臓器別ダイエットで痩せられる!らっきょスムージーで脂肪燃焼効果UP【林修の今でしょ講座】

メジャー0622-000

imp6月21日7:00~放送された【林修の今でしょ!講座】見ましたか?

今回放送されたのは、ダイエットの情報ですが、今まで聞いたことない臓器別ダイエット法を紹介していました。

 

夏までに痩せたい!いろいろなダイエットを体験してきたけど、痩せれない!そんな方は必見!最新ダイエット情報ですよ。

今回は、実際に15キロのダイエットに成功した名医 池谷敏郎医師が教える医学的ダイエットです。

 

臓器の仕組みを利用して痩せるダイエット法は、医師だけが知っている痩せるための方程式なんですね。

もう夏は目の前です!医学的に立証された【臓器別ダイエット法】をしっかりマスターして、夏までに痩せちゃいましょう。

 

夏までに痩せたい方必見!最新・臓器別ダイエット法

臓器別ダイエット法は、今日から簡単にスタートできるものばかりなので、しっかりマスターして夏までにスリムボディーを手に入れましょう。

今回の臓器別ダイエットは、4つの臓器をコントロールして痩せるダイエット法です。

からだの仕組みを知ることで、簡単にダイエットに成功することができるんですね。

 

胃とダイエットとの関係~食欲をコントロール~

胃とは食欲をコントロールする臓器なんですね。胃のメカニズムを知って食欲をコントロールすることができれば効率よくダイエットすることができるというもの。

確かに食べると太るんだし、食欲をコントロールできれば痩せることができる。理に適っていますよね。

 

胃の特性を利用したダイエット法で、胃の一部を切除して痩せる方法がありますよね。胃の一部を切除すると、どうして痩せるのでしょう?

胃を切ると痩せる最大の2つの理由

  • 胃袋全体が小さくなったことで食べ物が余り入らなくなる
  • 食欲増進ホルモンが出なくなる。

胃の一部を切除するのですから食べる量が少なくなるのは当然のことですが、注目すべき点は胃を一部切除することで胃からでる食欲ホルモン【グレリン】の量が減ることなんですね。

食欲を増進させるのは、グレリンというホルモンの存在が関わっています。胃からグレリンが分泌されると脳の接触中枢を刺激して食欲が出てくるという仕組みになっているんですね。

そっか!そしたら胃を切除しればいいのか…そんなワケには行きませんよね。

 

胃のメカニズムを知ることで、まるで胃を切除したかのように食欲増進ホルモンの分泌を抑えられる方法があるそうです。

 

食欲を増進させるホルモン【グレリン】を出しにくくする方法とは

食欲ホルモンのカギとなるのは、睡眠時間なんですね。

睡眠時間7~8時間が最もグレリンが出にくいと言われています。

胃から出る食欲ホルモングレリンは睡眠時間が短いほど増え、睡眠時間7~8時間が最も少ないと言われています。

睡眠とダイエットは深く関係し、睡眠不足になると食欲ホルモンがどんどん分泌されるんですね。

 

睡眠時間と食欲の関係が明らかになって、さらにこんなことにわかりました。

睡眠が7~9時間に比べ、睡眠4時間以下は肥満率73%アップ

睡眠不足になると

  • 食欲ホルモン【グレリン】が増える
  • 長い時間起きているので食べる
  • 次の日は運動もしづらい。
この事実を踏まえて、胃のメカニズムを利用するダイエット法は睡眠時間7~8時間にしましょう。

 

脳とダイエットとの関係~リバウンドのスイッチ~

なんと脳にはダイエットのスイッチがあるそうですよ。脳内の仕組みを知ることで、リバウンドを防ぐことができるようになります。

誰もが経験のあるリバウンドですが、実は脳がもつある機能がリバウンドするかどうかに大きく影響をしています。

リバウンドを防ぐことはダイエットにおいて最大のポイントですよね。

 

脳ダイエットのポイントは、脳内に備わったリバウンドのスイッチを押さないこと!

