経験したから分かる妊娠中に子宮筋腫があったらどうなるの?

妊婦さん

子宮筋腫と言えば、女性が発症する腫瘍の中で一番多いんですよね!検索したら子宮筋腫の症状とか治療法とか手術法とか…情報がたくさん出てます。

でも、経験もないのに何でそんなん分かるん?って思うような情報もあるんですよ!

難しい専門的なことを知りたい人もいるかもしれないけど、実際に子宮筋腫で悩んでいる人が知りたい事って、そんなことじゃ~ないんと違うんかな?って。

少なくとも、私は違いました。

難しい専門用語いっぱい並べられても、さっぱりわからないし、なので私は18年間、子宮筋腫と付き合ったからこそ分かること!28歳の時に子宮筋腫を発見し、45歳で子宮筋腫を摘出手術を受けた18年間の体験談を記事にすることにしました。

子宮筋腫の症状や、検査治療手術、そして余り知られていないというか、調べても情報としてない手術後のこととか、自分で経験したからこそわかることを書こうと思います。

多分、子宮筋腫のことで悩んでいる人もいるかと思います。少しでも私の経験が、参考になればと思います。

miharuの乳酸菌

子宮筋腫があるのを知ったのは妊娠したとき

私が自分の子宮の中に筋腫があることを知ったのは、娘を妊娠した時でした。本来なら産婦人科の先生に「おめでたですよ!」言われる感動の瞬間のはずが、私の場合は「おめでたですよ!」ただし…その後がありました。

大きな子宮筋腫がみつかりました!

泣く妊婦

私は何を言われているのか全く理解できず、気分が悪くなったところまでは記憶にあるのですが、次に気がついた時には病院のベッドの上でした。余りショックな出来事に、そのまま気を失ってしまったんですね。

そして私が、主治医の先生にはじめて言われた言葉、今でも覚えています。

「6ヶ月しっかりお腹の中で赤ちゃんを育てましょう!6ヶ月までお腹にいれれば、赤ちゃんは大丈夫だから」

この先生、正気で言うてるんかな?って思いました。だって6ヶ月って、赤ちゃんの体重は1000gにも満たない大きさですよ!

子宮筋腫は不妊症の原因になることも多く、私の場合は妊娠したこと自体が奇跡に近いと言われました。なので、大切に育てましょう。ってね。

こうして、めちゃくちゃ不安な私の妊娠生活がスタートしました。

子宮筋腫ってどんな病気?

子宮筋腫を持っている人って、どれくらいいると思いますか?

20代以降の女性の3人の1人が子宮筋腫を持っていると自覚していますが、自覚していない人を含むと2人に1人が子宮筋腫をもっている。

この数字って、すごい数字ですよね!

私の場合は、母が子宮筋腫の手術を受けていたので、子宮筋腫とは子宮にできる良性の腫瘍で、悪性ではないので命に関わるような病気ではない程度の知識はありました。

でも私の場合は、妊娠中で私一人のからだではなかったので、当時色々と子宮筋腫のこと調べました。

ちょうど20年前ですから、今みたいにインターネットとか余り普及してなかったし、携帯すらまだ持ってなかった時代ですから。

調べる手段は家庭の医学みたいな、専門誌でした。

子宮の壁は、平滑筋っていう筋肉でできています。子宮筋腫はこの筋肉層にできた良性の腫瘍で、平滑筋が異常に増殖したもの。

子宮筋腫の原因ってなんやろう?

