちよい加減です)
  • 何度も押しすぎないこと(5~10回程度を目安に行ってください)
  • 体調が悪いときなツボ押しはしない
  • 飲酒時はツボ押しはしない(酔いがまわってしまいます)
  • 妊娠の可能性がある方

 

便秘解消法その2. すぐ効果がある便秘によい食べ物

便秘症を改善するためには、食べ物は無視することはできませんね。食べたものが便として排泄されるわけですから、直接効果を発揮するのは食べ物であることは間違いありません。

今回は便秘改善効果はもちろん、「今すぐなんとかしたい!」そんな緊急時に有効な食べ物をご紹介したいと思います。

便秘解消効果がある食べ物は、毎日継続的に生活の中に取り入れることをおすすめします。

 

朝コップ1杯の水を飲む~便秘を解消する水分の摂り方~

便秘の人は水分不足の人が多いのは、良く知られていることですね。もしかしたら、言われなくても水分はしっかり摂っているよ。と思っている人もいるかもしれません。

しかし、ただ水を飲めばいいか?というとそうではありません。便秘に効果のある正しい水分の摂り方をお話したいと思います。

健康な便の成分は、75~80%が水分だと言われています。

1日に必要な水分量は、体重×0.04リットルです。例えば体重50kgとすると、50×0.04=2リットルが1日に必要な水分量ということになりますね。

水分摂取量を勘違いしている人も多いですが、1日に2リットル必要だからと言って2リットルの水を飲まなければいけないのではありません。

 

1日に通常量の食事をしていれば、約1リットル程度の水分は食事に含まれています。また、わたしたちの体には代謝水が存在しています。

代謝水は1日に200ml程度作られると言われていますので、50kgの人の場合は水分摂取量は800ml程度ということですね。

ただし、この800mlという数字は最低の水分摂取量なので、夏場や汗をかいた後などには余分に水分補給をする必要があります。

便秘を解消するための水分の摂り方は、1回に飲む水の量は200ml以下の水分をマメに摂るようにします。大量の水分を一度に摂取しても、からだに吸収されず尿となって排泄されてしまうと意味がありません。

また飲むタイミングも大切です。飲むタイミングを考えることで便意を促すことができます。便秘解消に有効なタイミングは

朝起き抜けにコップ1杯の水を飲むだけで、便秘が解消される人もいるくらいなので、ぜひ試してみてくださいね。

朝一番の水を飲む理由は2つ

  • 寝ている間に失った水分の補給
  • 胃・結腸反射の誘導

便秘解消効果が期待できるのは、2つ目の“胃・結腸反射の誘導”という効果です。

朝空っぽの胃の中に水分が入ることで胃が重くなり、大腸を刺激することで蠕動運動のスイッチが入り自然な便意を感じることができます。

特に日本人に一番多い弛緩性便秘は、腸のぜん動運動の衰えが便秘の原因になっているので、効果的な方法と言われています。

水を飲むことに抵抗がある人がよく緑茶やコーヒーなどを飲む人もいますが、緑茶やコーヒーはカフェインを含んでいるため、せっかく飲んでも排泄されやすいので同じ効果を得ることができません。

もしお茶を飲むのであれば、カフェインを含まないものを選ぶようにしましょう。

 

便秘解消効果の高いオリーブオイルで腸を刺激して排便を促す

オイルを飲むのは抵抗があるかもしれませんが、オリーブオイルなどは便秘解消効果が高いと言われています。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、腸を刺激し腸の蠕動運動が活発になると言われています。

オリーブオイルは腸で消化吸収されにくいため、吸収されるまでの間は腸に刺激を与え続けます。この刺激によって腸のぜん動運動が起こり、内容物が先に送られていきます。

オリーブオイルを飲むタイミングは、1日の中で腸の蠕動運動が活発な”朝”に”スプーン大さじ1杯”そのまま飲むのが効果的とされています。

どうしてもオリーブオイル飲めない人は、お味噌汁などに入れたりサラダなどにかけたりするといいですね。

 

