顔のシミを消す医学的方法をご紹介!シミの原因は老化物質”AGE”だった【林修の今でしょ!講座】

シミを気にしている女性

8月30日19時から林修の今でしょ!講座では、【猛暑の医学的アフターケア】が放送されました。

今年の夏は猛暑日が続いていますが、8月は各地で観測史上最高の気温がでたそうですよ!

本当に今年の夏は、外に出ると暑いというより日差しが痛いと感じる日が、何日もありましたよね。

 

今回は、肌・目・脳の3つのアフターケアが紹介されていましたが、やはり一番気になるのは”肌”ですよね。

強い紫外線によって、お肌は深刻なダメージが!!そのまま放置していると”シミ”の原因になってしまします。

医学的な観点から見た”シミ対策”をご紹介したいと思います。

顔のシミができる原因とは

シミ対策に一番大切なのは、まず原因を知ることですよね。顔にシミができる原因を抑えておきましょう。

シミの正体はメラニン色素。メラニンが沈着したものがシミとなるのですが、メラニン色素は私たちのからだに重要な働きをしています。

 

夏の強い日差しに含まれる紫外線は、からだにとって有害なものなので、からだを守るために肌はメラニン色素という黒い成分を出します。

メラニン色素は本来、紫外線からからだを守る重要な働きしていますが、メラミン色素が肌の中に蓄積されると”シミ”になってしまいます。

シミにならないためには、メラニン色素を早く排出することが大切ということになりますが、メラニン色素を排出するためには肌のターンオーバーが重要だと言われています。

もちろんターンオーバーの乱れは、シミの原因になるのは確かなことなのですが、最新研究によってメラミン色素の排出を邪魔をする物質があることが明らかになりました。

 

体内にAGEが多いと”シミ”ができやすい!

夏の紫外線を浴びた肌に“AGE”という物質があると”シミ”がどんどん作られます。

今私たちの肌は、夏の紫外線から肌を守るためにメラニン色素によって肌を黒くして紫外線の吸収を抑えています。本来、メラニン色素は、強い紫外線を浴びると作られるものです。

本来、夏が終わってメラニン色素が排出できればシミにならないのですが、からだの中にAGEが多いと弱い紫外線でもメラニン色素を出すように指令を出してしまうため、シミが残りやすくなってしまいます。

シミを作らないようにするためには、“シミ原因物質であるAGE”をからだに溜め込まないことが、重要になってきます。

今回、シミ原因物質AGEについて教えてくれたのは、老化の研究で医学賞を多数受賞している名医 久留米大学医学部教授 山岸昌一先生です。

AGEは老化物質でもあるんですね。山岸先生は本も出版されていますので、もっと詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

山岸先生は「今年の夏に浴びた紫外線によって、今まさに”シミ”が作られている真っ最中なのです。」と言われていました。

紫外線を浴びてからシミが作られるまで、約1ヶ月以上かかるため、今まさに”シミ”が作られている最中なのですね。

もう手遅れかも!!!と思っているかもしれませんが、今シミを作っているのを100%ストップすることができませんが、正しいアフターケアを行うことで、かなりシミを予防することができます。

今年の夏の紫外線によって出てくるかもしれない”シミ”は、医学的に正しいアフターケアを1日でも早く行うことは重要になってきそうですね。

 

シミ原因物質AGEってなに?

AGEは、新たなシミの原因物質として医学界で話題になっています。

シミの原因物質は、パンの焦げに似ています。パンを焼くと焼き色、焦げ色がつく。あの状態がシミの原因物質でメイラード反応といいます。

ポイント!

  • メイラード反応とは、加熱で色が変わる反応のこと
  • からだの中の焦げ=AGEという物質

メイラード反応がからだの中で起こると、シミや老化の現象を引き起こすことが分かってきました。

体の中にパンの焦げのようなものがあって、その焦げがAGEでありシミの原因になっています。

のアフターケアのポイントは、シミの原因物質AGEを体に溜め込まないことが重要なのですね。

 

シミの原因物質”AGE”をからだに溜めない方法

コラーゲン(たんぱく質)に糖がこびり付くと、AGEに変化することが分かっています。

皮膚のコラーゲンは、お肌を瑞々しく保ち、ハリを与えます。正常な状態のコラーゲンは真っ白でプリプリしていますが、コラーゲンに糖がこびり付くと、AGEに変化しゴムみたいに真っ黒になってしまいます。

からだの中にAGEの量が多いと、少しの紫外線でどんどんメラニン色素を作りだしてしまします。AGEを減らすことでシミを残りにくくする、これこそが医学的に正しいアフターケアなんですね。

 

AGEを多く含む食べ物を摂り過ぎないようにする!AGEを多く含む食材とは?

AGEは肉料理が一番多く含まれています。

「サラダ ➡ トースト ➡ 焼き魚 ➡ 肉」というように、野菜 ➡ 炭水化物 ➡ 魚 ➡ 肉の順に多くなっていきます。

 

これは大変です!お肉料理はしばらく食べれない!!でも、我慢はしたくありませんよね。

 

大丈夫です!!“AGE”は、調理の仕方で抑えることができるそうですよ!!!

 

AGEを増やさないお肉の食べ方

AGEは、”焼く””揚げる”などの調理法で多くなりますが、“茹でる””蒸す”という調理法にすると、AGEが10分の1に減少することが分かっています。

例えば、鶏肉を使った調理法でのAGE量を比較すると

鶏肉の調理法でのAGE量の比較
バンバンジー(蒸し鶏)
焼き鳥
から揚げ 10

 

鶏のから揚げは、蒸し鶏の10倍もAGE量が多くなるのですね。

 

でも、から揚げ食べたいですよね?

シミが残るかどうかの瀬戸際、この方法はぜひ覚えておきたい揚げ物のAGEを下げるひと手間!

 

油っぽい料理のAGEを減らすひと工夫とは?

酢やレモンなどの食材を一緒に摂ることで、コラーゲンに糖がくっつきにくくなりAGEの摂り過ぎ防止に繋がります。

から揚げにレモンをかけると、AGEを下げる効果があるそうですよ!!

さらに、きのこに含まれるキチン・キトサンという成分がAGEの吸収を抑える効果があります。

山岸先生が、老化物質AGEを溜めないレシピ本を出版されているので、参考にしてくださいね。

 

キチン・キトサンならサプリでもありますよね!今年の夏の紫外線によるシミ予防には、効果があるかもしれませんよ!!!

 

既にシミができてしまっている人は、ホワイトニングリフトケアジェル【シミウス】 がおすすめです。

2ヶ月前から、このシミウスを購入して使っていますが、もっと早く使えばよかった!!!と後悔しています。

 

オールインワンジェルは少し前から興味があったんですが、ずっと使っていませんでした。たまたま化粧品が切れたタイミングで、このシミウスを試してみたのですが、1日目で効果を実感しました。

その時の様子は、オールインワン・ホワイトニングリフトケアジェル【シミウス】でシミ・くすみが消えた!!で紹介しています。

シミで困っている人は、迷わずに直ぐに試した方がいいですよ。

 

 

シミを気にしている女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。