運気がアップする断捨離とは?断捨離の効果とコツを徹底的に調べました!

断捨離

 

断捨離って言葉をよく耳にしますが、ただの流行りにのって断捨離をしている人って多いんじゃないですか?

断捨離にはとっても深い意味があるんですよ。

 

妙に家の整理がしたくなったり、部屋の家具の配置が気になって模様替えをしたくなったりしたとき、それは運気がアップするときなんじゃないかなと思います。

不思議だけど忙しくなるタイミングで、必ず断捨離をしたくなる衝動に駆られ1日かけて断捨離をするのですが、そのあと必ず新しい出会いだったり、仕事だったり、探していたものを見つかったり変化があります。

断捨離をすることで運気がアップするのではなく、運気がアップするタイミングで断捨離ということを考えるようになる。といった感じですね。

多分、この記事を読んでいる人は断捨離が気になって調べていると思います。きっと、運気アップのタイミングなんだと思います。

 

運気アップのタイミングにきている人のために、断捨離の考え方や、効果、コツをご紹介していきますね。

 

正しい断捨離の考え方とは?やましたひでこさんが考案した断捨離とは?

 

断捨離をすると、不思議と面白いことが次々に起こってきます。断捨離の意味を正しく理解することからはじめることにしましょう。

断捨離という言葉は、2010年頃から注目されるようになりました。

【断捨離】という言葉の商標登録をされたことでも有名ですが、やましたひでこさんが断捨離の第一人者と言われています。

やましたひでこさんの断捨離の書籍はたくさん出版されているので、本を読まれると断捨離のことがよくわかりますよ。

 

断捨離についてたくさんの人が説明していますが、もともと【断捨離】という言葉が存在した訳ではなく、やましたひでこさんが、断捨離という言葉を考え商標登録されている言葉なんですね。

【断捨離】の言葉は、ヨガの行法に由来しているんですね。なので、やましたひでこさんの断捨離の考え方が本家本元ということですよね。

 

断捨離とは、どういう意味なの?

単に家の片づけをすることが、断捨離だと思っている人って意外に多いと思います。

行動は片付けなんですが、断捨離はだたの片づけではないんですよね。

 

必要のないものを整理することで、一緒に心の中も整理していく。

理解がとても難しいですが、断捨離の最大の目的は物を捨てることでなく、ものへの執着を捨てることなんですね。

断・・・入ってくる要らないモノを断つ

捨・・・家にはこびるガラクタを捨てる

離・・・モノへの執着から離れ、ゆとりある”自在”の空間にいる私

引用:断捨離やましたひでこ公式サイトより

これが断捨離という言葉の意味なんですが難しいですね。もう少し断捨離を分かりやすく説明しますね。

 

断捨離の「断」とは

断捨離の「断」とは入ってくる要らないモノを断つという意味でした。

物を買うときに「この物が自分にとって本当に必要かどうか」をしっかり考えて物を買うということなんだと思います。

衝動買いをしてしまうことってありますよね。自分にとって必要かどうかを見定める前に、何となく欲しくなって買ってしまうことですね。

衝動買いをなくし、物を買うときは「この物が現在の自分にとって必要なものなのか」を考えること。なんですね。

 

物を買うときに「自分にとって必要なものであるか」の見極めが大切です。無駄な物を買わないことで、お金が飛ぶように無くなっていくこともなくなりますね。

やましたひでこさんは、断捨離のことを「2つのマイナス(引き算)」の考え方と表現されています。

一つ目の引き算が「断」なんですね。入ってくるものを厳選する、減らす、引き算するという発想ですね。

 

断捨離の「捨」とは

断捨離の「捨」とは家にはこびるガラクタを捨てるという意味でした。

「断」は物の入口で、「捨」は物の出口というイメージです。自分にとって必要なものでも時間の経過と共に、必要でなくなることもあります。

捨てる基準は、自分にとって必要なものであるかどうかです。

 

日本人は特に、物を大切にする傾向があるので「物の出口」が狭くなりがちで、捨てるのが不得意な人種なのかもしれませんね。

引き算の2つ目が「捨」ですね。今の自分に必要のないものを手放す、捨てる、という引き算の発想です。

 

断捨離の「離」とは

断捨離の「離」とはモノへの執着から離れるという意味でした。

断捨離の中で、「離れる」の部分が一番ポイントになるのかもしれませんね。

こんな経験ありませんか?