お味噌汁には、便秘解消効果の高い水溶性食物繊維を含むワカメや、腸内細菌の働きを高める発酵食品のお味噌が使われているので、便秘解消にはとても良い組み合わせです。

また、オリーブオイルを選ぶときには「エキストラ・バージンオイル」を選ぶようにしましょう。

 

乳酸菌を摂取する~大切なのは”種類”と”量”~

乳酸菌は腸内環境を整える効果があることは、もう誰もが知っていることですし、実際に色々な乳酸菌サプリやヨーグルトなどを試している人は多いと思います。

乳酸菌を食べても効果を感じない原因は、乳酸菌の選び方を間違っているからかもしれません。

 

日本人は乳糖不耐症といいヨーグルトなどの乳製品に含まれる乳糖を分解する酵素を持っていない、また不足しているが多いのはご存知ですか?

乳糖不耐症の日本人は約75%もいると言われています。

乳糖不耐症の人はヨーグルトなどを食べても、小腸で吸収されず大腸まで流れ、腸内細菌によって酸やガスを発生させ腸が収縮を起こし、下痢や腹痛などが起きてしまいます。

ヨーグルトを食べても便秘が改善されない。また、少し便が緩くなってしまう。などの症状を感じている人は乳糖不耐症なのかもしれません。

日本人の場合は、ヨーグルトなどの乳酸菌よりも納豆などの大豆製品やお漬物、お味噌、お醤油、みりんなど発酵食品から乳酸菌を摂取するほうが理想とされています。

また慢性的な便秘の方は、サプリなどで乳酸菌を摂取するほうが効率的で、早く便秘を改善させることができます。

便秘解消の乳酸菌サプリは沢山ありますが、乳酸菌サプリを選ぶポイントは“乳酸菌の種類”“含有量”です。

 

乳酸菌の条件が揃っている乳酸菌サプリは、乳酸菌専門店MIHARUが販売している高機能乳酸菌セルフレギュラーです。

0421-003
高機能乳酸菌セルフレギュラーの特徴

  • 1包中の乳酸菌含有量が1兆個(ヨーグルト100個分!)
  • 乳酸菌との相性が抜群に良く便秘解消効果の高いオリゴ糖を配合している
  • 加熱殺菌された純菌体を使用しナノレベルの乳酸菌にすることで確実に腸まで届く
  • エンテロコッカス・フェカリスEF2001菌という人由来の乳酸菌を使用している
  • 日本で唯一、不純物を含まない純菌体を使用している

乳酸菌専門店MIHARUのホームページでは、実際のお客様の声なども紹介されていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

MIHARUの乳酸菌の公式ページはこちら

10日間のお試し商品もありますが、便秘薬のように飲んで取りあえず便秘を解消させるのではなく、腸内環境を改善し便秘そのものを解消したい人は、10%割引の定期便がお得です。

定期コースでも解約条件が全く、電話1本で退会手続きをしてくれるので安心ですね。

 

便秘解消効果の高い便秘茶を飲む

便秘茶もサプリ同様、かなりの種類のものが販売されていますが、便秘茶の場合も”効果があるもの”と”効果がないもの”をしっかり見極める必要があります。

また、便秘茶の多くは依存性が高いものが多く、”飲まないと排便できない”ようになる物もあるので注意が必要です。

便秘茶の中で特におすすめなのは、美爽煌茶です。試した人の99.2%の人が効果を実感している便秘茶で、販売して6年経過しているのも信頼できます。

美爽煌茶
美爽煌茶の特徴

  • 9種類の植物素材をブレンドした100%天然素材の健康茶
  • 99.2%の人が、スッキリした!と実感
  • 依存性がないので、毎日飲んでも大丈夫
  • アップルティーのような味なので美味しく飲める
美爽煌茶の公式ページはこちら

 

便秘解消効果の高い酵素を飲む

最後におすすめする便秘解消効果の高いサプリは、食物繊維と酵素が配合されたサプリです。

便秘解消効果が高いと言われている食物繊維ですが、慢性的な便秘の人が食物繊維を食事から取り入れると、逆に便秘が悪化してしまうこともあります。

便秘のために食物繊維を摂るのでれば、快朝酵素のようにサプリで摂るようにする方が良いとされています。

酵素サプリの場合は、特に偏った食生活の人におすすめです。特に肉類やパン・スイーツなど、糖分と脂肪がたっぷり含まれた食事をとると、消化機能が落ちて便秘になってしまいます。