この内容って、子宮筋腫になってしまってるのに原因を知ってどうするん?って思うかもしれませんが、私は「なんで子宮筋腫になったんやろ?」って思ったので、取り上げました。

子宮筋腫ができる原因については解明されていない部分が多い病気なので、子宮筋腫の原因って色々と考えられていました。それは現在でも同じみたいですね。

女性ホルモンが影響している

初経

子宮筋腫は初経が始まった後にできることから、子宮筋腫の場合は生まれつき持っていた素因に卵巣から分泌される女性ホルモンが影響し筋腫が大きく成長するのではないかと言われています。

また、生まれ持った素因は変化することがなく、一度筋腫を摘出しても別の筋腫が成長することがよく起こります。

しかし、閉経後には女性ホルモンの分泌が減少するため、子宮筋腫も小さくなり大きく成長することがないと言われているんですね。

子宮筋腫ができる年齢にもよると思いますが、そのまま閉経まで治療などを行わない人も多いみたいです。

子宮筋腫は遺伝する

遺伝

子宮筋腫は遺伝じゃないか?とも言われていましたが、そのあたりの考え方は様々のようですね。

ある研究者の説によると、子宮筋腫は遺伝する。
他の研究者の説によると、子宮筋腫は遺伝しない。

いまだに、この両方の説があるようですが、わたしが20年前に調べたときには遺伝すると言われていたように思います。

私の場合は、母も子宮筋腫で手術をしていましたし、母の姉妹も子宮筋腫の手術を受けていたので、遺伝なのかな?って当時は思っていました。

食生活の変化によるもの

欧米食

子宮筋腫は、日本の欧米食が普及した頃から急激に患者数が増えたと言われています。

もともと子宮筋腫は欧米に多い病気で、日本人では余りなかった病気だったようです。私たちの時代は欧米食が急激に増えた時代なので、もしかしたら食生活の変化というのは原因のひとつかもしれませんね。

朝シャンが原因

朝シャン

私たちが、小学生か中学生くらいのときの朝シャンブームが原因になっている。

この内容は本当なのか噂なのか…真相はわかりませんが、朝シャンブームが巻き起こったとき、女性は夜にお風呂に入り朝にまたシャンプーをする。この時代にシャンプー洗面台も誕生しました。

シャンプーなどに含まれる界面活性剤が子宮に蓄積され、羊水がシャンプーの匂いがすることがある。子宮の病気が急増したことで、朝シャンのCMが禁止された。など色んな噂がありました。

そういえば、朝シャンのCMってある日突然なくなりましたよね。真相はどうなんでしょうね。

 

妊娠中に子宮筋腫があったらどうなるの?

当時の私が、一番知りたかったことが「妊娠中に子宮筋腫があったらどうなるの?」ということでした。

妊娠初期は、女性ホルモンが急激に増えるため、筋腫も女性ホルモンの影響を受けて大きくなる傾向があるので、妊娠したことで子宮筋腫が発見されることもよくあります。

また、子宮筋腫がある妊婦さんは、正常な妊婦さんと比べると子宮収縮が起きやすいために、流産や早産の危険性が高くなると言われているので、妊娠中の方はお腹の張りなどを感じたらすぐに受診してくださいね。

 

ここからは、私の妊娠中の体験談をお話したいと思います。

妊娠中に子宮筋腫が見つかった!私の体験談

私の場合は、子宮筋腫はかなり大きくなっていて、新生児の赤ちゃんの頭くらいの大きさになっていました。

大きい子宮筋腫があるだけでも、流産や早産の危険性が高くなるのですが、私の場合は子宮筋腫のできた場所が最悪だったんです。胎盤部分に子宮筋腫が出来ていたために、胎盤部分が伸びずに剥がれてしまう危険性がありました。

目標は6ヶ月お腹の中で育てること

妊婦さん

定期健診は毎週でした。出産方法ははじめから帝王切開と決められていて、出産と同時に子宮筋腫を摘出することになっていました。

3ヶ月の時と、5ヶ月の時に不正出血が!切迫早産の疑いということで大事を取って入院。

6ヶ月目に入ったときは、めちゃくちゃ嬉しかったですね~
これで、赤ちゃんの命は大丈夫。みたいな感覚でした。

この後は、1日でも多く赤ちゃんをお腹の中で守り続けるが目標です。

この頃には、頻繁にお腹が張っていました。足の付け根が痛くなるくらいお腹が張ることも!日常生活では重たい物を持たないとか、あまり手を高く上げないとか、いろいろと気をつけることが多くて楽しいマタニティライフではなく、とにかく不安な毎日でした。

