子宮筋腫って手術しなくても漢方で治るってホント?その真実に迫る

漢方薬

手術をしなくても子宮筋腫が本当に治るとしたら!とっても嬉しいですよね。
私は2年前に腹腔鏡下子宮筋腫摘出術で子宮全摘出したので、手術をしなくても子宮筋腫が治るなんて、俄かに信じられません。

私が子宮筋腫になることは一生ないけど、今子宮筋腫で悩んでいる人。今この私のブログを読んでくれている人のためにも、真相に迫ってみようと思います。

漢方医学(中医学)から見た子宮筋腫はどんな病気?

子宮筋腫の本当の原因は解明されていないことが多いのですが、西洋医学の世界では、子宮筋腫の原因として女性ホルモンの働きが大きく影響していると考えられています。

子宮筋腫の原因については経験したから分かる妊娠中に子宮筋腫があったらどうなるの?で紹介していますので、まだ読んでいない方はチェックしてください。

では、漢方医学の世界では子宮筋腫の原因は、どう考えられているのか?
原因が違うと治療法も異なるのは当然のことですから、まず原因から探っていくことにしましょう。

調べる女性

子宮筋腫の原因は大きく分けて2つの原因からくるものと考えられているようです。

  • 気滞り
  • 血オ

 それも、西洋医学のように「子宮筋腫の原因は明確ではない」と書かれていないんですよね。

原因が明確でないものって治療って難しいけど、原因は明確であるものの治療って効果があるような気がしませんか?

 

気滞りってなに?

余り聞きなれない言葉だけど、まず「気滞り」というと考え方としては言葉の意味通りで良いみたいですね。

滞りっていうのは「物事が順調に進まない」って意味だから、気が順調に進まない。
すなわち、ストレスなどが原因で気の流れが悪くなる。みたいな意味のようです。

 

血オってなに?

この血オという言葉の意味は、血の流れが悪い状態を示す言葉のようです。
一般的な表現で言うと、血行障害みたいなものかな?

子宮筋腫の原因の中には子宮の血行不良も言われているので、同じような意味を指すのかもしれませんね。

 

要するに、漢方医学(中医学)では子宮筋腫の原因は、「気」と「血」の流れが悪くなることによって起きる病気という認識のようです。

 

漢方医学(中医学)での子宮筋腫の治療法とは?

考えている女性

西洋医学でも子宮筋腫の大きさや症状によっては、経過観察をする場合も多いですね。
治療となると、薬物療法や手術療法などがあります。

私の場合は、薬物治療と手術療法で子宮筋腫を摘出しました。実際の体験談は経験したから分かる子宮筋腫のリュープリン治療と腹腔鏡下手術のすべて!で紹介しています。

西洋医学の薬物療法は副作用を伴うこともあるし、薬物治療では子宮筋腫が消えてしまうことはないと言われています。

また、手術で子宮筋腫を摘出したとしても直ぐに筋腫が出来てしまうことも多いですよね。完全に筋腫を治すためには子宮ごと全摘出するしか方法はないと主治医の先生にも言われました。

もし本当に子宮筋腫の原因が分かるのなら、筋腫を治すことも可能なような気もします。だって原因がわからないと治すことって不可能だと思いませんか?

どんな病気でも原因がしっかりと特定できれば、その解決策(治療法)も見つかるけど、原因が明確でない病気って結局、対症療法みたいな感じになりますよね。

では、漢方医学では子宮筋腫を治すことができるのか?
代表的な子宮筋腫の漢方薬を調べてみました。

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

この桂枝茯苓丸は女性向けの漢方で、血行をよくし冷えを改善し、子宮などの炎症をしずめます。また、ホルモンのバランスを整える効果も期待できるようです。

子宮筋腫の他にも、子宮内膜症や更年期障害などの女性疾患にも使用されています。
この漢方は、中医学での子宮筋腫の原因と考えられている「血オ」に有効な漢方なんでしょうね。

ただ、アメリカでは有効性を証明することが出来ず2007年に開発が中止されているようです。

 

冠元顆粒(かんげんかりゅう)

この冠元顆粒は、汚れてドロドロになった血液をサラサラにして流れをスムーズにする漢方。
この漢方も「血オ」に有効な漢方ですね。

効果効能としては、頭痛・頭重・肩こり・めまい・動悸など…

 

その他、子宮筋腫が原因で貧血などが出ている場合には、婦宝当帰膠B(ふほうとうきこう)や芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)などを併用するみたいです。

 

もともと漢方薬は、効き目が穏やかで長期に渡っての治療が必要になるイメージが強いですよね。
この子宮筋腫に有効とされている漢方薬も、子宮筋腫を完全に治すという感じではなく「気」と「血」を漢方の力で流すことによって子宮筋腫が小さくなる可能性があり、小さくなることで閉経まで持って行くみたいなイメージのように感じました。

また、筋腫が大きくなっている場合や、強い症状が出ている場合は漢方薬での治療も難しいようなので、もし西洋医学の治療法ではなく中医学での治療を希望される場合は、専門の方に相談されるのが一番よいと思います。

 

まとめ

説明している女性

漢方医学(中医学)でも、子宮筋腫の大きさや現在出ている症状によっては、治療が難しいこともあるようです。

今回調べていく中で、実際に漢方薬の体験談も読みましたが、漢方療法によって子宮筋腫の症状が軽減したという体験談は紹介されていましたが、子宮筋腫そのものが消えてなくなってしまった。という体験談は殆どありませんでした。そして、逆に全く効果がなかったという体験談もありました。

もともと漢方薬は、ゆっくりと時間をかけて体質改善していくものなので、薬のように飲んで直ぐに効果を期待すると全く効果がなかった!みたいな体験になるのかな?と思います。

子宮筋腫という同じ病名であっても、症状などは個人差があります。子宮筋腫は、殆どの場合が緊急を要するようなことはないので、自分にはどの治療法が合っているのか?納得いくまで、しっかり調べることをおススメします。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
いかがでしたでしょうか?お役に立つことが出来たら幸いです。

この記事だけではなく、子宮筋腫についてさまざまな記事を書いています。

子宮筋腫の手術。経験した私から伝えておきたい全ての事【保存版】

子宮筋腫の情報をまとめた目次のようなページです。
子宮筋腫で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

漢方薬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。