さらにおならのニオイが気になる人は、消化が十分に行われていないことが考えられます。偏った食生活によって便秘症になっている人は、良い効果を得ることができるかもしれません。

また、快朝酵素の中には便秘薬に含まれる“センナ茎エキス末”が配合されているので即効性も期待できますね。

快調酵素0713
快朝酵素の特徴

快腸酵素の特徴は、便秘解消効果で注目されている食物繊維、オオバコやキダチアロエエキス末、フコダイン、難消化性デキストリンを配合。また消化を助けスッキリとした排泄をサポートする7種類の穀物酵素も同時に摂取できる便秘解消効果の高い、酵素サプリメントです。

また酵素にはダイエット効果もあるので、ポッコリお腹が気になっている人にはおすすめです。

快朝酵素の公式ページはこちら

快朝酵素は初回限定で、6日間のお試しキャンペーンをしています。24粒入りで380円!なんと送料も無料になります。

 

便秘解消法その3. 簡単な運動

やはり運動不足は便秘の大きな原因のひとつですね。特に便を押し出す力が弱くなってしまっている人は、常日頃からお腹周りの筋肉を鍛えることで、便秘が解消されることもあります。

運動が苦手な人でも、簡単に行うことができる方法をご紹介しますね。

 

つま先立ち運動

たった5分間、裸足でつま先立ちをするだけで便秘解消の効果があります。つま先で立つとふらふらする人は、壁に手を添えたり、椅子の背の部分などにつかまってしても大丈夫です。

“つま先立ち”と”便秘”あまり関係がないように思いますが、つま先立ち便秘解消法は、意外と即効性がある便秘解消法のひとつなのですよ。

つま先立ちがもたらす便秘解消効果

  • 血行改善効果
  • 基礎代謝の向上効果
  • 足腰や腹筋の強化

 

ふくらはぎは第2の心臓と呼ばれています。つま先立ちをすることで”ふくらはぎ”に力がかかり、血行が良くなり代謝が上がり、腸の働きが活発になるため便秘解消効果に繋がります。

“つま先立ち”なら、どんな場所でも手軽に行うことができるので、一度試してくださいね。

 

腹筋運動

便秘の種類の中でも一般的とされている”弛緩性便秘”は、腹筋に衰えによって引き起こされています。腹筋を意識した運動を行うことで、腸の蠕動運動が活発になり便意を感じることができます。

腹筋が弱くなると便を押し出す力も弱くなってしまいますし、便をスムーズに運んでくれる蠕動運動も鈍くなってしまいます。

スムーズなお通じには、腹筋の力は必要です。道具を使うこともなく簡単に行うことができるので、日常的に腹筋を行うことで便秘改善効果が期待できます

そこで今、フィットネスの分野で話題になっている、ファンクショナル腹筋運動をご紹介します。

ファンクショナル腹筋は、腹筋を鍛えるだけでなくポッコリお腹解消にも役立つ腹筋運動になります。

  • 椅子に浅く腰をかけ両手を交差して肩の位置に
  • からだを後方にねじりながら、ねじった方向の腕を上に伸ばします。
  • 背筋をのばし、背もたれにつかずギリギリまで倒す
  • 1日左右交互に5回ずつ行います。

 

肛門括約筋に刺激を与える運動

肛門括約筋に刺激を与える便秘解消法は、便秘の中でも直腸性便秘に効果がある便秘解消法です。

便意を我慢したり筋肉に衰えによって起こる便秘のことを直腸性便秘を呼び、便が直腸まできているのに排泄できないタイプの便秘のことで、子供の便秘症の多くはこの直腸性便秘だと言われています。

あなたを悩ます辛い便秘は4つのどのタイプ?症状からわかる便秘の原因と解消法!で詳しく説明していますので参考にしてくださいね。

 

