豆乳甘酒を毎朝1杯飲むだけで清水よし子の冬太り解消!【その原因Xにあり】

甘酒の画像0113-01

2017年11月13日よる7時から、その原因Xにありでは「冬太り解決!最新ダイエット」が放送されました。

おせち料理やお餅、お鍋に焼肉!お正月太り大丈夫ですか?

今回の最新ダイエットでは、スペシャルドリンク豆乳甘酒を毎朝飲むだけで代謝が上がりダイエット効果があるというものです。

甘酒ダイエットは、昨年くらいから話題になっているダイエット法ですよね。もしかしたら違うかもしれませんが、甘酒ダイエットというダイエット法もあるので、ご紹介したいと思います。

 

冬太りを解消!最新スペシャルドリンク豆乳甘酒

今回、ピンクの電話の清水よし子さんが豆乳甘酒ダイエットにチャレンジされました。

清水よし子さんは、冬になると太ってしまうそうです。冬太りで悩む女性は96%もいると言われています。

お正月太りという言葉があるように、冬は太りやすい季節と勘違いしている人も多いかもしれませんが、実は気温が最も低い冬こそ痩せやすい季節なんですね。

代謝とは、生命を維持するために筋肉や内臓を動かしたり、体温を保つために使われるエネルギーを消費すること。この代謝が季節によって変化し、最も寒くなる12月~1月は代謝量がアップします。

寒い冬はエネルギーを消費し脂肪も燃やしやすいということなんですね。

冬太りの原因のひとつは、暖房生活による代謝の低下にあるんですね。1日中、暖房に頼りっきりの生活によって、本来痩せやすいはずが痩せにくくなってしまっています。

 

そのままの生活で代謝を上げる方法

とはいうものの、部屋の中が寒いままでは嫌ですよね。そのままの生活で代謝を上げる方法があるようです。

そもそも代謝は3つの種類があります。

3つの代謝

  1. 基礎代謝
  2. 運動による代謝
  3. 食事による代謝

基礎代謝とは、生命を維持するためのエネルギー消費

運動代謝とは生活活動代謝と呼ばれ、家事など生活の中でからだを動かすことも含む代謝量

食事による代謝は、食事誘導性熱代謝と呼ばれ、食べる働きである消化・吸収・分解などでエネルギーを消費するんですね。

食事をすると食後2時間までエネルギー量が上がり、食事をするだけでも代謝がアップするそうです。

 

豆乳甘酒を飲んで代謝アップ!

今回の豆乳甘酒ダイエットは、朝食を豆乳甘酒に置き換えるダイエット法です。

豆乳甘酒とは、無調整豆乳と米麹の甘酒を混ぜ合わせた物。

作り方は、無調整豆乳130ml+米麹甘酒大さじ3杯を加え、500Wの電子レンジで1分30秒温めるだけで完成です![/su_note]

甘酒の原料は2種類あり、酒粕に砂糖を加えて作られたものと、米麹で作られたものがあるのですが、甘酒ダイエットを行う際には、米麹で作られた甘酒を選ぶことがポイントになります。

米麹が減量の甘酒は、お米に含まれるデンプンを糖化させて甘みをつけるため低カロリーなんですね。

豆乳と甘酒を組み合わせることで、からだの代謝システムが効率よく働きます。

 

豆乳のダイエット効果

豆乳に豊富に含まれるたんぱく質は、エネルギーになる栄養素の中でも効率よく食事による代謝を上げてくれるんですね。

しかも豆乳に含まれるたんぱく質は植物性なので、動物性たんぱく質と比較するとコレステロールがゼロで、低カロリーなのでヘルシーに代謝を上げることができます。

そして、この豆乳のたんぱく質による代謝をよりパワーアップさせるのが、ブドウ糖なんですね。

糖類の中で脳のエネルギー源になるのはブドウ糖だけで、ブドウ糖は素早く体内に吸収され、すぐに脳まで届くのが特徴です。脳が活性化されることによって脳が代謝の指令を的確に出せるようになります。

そのブドウ糖が多く含まれているのが、甘酒なんですね。中でも米麹の甘酒は、ノンアルコールで栄養価が高い発酵食品のひとつです。 

甘酒は飲む点滴と呼ばれるくらい栄養価の高い飲み物です。甘酒は栄養価が高く低カロリーなため、ダイエットにはとっても適している飲み物なんですね。

米麹が原料の甘酒の栄養素

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • アミノ酸
  • 酵素
  • ブドウ糖
  • システイン
  • アルギニン
  • 食物繊維
  • オリゴ糖

