辛い四十肩・五十肩の症状がたった3日で改善!その治し方教えます!

四十肩の女性の画像

私は47歳のとき、肩関節周囲炎と診断されました。肩関節周囲炎というと聞き馴染みがありませんが、四十肩・五十肩ならよく知られていますよね。

40代に発症すると四十肩、50代に発症すると五十肩と呼ぶみたいですね。起こる症状は殆ど同じなので対処法は共通になると思います。

ただ、四十肩や五十肩の原因は明らかになっておらず治療法が確立されていません。私も病院の治療や薬を処方して頂きましたが気休め程度で、症状が改善されることはありませんでした。

四十肩や五十肩は「急性期」と「慢性期」に分けられ、激痛を伴う急性期は安静が第一。慢性期にはリハビリをしながら自然と改善されるのを待つというのが一般的です。

四十肩のなんとも言えないダルさと激痛は寝ている間も続きます。少しでも楽になるならとインターネットで調べている人も多いと思いますが、どの情報も似たり寄ったり。

それでもインターネットで調べまくり、四十肩に効果があるストレッチやサプリメントなどを試しても殆ど改善されることはありませんでした。

半ば諦めていたとき主人に言われた通りにしただけで、四十肩の症状がたった3日で痛みが嘘のように消えてしまいました。

あれだけ辛かった痛みが、たった3日で治ってしまったのか?今でも不思議です。

 

これから、実際にわたしの四十肩が3日で治った体験の全てをご紹介します。

 

四十肩の症状が改善された3つの方法【体験談】

四十肩の前兆から約3ヶ月、病院で処方された薬は効果がなく、少しでも症状が緩和される方法はないかと模索する毎日でした。

  • グルコサミン
  • コンドロイチン
  • 湿布薬・塗るタイプの外用薬
  • サポーター
  • ストレッチ
  • 温める
  • 冷やす

とにかく「四十肩が治る」と書かれている情報を片っ端から試しました。

もちろん病院の薬も飲みましたが、全く効果なし・・・新しい方法を見つける度に「今回は四十肩が楽になるかもしれない!治るかもしれない!」と期待して試してみるのですが効果なし・・・。

とにかく少しでも症状が良くなるなら、何でもいい!藁にもすがる思いでした。

 

四十肩になった人なら分かって貰えると思いますが、少しでも四十肩の症状が改善される可能性があるなら、どんなこともでも試してみたい!と思いますよね。

本当に効果があった3つの方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

 

四十肩の痛みが緩和されたプロテオグリカン配合サプリメント

関節痛みの原因は、関節の軟骨が擦り減ってしまうことですよね。全く知識がなかった私は、軟骨成分は「グルコサミン」や「コンドロイチン」だと思っていました。

テレビのCMでも紹介されているし、「四十肩改善 サプリ」で検索すると、必ずグルコサミンやコンドロイチンが紹介されています。

グルコサミンやコンドロイチンを飲めば、少しは症状が緩和されるかもしれないと5種類のサプリを試しましたが、どれも気休め程度。薬でも改善されないのにサプリで症状が治まるわけがありませんよね。

しかし、色々と調べていくうちに、関節痛の痛みが緩和されると思っていたグルコサミンは、軟骨成分のプロテオグリカンに含まれる、ごく一部の部品にしか過ぎないということを知りました。

グルコサミンやコンドロイチンを飲んでも効果がないのは当然のことなんですね。

関節痛を改善するために必要なのは“プロテオグリカン”です。プロテオグリカンこそが大切な軟骨成分そのものということです

もし、グルコサミンやコンドロイチンを飲んでいても効果ない!と感じている方は、プロテオグリカンが含有されているサプリメントを試してみてください。

わたしが一番、効果を感じたサプリは北国の恵みという”極生プロテオグリカン”と”非変性Ⅱ型コラーゲン”が配合されたサプリです。

既にグルコサミンやコンドロイチンのサプリを試していたので、明らかに効果の違いを感じることができました。取りあえず10日分を注文したのですが、すぐに定期便で再購入しました。