肛門括約筋を刺激する方法

肛門括約筋の刺激する便秘解消法
肛門括約筋トレーニングの方法

  1. 壁や椅子の背もたれなど手を添えて、かかとを浮かせた状態でしゃがみます。
    ※和式トイレにしゃがむ姿勢に近い状態
  2. 右ひざをおろしながら左に腰をひねります。
  3. 右と同じように左しざをおろしながら右に腰をひねります。

※ 腰をひねった時に、浮かしているかかとを床につけるようにしてください。

肛門括約筋に刺激を与えることで排便が促されます。

しゃがむことで肛門に圧力をかける効果と共に、ひねる動作を加えることによってさらに刺激を与えることができます。

便秘人口の増加の原因は、洋式トイレの普及と比例しているとも言われています。

和式トイレでしゃがむことで、肛門括約筋を自然と刺激していたのかもしれませんね。

 

即効性のある便秘解消の最終手段!便秘薬の選び方

今までお話した方法を試しても便意を感じない人は、取り合えず便を出すための方法を考えなければいけません。

便秘薬は、長期服用すると重篤な副作用を伴うことになります。また、便秘薬は便を出すためのお薬で便秘を治すお薬ではありません。

現在日本で使われる便秘薬(下剤)は、塩類下剤、浸透圧下剤、刺激性下剤、分泌性下剤、漢方薬などがあります。

一般的に市販されている便秘薬は、刺激性下剤に分類されるものがほとんどです。刺激性下剤は即効性があり安価なため常用している人も多いと思います。

しかし、刺激性下剤を長期間において使用することで大腸メラノーシスになる可能性があります。

大腸メラノーシスになると、腸を動かす神経が侵され腸の動きが鈍くなってしまい便秘を更に悪化させてしまいます。そのため便秘薬の長期服用は避ける必要があります。

病院で処方される便秘薬を飲んでも全く効果がないのは、酸化マグネシウムなどの塩類下剤が多いためです。病院によっては、塩類下剤と刺激性下剤を連用していることもありますが、余り良い選択とは言えません。

この点はしっかり理解して使用して頂き、即効性を重視した便秘薬をご紹介します。

 

依存性がない漢方の便秘薬

一般に販売されている漢方薬と記載されている便秘薬は沢山ありますが、実際には漢方薬であっても便秘薬と同様、飲み続けることで効果がなくなったり、依存性があるものが多いので注意が必要です。

また、慢性的な便秘症の人の中で特に便秘薬を常用している人は、便秘薬を飲まないストレスによって便秘が悪化してしまう人も少なくないようです。

そんな人に特におすすめしたいのが、依存性がなく継続して飲むことができる漢方薬です。しかし、選ぶ基準が非常にむつかしいですね。

わたしが漢方薬でおすすめするのは、18種類の生薬が含有された”生漢煎・防風通聖散”です。

生漢煎・防風通聖散の効果は便秘だけでなく、むくみや肥満解消効果も認められた生薬を配合しているので便秘による、むくみやポッコリお腹などが気になる人にもおすすめの漢方薬です。

便秘に効果がある18種類の生薬などの詳細は、公式ページでチェックしてくださいね。

生漢煎・防風通聖散の公式ページはこちら

 

坐薬タイプの便秘薬

即効性のある便秘の薬と言えば浣腸が有名ですが、浣腸は自然なお通じというイメージではなく無理矢理出してしまうというイメージですよね。

便秘薬といえば飲むタイプのものが主流ですが、坐薬タイプの便秘薬があるのご存知ですか?

坐薬タイプの便秘薬は、直腸内で融解して炭酸ガスを徐々に発生し、微細球状態の炭酸ガスが大腸のぜん動運動を高めて自然に近い排便を促してくれます。

挿入後およそ10~30分以内に排便が起こると言われていますので、即効性もあるので緊急的になんとかしたいときには強い味方になってくれそうです。

 

センナ

センナの魅力は、即効性と高い確率で排便があることです。

センナの主成分であるセンノシドという成分が、腸を刺激し蠕動運動(ぜんどううんどう)を促し、便を柔らかくし排便しやすい状態にするため、刺激性下剤の一種になります。

センナは、お茶のように煎じて飲むタイプのものと、顆粒タイプ、錠剤タイプなどがあります。

 

