風邪は薬では治らない!風邪を一番早く治す方法を教えます。

風邪予防

 

すぐに風邪薬飲んでいませんか?

風邪薬で風邪を治すことは出来ません。

風邪を1日でも早く治したい人は、風邪薬は極力飲まない方が得策です。そもそも、風邪を治す薬は存在していないことは有名な話ですね。

友人の内科の医師、製薬会社で薬の研究をしていた知人、ママ友の薬剤師さん達は、風邪を引いても絶対に風邪薬を飲んでいませんでした。

「どうして、風邪薬を飲まないの?」と聞くと、風邪薬が酷くなるから!と言っていました。

 

このページでは、どうして風邪薬を飲んでも風邪が治らないのか?風邪をできるだけ早く治す方法などを、ご紹介したいと思います。

 

なぜ風邪薬では風邪は治らないの?

風邪薬として販売されていたら、風邪が治る薬と思ってしまうのは当然ですね。しかし、実際には風邪を治す薬は存在せず、放っておいて治るのが風邪だそうです。

「風邪薬を作ったらノーベル賞」って聞いたことありませんか?

残念ながら今の医学で風邪を治す薬はありません。

一般に販売されている風邪薬は、風邪を治すための薬ではなく、今起きている症状を抑える目的で作られた薬で、対症療法と言われています。

例えば、咳がでると咳止め、のどが痛いと抗炎症剤など、その症状を抑えるための薬を組み合わせたものが処方されます。

大人になると風邪くらいで、なかなか病院に行くことはありませんが、小さい子供さんが風邪をひいてしまうと、心配の余りお母さんは病院に連れて行くことが多いと思います。

特に熱が出ていたり、喉の炎症があると抗生物質が処方されます。症状を抑える咳止めや鼻水止めは、症状が治まったら飲まなくても大丈夫ですが、この抗生物質だけはなくなるまで飲んでくださいね。と言われますよね。

実はこの抗生物質が、風邪の治りを悪くしているそうです。

 

抗生物質が風邪の治りを悪くする理由

そもそも、抗生物質は細菌にしか効果を発揮しません。 殆どの風邪はウイルス性なので、抗生物質は風邪には何の効果もありません。

効果のない抗生物質を、どうして病院の先生は処方するの?と不思議に思いますが、処方するのは理由があります。

風邪で抵抗力が弱っている人は、他の細菌の影響を受けやすく感染症に罹る可能性があるために、抗生物質は処方されます。

元気な時は、免役システムが正常に働きますが、病気になると普通なら何もない菌でも抑えられずに、何らかの感染症を起こす危険性があるという理由で、抗生物質は処方されています。

抗生物質の効能は、風邪が治すことではなく、抵抗力がなくなってしまっているからだを細菌から守るためなのですね。

特に小さな子供や、高齢者は体力がないため、風邪が切っ掛けとなって抵抗力が低下してしまう可能性があると言われています。

例え、風邪に効果がなくても他の感染症予防効果があるなら、抗生物質は飲んだ方がいいよね!と思うかもしれませんが、薬には必ず副作用が伴います。

抗生物質の副作用に問題があるのです。

 

抗生物質の副作用

下痢は、抗生物質の副作用で一番多くみられる症状のひとつです。

抗生物質を服用することで、腸内の善玉菌に大きな影響を及ぼし腸内環境が悪化すると考えられています。

近年、免疫力と腸内環境の関係性はメディアなどでも取り上げられているため、知っている人も多くなりましたが、私たちの免疫細胞の約7割は腸内に生息すると言われいます。

下痢症状などが続くことで、免疫力が低下してしまいます。風邪が治らない一番の原因は“免疫力の低下”だと言われています。

その他にも、肝臓・腎臓障害、発疹・吐き気・めまい・ふらつきなどのアレルギー反応なども報告されています。

もちろん症状によっては、抗生物質を摂取する必要がある場合もあります。しかし、殆どの風邪の場合は抗生物質が風邪を治りにくくしていると言われています。

抵抗力が低下しているからだを守るための抗生物質のはずなのに、抗生物質の副作用が”免疫力の低下”矛盾を感じてしまいますよね。

成人の方が風邪を引いてしまった場合は、仕事がどうしても休めないなどの理由があり、症状を抑える薬を飲むことが必要になることもあります。

ただ気をつけなければいけないのは、風邪薬を飲んでも風邪が治っているのはなく、症状を抑えているだけということです。

症状が軽くなったからと、普段と同じように無理をしていると風邪を長引かせることに成り兼ねません。

ここからは、風邪を1日でも早く治す方法についてお話しを進めていきたいと思います。

 

風邪の症状がでたらスグに予防対策を!

風邪かな?ちょっと怪しいなぁ…と思ったら、とにかくからだを温めて、ゆっくり休むようにしましょう。

風邪を早く治すためには、からだを休ませることが一番の特効薬です。どれだけ早くからだの不調をキャッチし、早い対応をするか!ここが一番のポイントです。

よく汗を大量にかくと、風邪はすぐに治ってしまう。と勘違いしている人をよく見かけますが、それは間違った知識です。

“汗をかくと風邪が治る”と思っている人は、過去に汗をかいた後に風邪が治った経験があるためだと思います。

確かに汗をかいた後は風邪が治ります。それは、汗をかいたから風邪が治ったのではなく、風邪が治ってくると汗をかくようになります。

自然に汗をかいてくると風邪が治る方向ですが、無理矢理に汗をかくのは逆効果になるので、気をつけてくださいね。

 