1007-02

10日分は480円で試すことができます。送料もかからないので試してみる価値はあると思います。

北国の恵み公式ページはこちらから確認することができます

四十肩の痛みが緩和されたブラックシリカ配合・肩サポーター

肩サポーターで痛みがなくなったわけではありませんが、寝ている間も肩の痛みで何度も目が覚めていたのですが、寝ている間に目が覚めることがなくなりました。

痛みで目が覚め睡眠不足になることが無くなっただけでも、からだが楽になりました。

四十肩のことは色々と調べていましたので、急性期で炎症を起こし患部が熱を持っている場合は冷やす、慢性期になると温めると痛みが緩和されるのは知っていました。

肩を冷やさないように肩まで布団をかぶっていても、夏場だったので寝ている間に布団を蹴飛ばしていて肩が冷えていたんですね。

肩が冷えると痛みが強くなり目が覚めてしまっていたのだと思います。

膝用や肘用のサポーターはドラッグストアで取扱いがあるのですが、肩用のサポーターは意外と取扱いがなくインターネットで探して購入しました。

整形外科で販売されていますが、5,000円くらいしますが、インターネットで買った方が断然安く購入することができます。

遠赤外線を放射する鉱石「ブラックシリカ」がついているサポーターで、痛みが緩和されました。わたしのように肩にも痛みがある方は、肩用サポーターを試してみるといいかもしれません。

 

たった3日で四十肩・五十肩の痛みが消えた!健康棒ツボ押し

これからご紹介する方法は、あくまでもわたしの四十肩の症状が3日で改善した体験談です。全ての人に同じ効果があるわけではないので、その点だけご理解ください。

3ヶ月苦しみ続けた四十肩の痛みが、たった3日で解決したのは、主人とこの健康棒のお陰です。
健康棒

この健康棒は、知人からいただいた”日本健康増進研究会”の健康棒ですが、健康棒の使い方は、ひょうたん型のくぼんだ部分に背骨をあて、軽くコロコロ転がすようにして使います。

知人から聞いたのは、内臓疾患がある人は背骨を軽くコロコロするだけで痛みを感じるそうです。痛い部分をコロコロすると内臓疾患も改善するという健康棒です。

内臓疾患が改善するかどうかは分かりませんが、このように説明を受けました。

3ヶ月の間「肩が痛い」「腕が上がらない」「腕がだるい」と言い続けていたわけですが、ある日主人が、こんなことを言ったんです。

主人
痛みの原因が分からんから、取り合えず四十肩という病名をつけているだけ!俺のこと信じるなら治してやる!!
この痛みとだるさが治るなら、どんなこともでもします!
主人
肩の神経は肩甲骨まわりが影響していることが多いから、健康棒で肩甲骨まわりを押してやったら良くなる。

こんなやり取りがあり、健康棒をつかった四十肩の荒治療がはじまりました。

四十肩(五十肩)を3日で治した健康棒治療のやり方

健康棒ストレッチ
  • 仰向けなって健康棒を肩甲骨部分にあてる
  • この状態でお尻と肩をあげる
  • 軽くコロコロする感じで肩甲骨まわりのツボを刺激します