センナの注意点

効果のあるセンナですが、長期間常用はおすすめできません。

センナはお茶のようなタイプが多いため、便秘のお薬をいうイメージを持っていない人が多いようですが、センナの長期服用は”大腸メラノーシス”を発症することがあります。

センナの中に含まれる”アントラキノン”という成分によって、腸の働きが悪化し腸の粘膜が黒くなってしまいます。

センナの副作用として、腹痛・腹部膨満があります。また習慣性や依存性も高い下剤になるので取扱いには注意が必要です。

しかしセンナは即効性に優れた便秘薬なので、どうしても辛い最後の手段として使用するのであれば、効果を発揮してくれます。

長くなりましたが、ここまでは即効性を重視した便秘解消法をご紹介しました。ここからは慢性的な便秘を解消する方法を少しご紹介します。

 

慢性的な便秘解消法!4つの腸活ストレッチ法

ここからは慢性的な便秘の方に、おすすめする4つのストレッチ法をご紹介します。

慢性的な便秘の方は、食生活の改善+腸内環境を改善するためのサプリなどを取り入れながら、毎日の生活の中にストレッチを行うことをおすすめします。

少し時間はかかるかもしれませんが、慢性的な便秘の人でも継続することで改善する方法です。

この腸活ストレッチは、便が溜まりやすい部分に刺激を与えることによって便秘を解消させる方法になります。

 

大腸わしづかみストレッチ

大腸わしづかみストレッチは、腸の蠕動運動が原因で起こる”弛緩性便秘”の人が最も便が溜まりやすい部分は、大腸の折れ曲がった部分の2ヵ所だと言われています。

便が溜まっている部分を、外から刺激しながら行うストレッチ法です。

便が溜まりやすい部分01
  • 左手を肋骨のあたり、右手を骨盤の出っ張りあたりを強く掴みます。(図のの位置を参考)
  • 2ヵ所を掴んだまま、腰をゆっくり回します。
  • 1セット20回

 

便座Deねじりストレッチ

便座Deねじりストレッチは、直腸性便秘の人のおすすめの便秘解消ストレッチ法です。

直腸性便秘の人は、肛門の出口近くで便がきているのに、腹筋周りの筋肉の衰えや水分不足が原因となって便が溜まってしまいます。

からだをねじることによって、直腸が刺激され便が押し出されます。

便が溜まりやすい部分02
  • 椅子に座り、右肘と左膝をくっつけます。
  • 同じように、左肘と右膝をくっつけます。
  • このストレッチを休まず、交互に1セット20回行います。

 

寝ころびストレッチ

腸の中で、便が下から上に移動する”上行結腸”の部分は、腸の働きが鈍くなると便が上にスムーズに移動せず、便が溜まってしまいやすくなります。

寝ころびストレッチで角度をつけることによって、便が上へと移動しやすくなります。

この寝ころびストレッチは、便を押し出すときに使う骨盤低筋とお尻の筋力UPに繋がるので、便秘解消だけでなくヒップアップ効果や尿漏れ防止にも効果的です。

便が溜まりやすい部分03
  • 仰向けの状態で両膝を立てます。
  • 手で床を押しながら、お尻に力を入れ持ち上げます。
  • お尻を上げ下ろしを1セット20回行います。

 

タッピングストレッチ

腸は長い臓器のため、運動不足になると”ねじれ腸”の原因になってしまいます。

ねじれ腸については、頑固な便秘の原因はねじれ腸?たった3分のねじれ腸マッサージ法で紹介しています。

腸にダイレクトに刺激をあたえることで、腸内に溜まったガスが移動し腸が柔らかくほぐれていきます。

強めの力で、腸を揺らすようなイメージで、お腹全体をタッピングを行います。

 

この腸活ストレッチは、1日10分!4つの腸活ストレッチでも詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。

 

今までご紹介した方法を試しても、まだ便秘が改善されない人は自律神経の乱れによって腸ストレスになり、慢性的な頑固な便秘になっているかもしれません。

腸ストレスを解消することによって便秘が解消されることもありますので、腸ストレスの解消効果が高い”腸ヨガ”です。

腸ヨガについては、腸ヨガで便秘解消!美腸ヨガのやり方でご紹介していますので参考にしてください。

 

便秘とはどんな症状のこと?