結果的には、38週までしっかりお腹の中で育ってくれました。

主治医の先生が突然、自然分娩でいこか~!って、ちょっと待ってよ!帝王切開って決まってませんでしたっけ?みないな感じでしたが、土壇場で帝王切開から自然分娩に!これって逆バージョン違うん?って感じだけど、自然分娩が理想ですからね。

37週に入って正期産になって安心していたら、赤ちゃんの体重がどんどん減っていくという事態が発生!赤ちゃんと一緒に栄養をとって大きく育った筋腫に栄養を取られてしまっている。と言われ

このままでは、赤ちゃんに栄養がいかないから!と38週目で分娩誘発剤を打って出産することに!

子宮筋腫があると出産のリスクはないの?

出産の時には、大きな子宮筋腫があったので大出血する可能性があるということで、輸血する可能性もあると説明を受けました。

普通のお産でも、リスクのないお産なんてないと思いますが、子宮筋腫のできている場所や大きさによっては、通常のお産よりもリスクを伴うことは覚悟しなくてはいけません。

でも、実際には9時に陣痛促進剤の点滴を流しはじめ、2時間半くらいで出産!という超安産!
生まれてきた赤ちゃんは2310gで身長は47cm。ちょっと細い赤ちゃんでしたが、めっちゃ可愛くて綺麗な元気な赤ちゃんでした。

退院するときは、2200gくらいしかなかったと思いますね~
でも生期産で生まれたし、赤ちゃんも元気だったので予定通り退院することができました。

新生児
その娘も、今年成人式を迎えました。早いですね~ 

妊娠中の子宮筋腫で気をつけること

子宮筋腫があると子宮収縮が起きやすく、流産や早産の危険性が高くなります。実際に私も切迫早産の疑いで2度も入院しました。

そして、お腹の張りが強かったりします。
少しでもいつもと違うと思ったら、すぐに主治医の先生に診てもらうようにすることが大切です。

後もうひとつは、小児科の設備もしっかり整っている病院を選ぶことも大切だと思います。
私の場合は、産婦人科も有名な病院でしたが小児科の設備も整っている病院でした。もしかしたら早産で産まれてきてしまうかもしれません。そんな時にすぐに対応できる病院を選ぶほうがいいと思います。

 

まとめ

今回は、子宮筋腫があることを知った日のこと。また、子宮筋腫ってどんな病気なのか?そして原因な何なのか?

子宮筋腫がある妊娠生活ってどんな感じなのか?出産のときって何か支障あるの?など紹介しました。

どんな病気でも言えることですが、同じ病名でも起きる症状とかって人によって違います。

私の場合も妊娠中に子宮筋腫があることがわかったとき、主治医の先生は「6ヶ月お腹の中で育てることが出来れば」とか「出産方法は帝王切開」とか言われ、最悪な状態だったと思います。

でも、実際は切迫早産の疑いで2回入院したものの38週で出産!それも帝王切開ではなく自然分娩でした。妊娠中で子宮筋腫があって、とっても不安な毎日を送っている妊婦さんもいると思うけど、妊娠中ってママと赤ちゃんの大切な時間だから、楽しんでほしいなぁ~って思います。

もちろん、日々気をつけることが大切です!でも、起きるかどうかわからない未来のことを一生懸命考えるよりも、必ずあなたの赤ちゃんとして生まれくれる、赤ちゃんのことを色々と考えながら毎日を送ることのほうが大切だと思うからです。

次回は、子宮筋腫摘出までの体験談をご紹介したいと思います。
興味のある人は、また見てくださいね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
いかがでしたでしょうか?お役に立つことが出来たら幸いです。

この記事だけではなく、子宮筋腫についてさまざまな記事を書いています。

子宮筋腫の手術。経験した私から伝えておきたい全ての事【保存版】

子宮筋腫の情報をまとめた目次のようなページです。
子宮筋腫で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

妊婦さん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。