便秘解消!大腸の”大ぜん動”を起こす”うつ伏せ寝ゴロゴロポーズ”で便秘改善!

うつ伏せ女性

 

2016年9月14日午後7時30分からNHKで、ガッテン!【出た!”便秘”新対策で劇的改善SP】が放送された内容が、大変興味深い内容でしたのでご紹介したいと思います。

慢性的な便秘で困っている人の8割の人の便秘が解消された究極の便秘解消法です。

 

便秘解消のカギは、大腸の”大ぜん動”にあった!頑固な便秘の原因は大ぜん動が起きていないこと

 

私たちが起きている間は大腸は寝ていて、寝てる時に大腸は起きて”大ぜん動”を行っているって知ってますか?

大腸の”ぜん動”とは

ミミズやヘビなどが身をくねらせてうごめくような動きのこと

大ぜん動とは、腸の半分くらいから肛門へ歯磨きのチューブをグイッと絞るようにダイナミックに収縮する大腸の動きのこと。

この大ぜん動が起こるチャンスは夜の時間帯のごくわずかで、いくつかの条件が揃った短い時間だけにしか起こらない大腸の動きなんですね。

 

腸のぜん動運動と大ぜん動の違いは?

よく便秘改善のお話の中で、腸のぜん動運動という言葉が出てきますが、ぜん動運動と大ぜん動の違いを少しお話したいと思います。

大腸の壁から栄養や水分を吸収しようと食べ物を動かす運動ぜん動といいますが、うまく栄養や水分を吸収するために大腸が少し向きを変えるような動きを行います。

腸のぜんどう運動によって内容物は2~3cm動き、腸のぜん動運動は24時間行われています。

大ぜん動は、ぜん動運動の200倍の活発さで動き、チューブを絞るような動きで内容物を直腸まで一気に動かしていきます。大腸の大ぜん動は夜寝ている間に行われます。

内容物が直腸まで届くことで便意を感じることができるんですね。

 

大腸の”大ぜん動”

大腸の大ぜん動とは、寝てる間に食べ物を直腸まで運ぶために特化した動き

この大腸の大ぜん動が起きないと、便秘になってしまいます。

 

大腸の大ぜん動が起きない原因とは?

脳が寝ると副交感神経が活発になり、副交感神経が優位になったことを合図に大腸の動きが活発になります。

しかし、睡眠時にストレスが掛かることによって交感神経が優位になってしまい、大腸の大ぜん動が行われなくなってしまいます。

大腸はとってもデリケートなんですね。ちょっとしたことで大ぜん動が起きなくなってしまいます。

 

大ぜん動が起きなくなる原因

  1. 寝る直前に食事をする
  2. 熟睡できていない

お腹が満腹の状態で寝ると、寝つきもよくありませんよね。睡眠の質は、脳と深く関わりがあるようです。

よく旅行などに行って環境が変わることで、便秘になったりしますよね。これも原因のひとつなのかもしれませんね。

しかし・・・慢性的な便秘の人の中には、寝る直線に食事もしないし、睡眠はしっかり取っているにも関わらず便秘の人もいますよね?

 

大腸のガスが、大ぜん動を止めてしまう?

どんな方法を試しても便秘が改善されない人の中で、”ガス”が出ない人は、大腸に溜まっているガスによって便秘が悪化している可能性があります。

大ぜん動を止めてしまう犯人は、大腸に溜まったガスだと考えられています。

 

便秘の人はどうしてガスがでないの?

大腸のガスは口から入るもの以外に、腸内細菌が食物を分解する際に出すものがあります。

腸内細菌が出す水素やメタンが、腸内に溜まってくると大腸の動き鈍くさせる働きがあり、特にメタンガスは大腸の動きを遅くしてしまいます。

また便秘になることで、腸内細菌と触れている時間が長くなるため更にガスが発生し、お腹が張ってしまい大ぜん動が起きない便秘になるというような悪影響を及ぼしてしまいます。

便が通りにくい場所にガスが溜まると、腸が伸びてしまい便秘の原因とも言われている“ねじれ腸”になってしまいます。

 

大腸に溜まっているガスを抜いてあげることで、便秘を解消することができます。

便秘が酷くなると口臭や体臭も臭くなります。それは、大腸のガスは腸管から吸収されて、毛穴や呼気からも排出されているからなんですね。

 

大腸のガスを出す”うつ伏せゴロゴロポーズ”で便秘解消!

なんと!うつ伏せポーズで約8割の人の便秘が解消されてしまうそうですよ。

頑固な便秘で悩んでいる人、必見です!!

うつ伏せ寝ゴロゴロポーズ

  • うつぶせ寝で10分間
  • 次に左右にゴロゴロと5往復する

※ 腸のある部分(お臍のあたり)に半分に折った座布団やクッションを当てて、腸を圧迫してあげるとより効果的です。

※ 夜寝る前に行うようにしましょう。

※ 高齢者や体の不自由な方は、負担の掛からない程度で行いましょう。

※ 食後直ぐ行うと、食事と消化液が混ざる妨げとなり逆流の原因になるため、食後2~3時間は避けた方が良い。

どうしてうつ伏せ寝になるだけでガスが排出されるの?

うつ伏せになることで直腸が上を向きます。

腸管のガスは空気よりも軽いため、お腹を圧迫してうつ伏せになることでガスが直腸の方へ移動しやすくなります。

腸の中を動かすために、左右に方向を変えてあげることによって腸内のガスが排出されるようになります。

 

慢性的な便秘の人は、食物繊維の摂り方に要注意!

よく便秘には、食物繊維が豊富に含まれている食事を心がけると良いと言われていますが、食物繊維は便秘の症状を悪化させる可能性があります。

食物繊維を食べると便のかさを増やし、大腸のぜん動運動が活発になるため便秘予防には大きな効果があります。

しかし、大腸に便やガスが溜まっている人は、食物繊維は分解されるときにガスをたくさん発生させてしまうため、ますます大腸の動きが鈍くなり便秘が悪化することがあります。

そんなときは、消化吸収が早い、うどんやお粥などの炭水化物を摂り、便がでたら便秘予防のために食物繊維を摂るようにしましょう。

 

その他の便秘解消法はこちら

 

うつ伏せ女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。