はじめて試したときは、右腕にピーンと痛みが走りました。

しかし、この健康棒をつかった荒治療は、すぐに効果を実感することができました。

健康棒治療の経過

【1日目】肩甲骨に健康棒をあてるだけで激痛が走り、コロコロすることができず肩甲骨まわりを軽く押すこともできない。

しかし効果が1日目から感じることができました。肩がすごく楽に!どうして??という感じでした。

【2日目】肩甲骨に健康棒をあてると痛みはあるものの、軽くコロコロできるようになる。

腕を上げることができませんでしたが、普通にしていたら痛みを感じなくなりました。

【3日目】肩甲骨に健康棒をあてると少し痛みがあるけれど、普通に健康棒でコロコロできるようになる。

3日目には腕も少しあげることができるようになり、自分で脱衣ができるようになりました。3日目には痛みは殆ど改善されていました。

ツボ押しは即効性があるとは聞いたことがありましたが、あれだけ辛かった四十肩の症状が、たった3日で改善するとは夢にも思っていませんでした。今でも不思議です。

そこで、四十肩(五十肩)のツボが、実際に肩甲骨周りに存在するのか?と調べてみました。

四十肩(五十肩)の効果のあるツボ

四十肩(五十肩)に効果的と言われているツボは、いくつか存在するようですが、肩甲骨周りにも四十肩(五十肩)の効果的なツボがありました。

膈兪(かくゆ)と、天宗(てんそう)というツボです。

肩甲骨のツボの図

肩甲骨周りにある膈兪というツボは、左右の肩甲骨の下の部分を結んだ線上にあり背骨から外側に指二本分の左右にあります。

膈兪のツボは、血流をスムーズにするツボで四十肩・五十肩をはじめ、肩こりなどにも効果があるツボと言われています。

肩甲骨周りにある天宗というツボは、左右の肩甲骨の中央にあり、肩の動きに深く関係するツボと言われています。

私が健康棒でツボ押していた部分は、四十肩や五十肩に効果があるツボだったのかもしれませんね。

但し、健康棒で肩甲骨まわりのツボを押すとき激痛ですし、ツボを刺激することで痛みが緩和される保証もありません。

しかし、少しでも症状が改善される可能性があるなら、ぜひ試してみたい!そんな方のために、私が使った健康棒は一般販売されていなかったので、同じような健康棒がないか探してみると発見!!

早速、わたし用に購入してみました。これが実物です。主人が使用している健康棒と比較すると、少し小さめですが、しっかりツボも押すことができました。

健康棒

主人は健康棒で頸椎損傷からくる指先の痺れが改善

主人が自信満々で、健康棒でわたしの四十肩が治る!と断言できたことには理由がありました。

主人は32歳の時、スノーボードをしていた時に頭から突っ込み転倒!その時、首の頸椎を損傷し2週間くらい体が痺れて全く動かなくなりました。

その後のリハビリで日常生活ができるまで改善しましたが、からだの痺れがなくなるまで3年以上かかり、指先の痺れはずっと残ったままでした。

しかし、この健康棒で肩甲骨まわりを毎日コロコロしていたら、指先の痺れが完全に改善されていたのです。

病院の先生から「指先の痺れは、首の頸椎を損傷したので一生残るかもしれない。」と言われていたので奇跡的ですよね。

ここまでは私の四十肩が治った方法を紹介しましたが、治療法を色々と調べていると同時に、四十肩や五十肩についても調べ尽くすくらい調べまくりました。

せっかくなので、四十肩の症状や原因についても紹介していきたいと思います。一般的な症状の流れを知ることで少しは気持ちも楽になるかもしれません。

 

四十肩(五十肩)の症状

四十肩や五十肩と診断されても、その症状は個人差があります。同じ病名でも、その人によって原因も異なり症状も違って当然ですよね。

まず一般的な四十肩・五十肩の症状について簡単に説明していきます。

四十肩・五十肩はの症状は、急性期慢性期回復期というように症状が進んでいくと言われています。では、具体的にどのような症状が起きるのか順番に説明していきますね。

 

四十肩(五十肩)の症状は急性期からはじまる

四十肩(五十肩)の症状は、徐々に痛みが強くなってくるのではなく、不意に腕を動かしたときに激痛を感じ発症します。

わたしの場合は、四十肩を発症する少し前から右腕に違和感を感じていましたが、一般的には腕を不意に動かしたとき激痛から症状がはじまることが多いようです。

このように四十肩(五十肩)の多くは急性期からはじまり、動かしたときにだけ激痛を感じていた痛みは、動かさなくても肩と腕がうずくように痛みだし、夜間痛によって睡眠不足になる人も少なくありません。

わたしも、肩から腕にかけてダルさと痛みで眠れない日が何日も続きました。

 

四十肩・五十肩の急性期は、無理をせずできるだけ安静に過ごしましょう。

 