さまざまな便秘解消法についてご紹介しましたが、”便秘”という症状について、正しく理解することはとても重要なことですよね。

最後になりましたが、どのような症状を”便秘”というのかご紹介します。

便秘で悩んでいる人の中には、実際には便秘でない人もいます。毎日食事をしているから毎日便がでないといけない!!と勘違いしている人も多いのではないでしょうか?

実は、便秘には明確な定義がありません。しかし、様々な機関によって”便秘”の症状を定義つけをしていますので、ご紹介しますね。

 

国際消化器病学会での便秘の定義

国際的に提唱されている”便秘の定義”は、下記の症状が6ヶ月前から少なくとも3ヶ月で基準を満たしている症状を”慢性便秘”と定義しています。

  • 排便回数が週3回未満
  • 硬便が排便時の25%以上(4回に1回以上は硬い便)
  • 用指的排便(指や綿棒などを用いて強制的に排便させる行為)が25%以上
  • 努責(排便時に強くいきむこと)、残便感、閉塞感がみられる頻度が25%以上
少し難しい表現ですが国際的な基準では、2日に1回の排便回数で、4回に1回以上便が硬い症状が3ヶ月以上続く場合を”慢性便秘”と定義づけしているようですね。

 

日本での便秘の定義

次は、日本での”便秘の定義”をご紹介しますね。

日本内科学会 3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態
日本消化器病学会 排便が数日に1回程度に減少し、排便間隔が不規則で便の水分含有量が低下している状態(硬便)を指しますが、明確な定義があるわけではありません。問題となるのは排便困難や腹部膨満感などの症状を伴う便通異常=「便秘症」です。
日本では、3日以上排便がない状態で、排便後スッキリしない残便感がある状態のことを”便秘”と定義づけしているようですね。

便秘になると腸内環境が悪化し便秘だけではなく、からだ全体の機能が低下してしまいます。

例えば、不眠やイライラ、冷え性、むくみ、肥満、肌荒れなど美容面でも影響が出てきてしまいます。また、アトピー性皮膚炎や、うつなども便秘が原因で起こる症状だと言われています。

便秘を引き起こしている症状は人によって其々違います。

効果を実感できるかどうかは個人差がありますが、軽度な便秘症であれば十分効果がある方法なので試してみてくださいね。

 

まとめ

長い時間お付き合いいただき、ありがとうございました。

即効性を重視した便秘解消法から、慢性的な便秘を解消する腸活ストレッチ、便秘の症状まで一気にご紹介しました。

便秘は万病の元!重篤な病気の原因になることもあります。また美肌・ダイエットの大敵にもなります。

便秘体質そのものを解消することが最終目的です。少し時間はかかるかもしれませんが、食生活の改善を中心に生活環境をしっかり見直してください。

 

まず、あなたを悩ます辛い便秘は4つのどのタイプ?症状からわかる便秘の原因と解消法! を参考に、ご自身の便秘のタイプを知ることからはじめてみましょう。

便秘解消のための食事は、今すぐ何とかしたい便秘!即効で便秘が解消できる4つの食べ物でご紹介しています。

食事も気をつけているけれど、どうしても便秘が解消されない人は、この記事の中でも紹介しました腸内環境の改善効果が高いサプリをおすすめします。

➡ もう一度、便秘解消効果の高いサプリを確認する

トイレ赤ちゃん

3 件のコメント

  • 私も便秘の原因・解消法をブログで紹介していて、色々と研究中です!
    「天枢(てんすう)」というツボや、つま先立ちが便秘に効果的という内容は
    大変ためになりました!
    今後もこちらのブログを参考にさせて頂きたいと思います!

    • mokoさん、コメントありがとうございます。

      便秘解消方法は、たくさんあるので
      自分に合った方法を探すのが一番ですよね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *

    ABOUTこの記事をかいた人

    主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。