では、実際の甘酒のダイエット効果を見ていきましょう。

甘酒のダイエット効果その1. 代謝をアップ!脂肪燃焼効果

甘酒に含まれるビタミンB・アミノ酸・酵素は、代謝をアップさせる効果があります。

  • ビタミンB群・・・炭水化物などの糖質をエネルギーへと変化させる
  • アミノ酸・・・血液中の中性脂肪やコレステロールを抑制し血液をサラサラに
  • 酵素・・・からだに溜まった脂肪を燃焼する 

甘酒のダイエット効果その2. 腸内環境を改善し便秘解消

甘酒の栄養素を見るとわかりますが、腸内環境改善には欠かせない食物繊維とオリゴ糖を豊富に含んでいます。

また、甘酒には植物性乳酸菌も含まれているため、腸内環境によいとされる3大成分、乳酸菌・食物繊維・オリゴ糖が含まれています。

便秘はダイエットを阻害する大敵ですからね。

清水よし子さんが、番組予告の中で「全然入らなかったお洋服がるユルユルになったんです。ウソのようです!」とウエストまわりが細くなったと言われていましたよね。

おそらく便秘なども解消されたのではないかと思います。

甘酒のダイエット効果その3. 満腹感を得ることができる

甘酒にはブドウ糖が含まれているため、満腹感を得ることができます。ブドウ糖が体内に入ることで血糖値が上がることによって満腹感を得ることができるんですね。

ただし、食事の前に甘酒を飲むと血糖値が上がってしまうため逆効果になってしまうので、あくまでも甘酒ダイエットの場合は食事の置き換えが必要ということですね。

清水よし子は豆乳甘酒ダイエットで本当に痩せた?その効果は?

ダイエットに効果がある、豆乳と甘酒ですが、その2つの豆乳甘酒の効果を最大限に生かすには飲むタイミングが大切なんですね。

朝にたんぱく質を摂ることで代謝が上がり体温も上がります。1日の最初である朝食から豆乳甘酒でスムーズに代謝を上げてあげることが、1日を通して代謝が高い状態をキープすることに繋がります。

 

豆乳甘酒ダイエットの方法、そして結果は?

豆乳ダイエット検証ルール

  • 朝食の主食であるトーストやごはんを、豆乳甘酒1杯に置き換える。
  • 期間は15日

清水よし子さん(58歳)と一般被験者3名で検証しました。

  清水よし子(58) 宮内鈴(31) 日下部香(45) 長山千草(39)
身長 162.3cm 157.2cm 159.8cm 157.3cm
体重 60.9kg 59.2kg 69.9kg 69.1kg 68.8kg 66.9kg 48.9kg 48.7kg
体脂肪率 31.5%   37.5% 37.2% 32.8% 32.9% 22.7% 21.6%
腹囲 95cm 92cm 91cm 89cm 95cm 92cm 75cm 71.5cm
検証した4名全ての人が、体重・腹囲が減りました。

 

この体重の変化は誤差の範囲と思わなくもないですが、ウエストサイズが全員3cmくらい細くなっているので、ポッコリお腹解消になるかもしれませんね。

甘酒はダイエットだけでなく、美肌効果もあるのでぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

家庭でも簡単に作れる甘酒の作り方

甘酒はステンレスボトルで簡単に作ることができます。

甘酒の材料
ごはん 200g 米麹 200g
600cc    
  1. ステンレスボトルに熱湯を注ぎ、あらかじめ温めておきます。
  2. 鍋にご飯を入れ、水を加え60度まで加熱し火を止める
  3. 米麹を加え、火にかける
  4. 温度計で計りながら60度になったら、すぐ火を止める
  5. ①のステンレスボトルのお湯を捨て④を入れボトルの蓋をしっかりしめる
  6. ⑤を暖かい場所に置き、10時間~12時間そのまま発酵させる
  7. 発酵さえたら、ビンなどの移し替え冷蔵庫で保存する

※63度以上になると麹菌が死んでしまうので要注意!
※ステンレスボトルに入れたときの温度が60度以下になると発酵しないので温度計でしっかり計測してくださいね。

甘酒を作るの面倒!そんな方は、市販でも米糀から作った甘酒を購入することができますよ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。