四十肩(五十肩)の症状 慢性期を経て回復期へ

四十肩(五十肩)は慢性期になると、激しい痛みは治まりますが肩と腕を動かす範囲が制限されます。

この症状は、肩関節拘縮と呼ばれる運動障害で、肩や腕を動かしづらくなります。

慢性期は半年~1年続くことが多いので、この時期にストレッチなどを行うようにすることで、肩関節拘縮が改善され回復期へと進んでいきます。

このように通常は、四十肩・五十肩の症状が改善されるまで半年~1年かかると言われています。

 

ここまでの四十肩(五十肩)の症状は、一般的な痛みの症状です。どのような病気でも同じですが、病名は同じでも起こる症状はさまざまです。

ここからは、わたしが実際に経験した四十肩の症状です。少しでも参考になれば幸いです。

 

私が47歳のときに実際に体験した四十肩の症状

わたしの場合は、一般的な四十肩の症状とは異なり、四十肩の前兆のような症状からはじまりました。その症状は治まることなく、日にちというより時間単位で症状が悪化していきました。

 

四十肩の前兆

四十肩の前兆を感じはじめたのは、47歳の7月頃でした。その頃のわたしは、デスクワークの仕事をしていたため、ほぼ1日中パソコンの前に座って仕事をしていました。

特に痛みは感じていませんでしが、とにかく右腕がだるく「マウスを持っているせいかな?疲れが溜まっているのかな?」と思う程度で、特に気にするような症状ではありませんでした。

後になって「左腕のダルさ」は、四十肩の前兆だと分かりました。

 

四十肩の急性期の症状

右腕のダルさは、日を追うごとに酷くなり腕を常にさすっていないと辛い状態になっていました。

ここまでは、自分の症状が四十肩の症状とは思いもしませんでした。腕のダルさを感じるようになって数日後、突然、肩から右腕に激痛が走りました。

7月下旬頃には、“肩から右腕の激痛”“右腕のダルさ”で夜も眠れない、夜間痛で睡眠不足の状態になっていました。

この時期は、右腕を動かくと激痛が走るため、関節痛用の湿布や塗り薬を使っていましたが、全く効果はありませんでした。

 

四十肩の前兆から約1ヶ月後、整形外科を受診し“肩関節周囲炎”と診断される。

肩関節周囲炎とは四十肩や五十肩のことですね。痛みが酷かったため鎮痛剤を処方してもらいましたが、全く効果はありませんでした。

 

四十肩の慢性期の症状

8月中旬頃には、ダルさは少し緩和され動かさなければ痛み緩和されたのですが、新たな四十肩の慢性期の症状で辛い毎日を送るようになりました。

  • 右腕を上げると激痛が走り、脱衣が困難になる
  • 寝返りを打つと激痛が走り、何度も目が覚める
  • 常に肩が重く、吐き気に悩まされる
このような状態が2ヶ月以上続きました。この時、少しでも四十肩の症状が緩和される方法がないか調べて、試していた時期です。

 

3日間で痛みが消えた荒治療をご紹介する前に。3ヶ月の間、四十肩に効果がある商品をいろいろと試し症状が緩和されたものを紹介しますね。

 

『北国の恵み』の480円モニターを募集します!

 四十肩・五十肩の原因とは

最後になりましたが、四十肩・五十肩の原因、また四十肩になりやすい人について説明したいと思います。

四十肩・五十肩の正式名称は”肩関節周囲炎”で、肩関節周囲に起こる炎症のことです。

四十肩・五十肩の原因は、明らかになれていない部分が多く、一般的には加齢によって起こる現象と言われています。

肩関節周囲炎で起こる症状は、筋肉や関節の組織や血行の変化によって肩周囲に炎症を起こし、ふとした動作が切っ掛けとなり炎症が悪化し、痛みや肩の動作が制限されてしまいます。

 

四十肩・五十肩になりやすい人はどんな人?

