【名医が教える正しい入浴法】半身浴は痩せない!入浴前に緑茶を飲むとダイエット効果がある

入浴中の女性の画像

2016年12月6日(火)19時から、林修の今でしょ講座では『あなたの知識はもう古い!名医が作った”入浴”最新検定2016』が放送されました。

寒い冬、お風呂が欠かせない季節ですね。しかし、間違った入浴法は危険がいっぱい!

今回、お風呂を医学で解明してくれたのは、国際医療福祉大学大学院教授・前田眞治先生でした。

今日から役立つ!正しい入浴法をご紹介します。

 

林修の今でしょ講座で紹介された、正しい入浴法

今回の林修の今でしょ講座では、入浴法の新常識について色々と説明していました。昔の知識はもう古い!知らないと大変なことになるかもしれませんよ。

今日から正しい入浴法で、健康に美しくなりましょう!

 

お風呂場で起こる死亡事故で急上昇は”溺死”

お風呂場で起こる死亡事故の原因は、心筋梗塞という常識はひと昔前の話です。

現在、入浴中の死亡事故で急増しているのは“溺死”です。今年発表された新しい情報では、入浴中に溺死で死亡した人が10年間でなんと1.7倍に!年間4,866人もの方が、亡くなっているそうです。

お風呂に入ると眠くなることありますよね?お風呂に入るとリラックス効果があるので、少し眠くなってしまうことは当然あるのですが、中には失神をしてしまっていることがあるそうです。

 

お風呂に入ると失神するメカニズム

脱衣所で服を脱ぐと寒くなり血圧が上がります。しかし、お風呂に入るとからだが温まり、血管が広がり血圧が一気に下がってしまいます。

急激な血圧低下で脳に血液が届きにくくなり失神してしまう。これがお風呂で失神するメカニズムです。

入浴中の失神を防ぐ方法

冷たい水を桶に用意し、手をつけることで血圧を少し上げることができます。

 

熱いお風呂に入ると心筋梗塞のリスクが高くなる

 

急激な温度変化によって心筋梗塞のリスクがあるのは有名な話ですよね。しかし、今回は最新情報が紹介されました。

42℃以上のお風呂に10分間入ると、血液が固まる危険が!!新しい研究によって明らかになったそうです。

42℃以上のお風呂に入ることで、熱の刺激によって血小板の形がくずれ血の塊ができてしまい、血が固まってしまいます。

 

北海道でのお風呂での死亡率は低い!

今までの内容を整理すると、脱衣所と浴室の温度差があると危険ということですよね?

日本で一番気温が低い北海道ですが、なぜか風呂場での死亡率は沖縄の次に低いそうです。北海道は日本で一番寒い地域なのですが、その分暖房の設備が行き届いています。

脱衣所にも暖房が完備されているため、脱衣所と浴室の温度差はありません。返って、暖房器具などを必要としない地域の方が危ないようですね。

浴室で死亡事故を防ぐための対策

  • 脱衣所に暖房を設置する
  • お風呂場を暖めておく
  • 暖房器具がない場合は、お風呂で服を脱ぐようにする

 

半身浴はダイエット効果はない!

ダイエットのために半身浴を毎日欠かさずされている人、多いのではないでしょうか?

半身浴は、ダイエット効果は全くないようです。半身浴と全身浴を比較すると、半身浴は消費カロリーが低いそうです。

40℃で10分の入浴したときの消費カロリー比較

  • 全身浴 2.8Kcal
  • 半身浴 1.6Kcal

半身浴をすると汗をかくのでダイエット効果があるように思われがちですが、お風呂から出て水分補給をするとすぐに元に戻ってしまいます。

入浴をするとお湯の熱があるため、その分自分のエネルギーの消費が少なくなり、入浴中はカロリーは殆ど消費されないようですね。

しかし、入浴前・入浴中・入浴後の消費カロリーを調べてみると、入浴前と入浴後のみカロリーを消費しているのが分かりました。

それは、浴槽のふちをまたく動作の時のみカロリーを消費しているそうです。ちょっと、ショックですよね。

 

半身浴のメリットってなに?

ダイエット効果がほとんどない半身浴ですが、メリットもありますよ!ダイエット目的で半身浴をされている人は、無駄なようです。

しかし!!

  • 半身浴は心臓に負担をかけない
  • むくみ解消効果がある

むくみなどは気になる人は、半身浴は効果があるようですよ。

また、運動直後にお風呂に入るとダイエット効果が半減しますよ!運動直後にお風呂に入ると痩せない!で紹介していますのでチェックしてくださいね。

 

食べた直後にお風呂に入ると消化不良の原因に!

食べた後にお風呂に入ると消化を助けてくれるイメージありますよね!

しかし、食後すぐにお風呂に入ると消化不良を起こしてしまうそうです。また、最新研究によると食前のお風呂も危険だそうです。

食事をすると栄養を吸収するために血液が胃腸に集まります。血液が集まることで胃腸は活発に働くんですね。

しかし、入浴することによって皮膚が刺激され皮膚表面の血管が開き、集まっていた血液が胃腸から皮膚の表面に分散してしまうため、消化不良を起こしてしまいます。

 

食前のお風呂は意識障害の危険が!

