口臭の原因は口内フローラの乱れ!口内フローラ整えるパタカラ体操のやり方【世界一受けたい授業】

口をおさえる女性

 

2016年11月5日(土)19:56~日テレでは、世界一受けたい授業が放送されましたが、3時限目保健体育の時間では”口が臭いと乱れている、いま話題の口内フローラ”が紹介されました。

口臭は今や、社会的な健康問題まで発展しています。

当ブログでも、【口臭の原因】ドライマウス・歯周病・口腔カンジダ症の症状と治療法で口臭の原因・改善法をご紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。

今回、番組内では、口内研究の第一人者・鶴見大学教授の原田信弘先生によって、口内フローラの乱れを改善する方法が紹介されましたので、ご紹介したいと思います。

 

口内フローラの乱れによって引き起こされる症状とは?

口内フローラとは、口の中の細菌の集まりのことで、口内細菌の種類は約700種類、数にすると100億個ほど存在していると言われています。

腸内フローラには善玉菌や悪玉菌・日和見菌が存在することは、よく知られていますが、お口の中でも同じように、善玉菌と悪玉菌、そしてどちらにもなりうる日和見菌が存在するんですね。

しかし、この口内フローラが乱れると、悪玉菌が増殖してしまいます。

特に、虫歯がある人は要注意ですよ!!

 

口内フローラの乱れは、”歯原性菌血症”(しげんせいきんけつしょう)の原因に!

マウスの実験によると、虫歯の原因になる悪玉菌が脳内に侵入すると血管の炎症が悪化し脳出血を発症することが明らかになりました。

虫歯でできた穴や歯茎の炎症部分などから細菌が入り込み、全身に拡散するのが”歯原性菌血症”(しげんせいきんけつしょう)と呼ばれ、さまざまなトラブルを引き起こす原因になります。

なんと、口から入った細菌は1分30秒で全身を駆け巡り拡散してしまうそうですよ。怖いですよね・・・

 

口内フローラの乱れは、口臭の原因に!

口内フローラの乱れが引き起こすのが口臭なんですね。口臭が気になるという人は要注意です!

口が臭い人は、すでに口の中が悪玉菌だらけになっているかもしれません。

また、アルコールが好きな人も注意してくださいね。ビールや日本酒には糖質が含まれているので、糖質が悪玉菌の栄養になってしまうので、アルコールを飲んだ後はしっかり歯磨きしてくださいね。

スタジオでは大島さんが、こんな質問をしていました。

大島さん
口が臭いなと思うときに喉の奥の方から玉みたいな白いのが出てくる、それを潰すと凄くニオイがする。
原田先生
それは悪玉菌と免疫系のリンパ球の白血球が闘った後の白血球の死骸などなんです。しっかり歯磨きをしてください。

 

わたしは喉から白い玉が出てきた経験がないのですが、経験がある!って人は歯磨きしっかりしてくださいね。

 

口内フローラ・悪玉菌の代表格”歯周病菌”

口内フラーラの悪玉菌の代表格と言えば、歯周病菌ですよね。

歯周病菌は大人同士の接触(キス)でうつりやすいと言われています。カップルなら2人同時に治療をすることをおすすめします。

近年では、大人の虫歯菌が赤ちゃんにうつるからと、同じお箸を使ったりキスをしてはいけない。と言われていますが、大人も同じなんですね。

 

歯周病菌チェック

今回は、丸高さんが歯周病チェックを受けていましたが・・・歯磨きも1日3回しているという丸高さん。

歯科医院でも歯周病チェック法

  • 綿棒のようなもので舌の上の粘膜と歯垢を採取し顕微鏡で観察する
  • 検査用のガムを噛み、出てくるだ液を採取し検査する

毎日、しっかり歯磨きをしていると言われていた丸高さんの歯周病チェックの結果は

舌の上の粘膜と歯垢を採取した検査の結果、歯周病菌の原因となるらせん状の菌が発見されました。また、だ液の検査では、映像でわかりにくい菌や口の中全体の菌の数を知ることができます。

今回は、最も凶悪な歯周病菌を言われている、T.デンティコーラ・T.フォーサイシア・P.ジンジバリスと呼ばれる、3つ歯周病菌の数を検査しました。

この3つの歯周病菌は、それぞれ口の中に1万個以上いると危険と言われています。

3大歯周病菌の数
歯周病菌の名称   丸高さんの口内の細菌数
T.デンティコーラ 1万個以上は危険 2万個
T.フォーサイシア 1万個以上は危険 17万個
P.ジンジバリス 1万個以上は危険 20万個

 

この3大歯周病菌の中のP.ジンジバリスは、この中でも最強の歯周病菌で、歯周病だけでなく認知症やあらゆる病気に関連している細菌と言われています。

丸高さんの口の中は、大変なことになっていました。

 

口内フローラを整え、口臭を抑える方法

わたしたちの口内フローラを整えてくれるものは、だ液なんですね。

だ液には、悪玉菌の増殖を抑える抗菌作用があります。さらに唾液にはカルシウムなどが含まれているので菌の表面を修復を促すなど、口内フローラを症状に保つ大きな役割を果たしています。

唾液の分泌を促すには、だ液腺への刺激と口と舌の筋力が必要だそうです。

 

ということで、口内フローラを整え、口臭を抑える簡単な方法をご紹介したいと思います。

 

口内フローラ整える方法その1.パタカラ体操

パタカラ体操とは、パタカラを多く発音する文章を声を出して読む体操です。パタカラ体操は、だ液線が刺激され、だ液の分泌を促します。

パタカラ体操
パと発音すると 唇の筋力が鍛えられる
タと発音すると 舌の中央の筋力が鍛えられる
カと発音すると 舌の奥の筋力が鍛えられる
ラと発音すると 舌の先の筋力が鍛えられる

 

パタカラ体操

パンダの宝物は、パパパンダからもらったラッパ。歩いてパタパタ、鳴らしてパラパラ、高かったラッパで財布の中身は空っぽ

 

口内フローラ整える方法その2.毎食後の緑茶ぶくぶく

緑茶にはフッ素とカテキンが含まれているので、抗菌作用があり口内フローラを整えるのに最適な飲み物と言われています。

緑茶は飲むだけでなく、食後に1分程度、口に含んでぶくぶくするのが効果的です。

 

丸高さんが1ヶ月間、パタカラ体操&緑茶ぶくぶくを実践!その結果は?

パタカラ体操と、毎食後の緑茶ぶくぶくを1ヶ月続けた丸高さんの感想は

丸高さん
だ液がいつも以上にサラサラしている感じがして、寝起きの口の中がスッキリしている

 

丸高さん自身は、だ液がサラサラになり、朝寝起きの口の中の変化を感じていました。だ液の検査の結果を見ても、確実に3大歯周病菌の数が減少していました。

3大歯周病菌の数
歯周病菌の名称 丸高さんの口内の細菌数 1ヶ月後の口内の細菌数
T.デンティコーラ 2万個 1万8千個
T.フォーサイシア 17万個 6万5千個
P.ジンジバリス 20万個 9万個
簡単に実践できる方法なので、歯周病菌予防のために、試してみてはいかがでしょうか?

 

だ液が口内フローラを整える効果があることが分かりましたが、増加傾向にあるドライマウス。ドライマウスは、歯周病菌や口臭の原因になると言われています。

近年、話題になっているのがドライマウスや歯周病菌・口腔カンジダ症に効果がある高機能乳酸菌。

大学病院などでも、治療として使用されている乳酸菌があるので紹介しますね。高機能乳酸菌公式ページはこちら

 

口をおさえる女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。