四十肩・五十肩は、一般的には加齢によるもの言われていますが、加齢だけではなく20~30代の若い年齢層の間でも増加傾向にあります。

四十肩・五十肩になりやすい傾向にある人についてご紹介します。

  • 過去に病気やケガを経験している人
  • ストレスや偏った食生活、睡眠不足などは続いている人
  • 長時間同じ姿勢をしていることが多い人

上記のようなことが思いあたる方は、注意が必要なようです。

特に、長時間同じ姿勢をしていることが多い人”

  • 長時間パソコンに向かうことが多い
  • 1日中スマホを使っている

このような生活を続けることで、姿勢が悪くなり猫背の状態になることで、四十肩・五十肩のリスクが高くなってしまいます。

 

まとめ

四十肩・五十肩には、発症する切っ掛けがあるようです。わたしの場合は、長時間パソコンに向かっていた生活が引き金になってしまったのかもしれません。

現在は、どれだけ忙しくても“1時間に1回は立ってストレッチをする”など、“長時間同じ姿勢を続けることがない”ようにしています。

そして二度とあの辛い痛みを体験しないように、健康棒で肩甲骨まわりをゴロゴロし、北の恵みを欠かさず飲んでいます。

 

11 件のコメント

  • 五十肩真っ只中で、いいと聞けばいろんなところへ治療に行き今は鍼治療中です。
    大好きなゴルフもホントにままならず、左腕はやせ細り、心が折れそうになる日もあります。
    ご紹介下さった、サプリと健康棒してみます。ありがとうございました(_ _)

    • ちーちゃんさん、コメントありがとうございます。
      五十肩は、実際に患った人にしか分からない痛みですよね。

      わたしも、憂鬱な日々を送っていました。自由に動かない肩に涙が出ることも。
      お陰様で、健康棒で肩甲骨周りのツボを押すことで嘘のように症状が治まりました。
      サプリもよかったのかもしれません。もう二度と、その辛さを経験したくないので
      サプリはずっと飲み続けています。

      ちーちゃんさんが早くよくなられることを、お祈りしています。
      お大事になさってくださいね。

  • さっそく、やってみました。ゴルフボールの上に寝転んでごろごろやっています。私は左腕が痛いのですがゴロゴロやっていると時々腕に電気が走る感じがします。すごく楽になる感じがします。寝る前に少し続けていきます。

    • ムクさん、コメントありがとうございます。
      四十肩、本当に大変ですよね!こては、実際になった人しか分からないと思います。

      わたしも初めて健康棒を使ったときは、痛くて冷や汗が出来ましたが
      即効性があって、その日から楽になってきました。
      ムクさんも、楽になったみたいなので、もしかしたら私と同じように改善されるかもしれませんね!!
      無理をしないように少しずつ、試してみてくださいね。

      お大事になさってください。

  • 健康棒、家に眠ってます!
    ブラジャーの付けはずしができない
    すぐそこにある物に手をのばすだけで激痛
    寝返りするたびに激痛
    などの痛みに悩んでいましたがさっそくやってみます!

    今までメチコバールのんでもロキソニンのんでも、モーラステープ貼っても気休めにもならなかったので・・・

    • ゆゆさん、コメントありがとうございます。

      健康棒、ぜひ試してみてください!ただ、はじめはかなり痛みがあるので
      無理しないように、肩甲骨周りのツボを押してみてくださいね。
      同じ効果があるかどうかは分かりませんが、私のブログを読んで健康棒やゴルフボールで、試した人が痛みが軽減された!
      と喜んでもらっています。

      わたしの場合も、ゆゆさんと同じく、病院で処方された薬は本当に気休め程度で全く効果がありませんでした。
      ゆゆさんのお家で眠っている健康棒が、役に立てばいいですね。