食前は血糖値が低い状態です。血糖値の低い状態でお風呂に入るとエネルギーが消費され、血糖値が低くなり意識障害になってしまう可能性があるそうです。

食事の前後30分以内は、お風呂に入らないようにしましょう。

 

お風呂の前に緑茶を飲むとダイエット効果がある

緑茶などに含まれるカテキンは脂肪吸収を助ける効果がありダイエットに最適といわれています。また、入浴前に緑茶を飲むことでカテキンの吸収率が7倍になるんですね。

入浴前にコップ1~2杯飲むと、ダイエット効果があると言われています。

 

一番風呂は肌荒れの原因になる!

一番風呂は、水道水に含まれる塩素によって肌の乾燥などの原因になってしまいます。わたしたちの肌は弱酸性ですが、水道水は中性なので、わたしたちの肌に刺激があるんですね。

一番風呂に入る場合は、入浴剤や、ゆず・みかん・レモンなどビタミンCを入れるといいと言われています。

それなら、2日目のお風呂はお肌に良さそう!と思いますが、2日目のお風呂はバイキンが1000倍も増殖し、肌あれの原因になります。

お肌に優しい入浴法は、入浴前に緑茶を飲んで”手抜き入浴法”で乾燥肌を予防できる!で紹介していますのでチェックしてくださいね。

 

30分以上の長風呂は、疲労回復効果がない!

疲れたときは、ゆっくりお風呂に入るのが良いと思っていませんでしたか?

長風呂は、逆に疲労がたまり風邪を引きやすくなるそうです。肌荒れの原因や、心筋梗塞の原因にもなるので注意が必要です。

40℃のお風呂に10分入ると、約500mlの汗をかくと言われています。30分以上お風呂に入ると、長距離走をするくらいの体力を消耗するんですね。

疲労回復効果どころか、疲労を溜めてしまいそうですね。

また、肌に含まれる保湿成分セラミドは、長風呂をすることでからだの外に溶けだし肌荒れの原因になってしまいます。

セラミドは、脂質のためお湯の中に溶け込んでしまうそうですよ。入浴後に保湿クリームなどを塗って保湿しましょう。

 

風呂あがりは、ぬるい水をかけると疲労回復効果がある

お湯の温度差で刺激を与えることで、様々なメリットがあります。

温かいお湯が血管を広げ、ぬるいお湯をかけることで血管が縮まります。この動作を繰り返すことで、血流がよくなり、血管の弾力性も良くなります。

冷たい水は血管を負担にかけるため、30度のぬるめの水を使用するのがポイントです。

風邪予防につながる入浴法

  • 41℃のお湯に3分入る
  • 30℃のぬるめの水を10秒手足にかける
  • これを3セットくり返す

 

激しい運動の後すぐ入浴すると筋肉の炎症を悪化させ、疲労が蓄積される。

運動直後の入浴は、疲労回復を妨げてしまいます。

激しい運動直後は、細胞は傷つき熱を持っているため、修復のために冷やす必要があります。

激しい運動の直後にお風呂に入ってしまうと、お風呂の熱がからだの中に入って体温を下げることができず、細胞が修復されず疲労が蓄積してしまいます。

また、筋肉の炎症を広げることになり、炎症を悪化させてしまいます。

激しい運動後は、約1時間クールダウンの時間をおくようにするか、体温よりも低めのお湯でからだを冷やすと炎症も抑えられ、疲労回復効果も早まります。

 

寝る直前にお風呂に入ると眠れない

熱いお風呂にはいると、交感神経が刺激され、頑張るモードになり眠れなくなってしまいます。

質の良い睡眠のためにも、寝る1時間前にはお風呂に入っておきましょう。安眠のためのお風呂の温度は41℃です。

 

熱い風呂に入浴すると運動時の持久力がアップする

人のからだの防御システムは、自分と違う異物を攻撃し排除しようとします。

ヒートショックプロテインもそのひとつで、細胞内の傷ついたタンパク質を修復してくれる成分で、お風呂のお湯の刺激によってヒートショックプロテインが増加します。

持久力をアップするには、試合などの2日前の入浴で体温をあげるとヒートショックプロテインが増加することが明らかになっています。

体温が1度あげることで、ヒートショックプロテインが増加しはじめます。

入浴のタイミングが大切なんですね。これは、使えそうですね!

 

二日酔いの時にお風呂に入るのは危険

二日酔いの時に入浴するのは危険だそうですよ。

アルコールは水分と一緒に抜けることがありません。お風呂に入って汗をかくことで水分不足になり、脱水症状となり逆効果になります。

 

まとめ 

いかがでしたか?今日から、正しい入浴法を行ってくださいね!

最後に、名医のおススメの入浴法はこれ!

朝 熱いお湯で数分間シャワーを浴びる

夜 寝る1時間前に41度のお湯に10分入る

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。