  • 今は使わないけど、もしかしたら使うかもしれない。
  • 今はもう使わないけど、すごく高かったから捨てるのは勿体ない。
物を大切にすることは、とても大切なことですが、上手にモノとの距離を置くことで物への執着をなくすことができます。

 

断捨離の中で「離」が一番難しい行動になりそうですね。

 

断捨離の方法とは

断捨離は、必要ではない物を捨てることで少なくする新しい片付け術です。本来の片づけの意味は、整理整頓ですよね。

整理整頓とは物を整理することで、物が様子を変えて移動することです。なんとなく収納に収まることで片付いた気分になってしまいます。

しかし、物が様子を変えただけの片づけ方法では、また散らかってしまう原因になるわけです。散らかっていない、いつも清潔で綺麗な空間を作るためには、散らかる原因になる物(必要のないもの)を減らすということですね。

物を捨てようとするときに邪魔をするのは

  • 高かったのに(殆ど使っていないのに・・・)
  • もしかしたら(使うかもしれない・・・)
  • 貰ったものなのに(つかわないけど・・・)

みたいな物へ執着する気持ちです。

断捨離の正しい方法は、「7:5:1の法則」「2つの重要軸がぶれないようにする」ことなんですね。

今からお話しする7:5:1の法則と、2つの重要軸さえしっかり抑えていれば、きっと断捨離を成功させることができますよ。

 

やましたひでこさんの断捨離の7:5:1の法則とは

断捨離は正解がありません。いったいどれくらい物を減らせばいいのか。ということですよね。

断捨離は、空間に焦点に合わせます。限られている収納空間を、自分にとって必要で、心地よく・自分にふさわしいものだけで埋めていく。

やましたひでこさんの断捨離のガイドラインは「空間に対して、どこまで物を絞りこむか、どこまでモノを厳選できるか、どれだけモノを減らすことができるか。」とされています。

7:5:1の法則とは、収納空間の割合を示したものなんですね。収納空間を3つに分類して考えていきます。

 

収納空間その1.見えない収納

見えない収納とは、押入れやクローゼットなどを意味しています。

見えない収納スペースの割合は7:3

7割は物を収納するスペースです。3割の空間を残すことで、しまいやすく、取り出しやすくなります。

特にクローゼットの中のお洋服など、ギュウギュウにつまってしまっていませんか?

 

押入れやクローゼットの中に、何年も使っていないような物はありませんか?

断捨離の基本の考え方「自分軸・時間軸」を考えながら、物を厳選してみてくださいね。

 

収納空間その2.見える収納

見える収納とは、戸棚や食器棚、サイドボードなどですよね。

見える収納スペースの割合は5:5

もともと見える収納は、美しく見えるように収めることが大切なんですね。

5割の空間を作ることで、美しく見せることができます。

 

収納空間その3.見せる収納

見せる収納スペースの割合は1:9

見せる収納スペースは、9割を空間にすることで1割の物もオブジェのように見せることができます。

本来、見せるための収納スペースが、物置きになってしまっていませんか?

 

やましたひでこさん流・断捨離術は7:5:1の法則で物を入れ替えていきます。

 

7:5:1の割合で物を入れ替えるとすると、新しい物が入ってきたときは既に収納スペースに入っている物のうち、一番自分に必要でないもの、ふさわしくないものを手離していきます。

この7:5:1の法則を実践することで、収納の中のグレードがどんどん上がっていくんですね。

 

断捨離の重要軸その1.自分軸

断捨離を正しくするためには以下の3つの考え方がとても大切になります。

  • 自分にとって必要なものなのか
  • 自分にとってふさわしいものなのか
  • 自分にとって心地よいものなのか

物を捨てることができない人の特徴は、「モノ」に軸をおいている人なんですね。

モノを重要軸にすると

  • これは高かったから勿体ない
  • まだまだ使えるから勿体ない
  • これは人から貰ったものだから勿体ない
捨てることができない人の典型的な思考です。断捨離を成功させるためには、自分を重要軸においてみてください。

 

自分自身を重要軸にします。使えるかどうかではなく使うかどうかです。

 

断捨離の重要軸その2.時間軸

断捨離の重要軸の基本は「自分軸」でしたが、もうひとつ断捨離に重要なのが「時間軸」になります。

断捨離の時間軸は「現在」です

 

  • 過去に使っていたもの、でも現在は使っていないもの
  • 現在は使っていないけど、未来に使うかもしれないもの

断捨離の時間軸は現在なので、過去に使っていたもので現在使っていないものや、現在は使っていないものだけど、将来使うかもしれないものは、手離すモノということなるんですね。

必要のないものを捨てることで、モノへの執着が消え自分にとって必要なものばかりの空間は、とても心地よい空間へと大きく変化していきます。

 

断捨離が上手くいくコツ

断捨離の意味や方法は理解できても、いざ断捨離という行動に移すと、なかなかスムーズにいかないものです。

断捨離をし自分に快適な空間にするためには、ちょっとしたコツがあるようです。断捨離のコツをご紹介したいと思います。

 

断捨離のコツその1.小さい空間からはじめる

断捨離初心者は、まず小さい空間からはじめてみるといいですね。

例えば、小さい引き出しの中やお財布などもいいです。とにかくひとつの小さな空間から取り組むことで、断捨離のイメージをつかむことが出来ます。

無理に大きな空間、クローゼットや押入れなどからはじめてしまうと整理整頓しただけになってしまうことも多いので、小さな空間からはじめてみるといいですね。

7:5:1の法則や重要軸を思い出しながら、まずお財布の中の断捨離をしてみましょう。乱雑なお財布の中は流れが悪くなってお金が貯まらないっていいますからね。

 