 

リバウンドを繰返している人必見!!脳のメカニズムを利用したダイエット法

そもそもリバウンドのスイッチは、なぜ入るのか分かりますか?

リバウンドの原因は、脳が倹約モードに切り替わるからなんですね。

からだに溜めていたエネルギー源が少なくなると、脳はこのままではエネルギーがなくなってしまうと大変なことになる!と判断してエネルギー源が少なくて活動できるように、からだを倹約モードにスイッチを入れてしまいます。

人間が今ほど食べ物が手に入らなかった時代に、溜めておいたエネルギー源が減ると、余りエネルギーを使わなくても生きていけるように、からだに切り替えるスイッチを備えてきたんですね。

からだの仕組みを考えると、太る・停滞期・リバウンドは非常に密接に繋がっているんですよ。

 

人間は活動するために必要なエネルギーを摂りますが、通常の3割減の食事制限をするとからだの中では、生きていくためには100のエネルギーが必要になるため、足りないエネルギーは体内の脂肪から補充して1日を過ごします。

そうすると脂肪が減り痩せていくのですが、急激に体内の脂肪が減ると倹約モードに切り替わってしまいます。

倹約モードのスイッチの切り替えのタイミングは、1ヶ月で体重の5%痩せるとスイッチが切り替わると言われています。

倹約モードに変わる目安(1ヶ月で)

体重50Kg 2.5Kg減量
体重60Kg 3Kg減量
体重70Kg 3.5Kg減量

1ヶ月に体重の5%以上痩せるダイエットをすると倹約モードに変わるので注意が必要です。

ということは、効率よくダイエットをするためには、1ヶ月間に絞る体重は体重の5%以下ということですね。

 

徐々に落としているときは倹約モードに変わらないのがポイントになります。

 

脳が倹約モードに切り替わってしまうとどうなるの?

ダイエット中に頑張って食事制限をしたとき、調子よく体重が落ちてきたと思っていたら、突然体重が減らない停滞期になることがありますよね。

停滞期の仕組みは、通常1日過ごすのに必要な100のエネルギーが必要だったものが倹約モードになり70になってしまうと、続けて食事制限をしたとしてもダイエット効果がなくなってしまいます。

この状態がダイエットの停滞期なんですね。

倹約モードは一度切り替わると1ヶ月程、もどらないことが分かっています。1ヵ月も体重が減らないとダイエットを諦めてしまった人も多いと思います。

この倹約モードの時に食事制限を止めてしまうと、70の倹約モードにからだがなっているので100の食事に戻すことで30が脂肪になってしまいます。これがリバウンドなんですね。

停滞期にダイエット前と同じ食事に戻すとリバウンドしてしまい、更に太ってしまうんですね。

 

脳が倹約モードになると、いとも簡単にリバウンドしてしまいます。

 

リバウンドのスイッチを入れないポイント

リバウンドのスイッチを入れさせないためには、脳に満腹だとしっかり感じさせることポイントです。

どうすれば上手く脳をだまして満腹だと感じさせることができると思いますか?

 

脳のメカニズムを利用したダイエットその1. 食事の15分前にガムを噛む

実は脳は咀嚼によって満腹中枢が刺激されます。

人間の脳は顎を使って噛むことによって約15分~20分後に、ヒスタミンというホルモンが分泌され満腹中枢を刺激されることがわかっています。

15分~20分噛み続けていれば、満腹感を早めに引き出すことがでリバウンドを防ぐ効果があります。

これはガムでなくても噛みごたえのあるものならOKですよ。するめとかもいいですね。

 

実は私は昨年10キロのダイエットに成功しましたが、よくあたりめを噛んで空腹をしのいでました。あたりめは塩分を多く含むので、このような塩分のないものがいいですね。

 