部屋の温度や湿度を調整し、風邪のウィルスが居心地の悪い環境を作る。

風邪のウィルスにとって居心地のよい環境は、低温で乾燥している環境です。風邪のウィルスにとって居心地の悪い環境を作りましょう。

  • 部屋の温度を20~23度
  • 部屋の湿度は、50%以上 

この部屋の環境は、私たちにとって快適な空間です。無理矢理部屋の中を暑くして、汗をかいたりしないようにしてくださいね。

風邪予防のためにも、部屋の温度と湿度は常に上記の設定に保つようにしましょう。

湿度が50%を超えると、ウイルスは重さによって空気中に飛ぶことが出来ず、床の上に落ちると言われています。

しかし、床に落ちたウイルスはまた気化し空気中に飛んでしまうため、アルコールなどで床をしっかり拭き取ることが大切です。

 

風邪によい食事(栄養)をしっかりとる

風邪を治すときには、私たちのからだはウイルスと戦っています。

ウイルスと戦うとエネルギーを普段よりたくさん使うので、エネルギーの消耗を防ぐために栄養をしっかり摂ることが大切です。

 

風邪によい栄養 ビタミンA

ビタミンAは、ウイルスの侵入を防ぐ働きがあるので、風邪予防のためにも風邪が流行る時期には、しっかり摂っておきたい栄養です。
その他にも、のどや鼻の粘膜を作る働きがあります。

ビタミンAを多く含む食品
牛乳、卵黄、ウナギ、レバー、人参・ニラ・シソなどの緑黄色野菜

 

風邪によい栄養 ビタミンC

ウイルスと戦う白血球の働きを活性化し、免疫力を高める効果があります。
風邪の予防にもなりますし、風邪の回復を早める効果もあります。

ビタミンCを多く含む食品
ブロッコリー・ほうれん草・春菊・パセリなど緑色の野菜、大根・キャベツなどの淡色野菜、いちご・オレンジ・グレープフルーツなどの果物、海苔
※淡色野菜にはBRM成分(免疫賦活物質)も多く含まされいます。

 

風邪によい栄養 たんぱく質

たんぱく質は、アミノ酸で構成されておて私たちのからだを作る主成分です。たんぱく質が不足するとからだのあらゆるところに異常が現れます。私たちの生命活動に必要不可欠な栄養素なのです。

 たんぱく質を多く含む食品
肉、魚貝類、卵、乳製品、豆類

 

からだを温めて、しっかり睡眠を取る

体温が1℃下がるだけで、免疫力が30%低下すると言われています。

からだが熱であつい時には、からだを温めると逆に体力を消耗してしまいますが、そうでない場合は温かくして、しっかり睡眠をとるようにしましょう。

 

免疫力がいちばん活性化する温度とは

36.5℃以上が、健康な人の体温です。

近年、低体温35℃代しかない人が増えていますが、35.5℃以下の体温が日常的に続くと、自律神経系にトラブルが生じると言われています。

自律神経にトラブルをかかえるとわたしたちの生活に、さまざまな影響を及ぼします。

また、35℃になると癌細胞は最も活発に繁殖する温度と言われています。

風邪予防のためにも、基礎体温を知っておきましょう。風邪を早く治すためには、からだが冷えないようすることが大切です。

 

免疫細胞は睡眠中に活性化される

睡眠中は、B細胞という免疫細胞の活性が高まると言われています。

B細胞というのは、主にウイルスや細菌などに力を発揮する細胞なので、風邪のウイルスから私たちのからだを、しっかり守る役目を担っています。

このB細胞が作られるのは睡眠中なので、しっかり睡眠を取ることで風邪が治りやすくなります。

 

熱がなければ、風邪をひいていてもお風呂に入っても大丈夫

風邪をひいている時に、お風呂に入ってはいけないというのは日本だけと言われています。

昔、家にお風呂がない時代には銭湯から家までが離れていたり、田舎では母屋から離れた場所にお風呂があったために、湯冷めの危険性がありました。

お風呂そのものは風邪の症状を悪化させることはありませんが、湯冷めすることで風邪の症状を悪化させてしまうことがあります。

湯冷めをしないように、お風呂に入るのは大丈夫ということですね。

但し、熱があるときは体力が消耗される原因になるので、控えた方がいいでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まず、最近風邪をひきやすいな。風邪をひくと長引いてしまうな。と感じている人は免疫力が低下している症状です。

特に今年の冬は、風邪を引いたら困るな・・・そんな人には、高機能乳酸菌サプリをおすすめします。

最近テレビなどで、ヨーグルトを食べることで風邪やインフルエンザ予防効果があると注目されていますが、実際に健康効果を得るためには、1年以上食べ続ける必要があります。

テレビなどで放送されている内容は、肝心な部分を飛ばして、まるでヨーグルトを食べると直ぐに効果があるように報じていますが、それは間違いです。

高機能乳酸菌サプリは、ナノレベルまで小さくし活性化させた乳酸菌を、通常のヨーグルトの100個分の1兆個の乳酸菌を含有させたサプリです。

今年の風邪が流行する季節に間に合わせるためには、高機能乳酸菌サプリがおすすめです。高機能乳酸菌サプリセルフレギュラー公式ページはこちら

 

風邪をひかないからだを作ることが一番重要ですが、もし風邪を引いてしまったら「あやしいな…」と感じたら、スグに予防対策をしましょう。

親子

お子さんの場合は、よく観察してあげてください。

  • 元気に遊んでいますか?
  • 食欲はありますか?
  • 水分はしっかりとれていますか?
  • よく寝ていますか?

基本的に元気で、しっかり食べ、しっかり眠れるようであれば心配ありません。

風邪予防

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。