断捨離のコツその2.今あるものを3つに分類する

まず今あるものを「使う」「捨てる」「残しておく」というように3つに分類していきます

しかし、断捨離をすると必ず困ったことが起きてしまいます。

使えるものは全て「残しておく」に分類してしまい、「残しておく」の箱の中がいっぱいになってしまうんですね。

断捨離の重要軸のことを思い出してください。重要軸は「自分と時間」です。

今の私にとって本当に必要なもの?という言葉を唱えながら選別していくことで、上手く分類することができます。

 

断捨離と同様「新しい片付け術」で注目されている近藤麻理恵さんは、「ときめく物だけを残す」と言われてますよね。

表現の仕方は少し違いますが、ときめく物=今の自分に必要なものということになりますよね。

重要軸という言葉が難しい人は、ときめく物という基準で断捨離をしてもいいかもしれませんね。

 

断捨離のコツその3. 仲間を作る

断捨離はとても孤独な作業になるので、断捨離仲間を作って一緒にチェレンジするといいですね。

身近に断捨離のお友達がいない場合は、ブログなどで自分の断捨離体験記を書き綴るのもいいかもしれません。

また、最近ではSNSなどを利用すると、断捨離をしている人を簡単に探すこともできますね。

 

断捨離をすると人生が変わる?断捨離の効果とは

断捨離はモノに対して、選択と決断を繰返し行う作業です。

はじめは、要るか・要らないかの決断をなかなかできず選別が難しいかもしれません。しかし、断捨離上級者になると、自分に必要なものと必要でないものの見極めができるようになってきます。

断捨離の基本は引き算の考え方ですから、物が入ってくる入口でも見極めができるようになります。

 

選別・決断ができる自分へと変化していきます。

選別・決断ができることによって、人生は意図的になり多感な人生へと変化していきます。

今までのなんとなくの人生から意図的な人生へと変化することで、付き合う人も変わってきます。

今の自分に必要な人と付き合うようになると言われています。

出会いは自分の人生を大きく左右することになりますからね。誰と付き合いをするかは、とても大切なことだと思います。

 

断捨離をはじめると、ご縁が変わるため

  • 結婚できたり
  • 就職が決まったり
  • 仕事が上手くいく
  • 離婚して新しい人生がスタートすることも

離婚という選択は一見マイナスなイメージがありますが、けしてマイナスなケースばかりではありません。

無駄使いが減り、お金が貯まる

物の入口を引き算するので、無駄使いもしなくなりますね。

 

結果、お金が貯まることになるのではないかな?と思います。

 

 

思考停止からの回復

これは、やましたひでこさんが言われていた言葉です。

断捨離をすることで感性が鋭くなるので、感覚麻痺や感性鈍感からも卒業することができます。

感性が豊かな人のまわりには、不思議と人が集まってきます。

感性が豊かになることで、これから先の人生を楽しく過ごすことができそうですね。

 

断捨離を実際に体験してみた感想

マンションに引っ越して1年になりますが、前のお家から持ってきた真っ赤なソファ。ずっと違和感を感じていたんです。

もともと余り好きな色じゃなかったんだけど「まぁこれでいいか。安いし引き出しもついてるし」って購入したソファーでした。

全く傷んでいないし、ソファーとしてはまだまだ使えるものでした。

でも自分のとって心地よいソファーではなかったんです。

思い切って手離すことにしました。

 

ダークな木目調の床に真っ白な壁の中に真っ白なテーブルの中で、調和を乱していた真っ赤なソファーを処分したことで、リビングの調和がとれ快適空間になりました。

空間がある部屋は、まるでモデルルームのようで心地いい理想的な空間へと生まれ変わりました。

 

そして次に気になっていたのがオフィスのテーブルとラック。

捨てるのも勿体ないしと、ガラス製の食卓テーブルを無理矢理改造したものでした。

捨てるのも勿体ないから、使っていたオフィステーブルだったんです。

使い勝手は悪かったテーブルを処分し、妥協しないで厳選しオフィステーブルを購入しました。

 

 

今は、とっても快適なオフィス空間になり仕事の効率もアップしました。

断捨離で私が感じたことは、自分が心地よい空間で生活することで、家にいる時間が楽しい時間へと変化するということですね。

自分にとって一番落ち着く空間になりました。

 

まとめ 執着が消えることで気持ちもスッキリする。

片付かない人のタイプは3つに分類されます。

  1. 現実逃避型・・・そもそも家にいないタイプ
  2. 過去執着型・・・過去の商品価値に捕らわれ、勿体ないと思ってしまうタイプ
  3. 未来不安型・・・将来使うかもしれないと、思ってしまうタイプ
自分の思考のクセを知ることで、断捨離がやりやすくなるかもしれません。

 

断捨離の基本的な考え方は

  • 7:5:1の収納の法則
  • 重要軸を自分軸・時間軸に合わせる

本当に今の自分にとって、必要なものなのか?と唱えながら、断捨離をしてみませんか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。