脳のメカニズムを利用したダイエットその2. 小さい皿で満腹度アップ

料理をのせるお皿を小さくする。脳の錯視(デルブーフ錯視)を利用した裏技になります。

小さいお皿に料理をのせた方が料理が大きく見えるんですね。おかずだけではなくご飯も同じなんですよ。小さめのお茶碗に山盛りに入れると沢山食べたような感じになる。

人間の錯覚を利用した方法ですね。

 

これは、ちょっと実践しみる価値がありそうですが、個人的には大きなお皿にお料理を盛り付けた方が、美味しそうに見えるんですけどね・・・

ダイエット中だけは、小さなお皿にギュウギュウに乗せるといいかもしれませんね。

 

腸とダイエットとの関係~お腹をヘコませる~

お腹ぽっこりに腸が関わっています。

ポイントは腸のまわりにあるくびれ筋。くびれ筋をストレッチすることで、ぐっと引き締まったウエストになるんですね。

薄着の季節になるとポッコリお腹が気になる!という人も多いですよね。くびれ筋のストレッチをマスターして引き締まったウエストを手に入れましょう。

 

ポッコリお腹の原因

  • お腹についた脂肪
  • 腸自体が前にせり出している

ポッコリお腹の原因は、腸を包んでいる筋肉が緩んでしまっていることが原因になっています。しかし、筋肉を鍛えてあげればポッコリお腹は防ぐことができます。

男性よりも女性の方がポッコリお腹になりやすいのは、女性の方が筋肉が少ないからだったんですね。

 

腸がせり出しているポッコリお腹を防ぐポイント

腸腰筋は、背骨と脚をつなぎ合わせているからだの奥にある筋肉で、意識して動かすことが非常に難しい筋肉なんですね。

しかし、この腸腰筋は現代人のダイエットのカギを握る最重要な筋肉です。

この腸腰筋が衰えると猫背になりお腹が出てしまいます。逆に鍛えれば腸を包み込みお腹がへこみくびれができ、猫背も治ってスタイルがよくなります。

 

腸腰筋を鍛える運動その1. ゾンビ座り

お腹をへこませ、ウエストのくびれをつくる運動を紹介しますね。やり方はとっても簡単ですよ。

食事の2時間後にゾンビ座り

  • 椅子に浅く座り足を肩幅くらい広げる
  • 背筋を伸ばしお腹をへこませて手を前にあげる
  • 息を吐きながら5秒間、頭を下げながら背中を丸める
  • 戻るときは5秒かけて息を吸いながら行う
この運動を3回行いますよ。

ゾンビ座りのポイント

  • 背中を丸める時には、おへそを覗き込むようなイメージ
  • この動作をゆっくりする。

ゆっくりとゾンビ座りを行うことで腸腰筋をより刺激することができます。早くするとからだの外側の筋肉を使っていまうので、ゆっくりすることがポイントです。

 

腸腰筋を鍛える運動その2. 5秒足踏み

ゾンビ座り+5秒足踏みで、更にお腹をへこます時間が短縮され効果がアップすることができます。

5秒足踏みの方法

  • 椅子に深く腰をかけ膝を90度に曲げる
  • お腹を少しへこます感じで、片足を5秒かけてゆっくり上げて5秒で下ろす

5秒足踏みのポイント

  • 椅子に深く座り足は90度に曲げる。
  • ゆっくりと行うこと
筋肉の材料となるたんぱく質を食べると、エネルギーを効率よく消費して活用できるのは食後2時間後ですよ。

 

空腹の時にしてしまうと、筋肉をエネルギーに分解して使ってしまう可能性があるので、食後2時間にするのが効果的です。

 

胆のうとダイエットとの関係~脂肪燃焼の秘密兵器~

胆のうとは、脂肪の分解・吸収を手助けする胆汁を貯蔵する倉庫のような臓器ですが、この小さな臓器がダイエットの強力な味方になることが最新研究で明らかになりました。

ダイエット界の最新ニュース「胆のうに溜められている胆汁が脂肪の燃焼に大きな影響を及ぼしている」ことは、最高峰の科学誌「ネイチャー」で発表されました。

 