  • 初めまして、こんばんわ。

    今月の7日に四十肩になりました、10ソアラ まー君と申します。
    7日の昼頃からほんの少し右肩に違和感ができ、お風呂に入って就寝する頃には激痛に変わっていました😢
    翌日には本当に右肩・右腕が上がらず、激痛で仕事も後輩君にほとんどお願いしてました。
    それで対処法を色々ネットを探していたところsayuriさんのこのページをみつけました!
    確かに色々調べたところ、四十肩・五十肩には原因が色々有るようで、その原因にみあった対処法や処置がいるのですね。
    私は自分なりに分析して、sayuriさんの方法が自分に合う!間違いない!と思い、9日から100均の?みたいな形の肩揉み棒で激痛に耐えながら、肩甲骨を揉みしだきました。
    すると、何と!! 翌日には激痛が和らぎ、上がらなかった腕が耳の高さまで上がりました!
    更に揉んでいたら、今日の朝には万歳ができ、さらにサンシャイン池崎のポーズまでできる様になりました(笑)

    本当にありがたいブログを出してもらい、とても感謝しております♪
    sayuriさんのブログでとても救われましたし、会社の皆にも「1週間で治した!」と、自慢できます(喜)
    本当にありがとうございます♪

    それでご相談ですが、当方は「みんカラ」と言う、自動車のブログをしております。
    自分のブログにsayuriさんのこのブログをリンク・紹介してもよろしいでしょうか?
    車好きの中では、ある程度の年齢を重ねた方も多く、きっと皆様にも役立つ情報だと思います!

    sayuri様さえよろしければ、当方のブログに紹介させて頂きたいのですが、いかがでしょうか?

    ご検討、よろしくお願いいたします(^^)d

    • 10ソアラ まー君 様

      コメントありがとうございます。
      私の四十肩の記事が参考になって、とても嬉しいです。
      四十肩は、なった人にしか、あの辛さはわかりませんよね。
      少々、荒業ではありますが改善されて本当によかったです。

      また、ブログでご紹介いただけるとのことで、ありがとうございます。
      少しでも、自分の体験が役に立てればと記事を書いています。
      皆さんの役に立てれば幸いです。

  • sayuri様、

    ご連絡、誠にありがとうございます♪

    自分も本当にこのブログで助けられた一人として、他の方へ少しでも役立ちたいと思っております!

    sayuriさんにはご迷惑がかからぬ様、配慮しながら皆様にもお伝えできればと思っております。

    御承諾、誠にありがとうございます♪

    後程、当方のブログにも覗きに来てください。
    本当にありがとうございます🎵

  • 肩甲骨と背骨のツボ押し,私の五十肩にもとてもよく症状改善ができて,sayuri様に大感謝です.夜中の1時半にあまりに痛くて起きてしまって,何か方法がないかと思ってググりました.「五十肩 辛い 痛い 直す」で検索しました.いままで10回以上検索しましたが,このキーワードを使ったのは初めてです.トップヒットがこのページでした.ただ健康棒はないので,孫の手の反対側の丸いところで試したけれでうまくいかず.考えあぐねた上,娘のひどい肩こりの時に買ったパナソニックのハンディマッサージャー タタキチョッパーを試したところ,大正解.肩・腕まわりの強張りが劇的に改善されて,助かりました.肩が動く範囲や,それ以上動かそうとした時に痛いのは変わらないのですが,腕を戻すとすぐ痛さが緩み,肩周りの強張りがありません.もし他の人にも同じように効果があるなら,この方法がもっと広まるといいと思いました.どうもありがとうございました.このページは,いきさつや,方法や,ご本人への効果がとてもわかりやすく,かつ誇張されずに書かれていて,すぐ試してみたいと思いました.

    • katsumi matsuuraさん、コメントありがとうございます。
      五十肩の症状が緩和されたとのことで本当によかったです。

      あの辛さは罹った人でないと分からないですよね。
      ただ、私がよくなった方法はかなり荒治療で一般的な方法ではありません。
      専門家が見ると無茶なこと!と思うかも・・・と、
      紹介するべきかどうか迷いましたが本当に3日程で嘘のように改善されたので、
      もしかしたら同じように改善される人がいるかもしれないと思い体験談としてブログで紹介しました。

      少しでも辛い症状が改善される人が増えるといいな。と思います。
      とても嬉しいコメントを頂き、ありがとございました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


    *

    ABOUTこの記事をかいた人

    主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。