胆のうの大きさは子供の握り拳くらいの大きさですが、胆汁は食後に体内を巡って食べた油を分解し、その油を腸で吸収してエネルギーの材料として使えるようにしています。

最新の研究によって、胆汁が脂肪燃焼を促進する働きをもつということが明らかになりました。

胆汁は脂肪燃焼の現場監督的存在で胆汁が体内の各細胞のミトコンドリアに脂肪を燃やしてエネルギーをつくる指令を出してることが分かったんですね。

 

胆汁は脂肪燃焼の現場監督的存在

胆汁は単に脂肪を吸収しやすくするだけでなく、脂肪を燃焼の現場監督的存在だということですが・・・

じゃ~胆汁の量を増やせばいいんだ!と思いますよね。

 

しかし、わたしたち人間の胆汁の量が増やすことができません。

胆汁は体内を巡った後に肝臓に戻ってくるんですね。そして胆汁となって再利用されていき、体内の胆汁の量はほぼ一定で、増えません。

 

胆汁を効率良くする方法

胆汁を効率よくする方法は、古い胆汁を排出し新しい胆汁を作ること。

胆汁が捨てられる場所は便の中なんですね。便の茶色い色は、胆汁の色なんですよ。胆汁がなくなるとわたしたちの便の色は白色になってしまうんです。

1回の排便で体内の胆汁の約5%が排出され、その分5%の新しい胆汁が作られ補充される仕組みがあります。

要するに便秘を解消し古い胆汁を排出することで、脂肪燃焼の効率を上げると期待できるんですね。

 

古い胆汁をどんどん排出するための食品 水溶性食物繊維を含む野菜

水溶性食物繊維は、便を柔らかくして胆汁をスムーズ排出しやすく手助けをしてくれます。

水溶性食物繊維が豊富に含まれる食べ物といえば、「ごぼう」ですが、ごぼうの約8倍も水溶食物繊維を含む食品があるんです!

下の表を見てみると・・・

水溶性食物繊維の含有量比較(可食部100g)
キャベツ 0.4g
大根 0.5g
ごぼう 2.3g
らっきょ 18.6g
らっきょって水溶性食物繊維が豊富なんですね。あまり知られていないかもしれませんね。

 

じゃ~、酢漬けのらっきょを食べないと!と思った人!ちょっと待ってくださいね。

水溶性食物繊維は水に溶けやすいので、らっきょは酢などに漬けずに生で食べるのがおすすめ。

 

水溶性食物繊維を効率的に摂る、らっきょスムージー

らっきょスムージーの材料
らっきょ 3粒
りんご 100g
レモン汁 大さじ1
はちみつ 大さじ1
水+氷 100g
スタジオの反応はイマイチでしたね…らっきょの味のスムージですからね。

 

いくら便秘によいからといっても美味しくない、らっきょのスムージは飲みたくないですよね。

めっちゃ頑固な便秘の人には、すごく効果のある乳酸菌サプリをご紹介します。私が毎日飲んでいるサプリですが、感動しますよ!もう3年以上続けて飲んでいるサプリです。

1包中にヨーグルト100個分の高機能乳酸菌が入った乳酸菌サプリなんですが、便秘解消はもちろんだけど、ダイエット効果もあるから絶対におすすめですよ。

でもドラックストアとかで買えないのが難点なんですよね…通販でしか買えません。気になる人は、公式ページを見てくださいね~⇒乳酸菌専門店の乳酸菌サプリ公式ページ

 

まとめ からだの仕組みを知ることで簡単にダイエットすることができる

特別なことをしなくても、からだの仕組みを知ることで簡単にダイエットを成功させることができそうですね。

  • 胃のメカニズムを知り食欲をコントロールする
  • 脳のメカニズムを知りリバウンドを防ぐ
  • 腸のまわりの腸腰筋を鍛えてポッコリお腹を改善
  • 胆のうのメカニズムを知り効率よく脂肪を燃焼させる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。