[ツメコ・口コミ]大阪でネイルプリンター・ツメコが体験できる店舗情報

ツメコ画像

今日は、今話題のネイルプリンターでジェルネイルができるというツメコ(TSUME.CO)の体験に行ってきました。

メディアで何度か紹介されているので、トレンドに敏感な人なら既に知っているかもしれませんね~

通常、1時間半~2時間の時間を要するジェルネイルが、ネイルプリンター・ツメコならたった45分でどんな複雑なアートでも仕上げることができます。

それも、どれだけ複雑なアートでも価格は同じで安い!!

しかし・・・安かろう悪かろうでは魅力がありませんよね。と、いうことで実際にツメコ体験してきました。

ネイルプリンター・ツメコ(TSUME.CO)とは?

 

ところでツメコってなに?
ジェルネイルのアートをネイル専用プリンターで印刷する今話題のネイルなんだよ!
印刷?ネイル専用プリンター???

ツメコは、通信販売で有名なベルメゾンを運営する株式会社千趣会が、メーカーと共同開発によって完成した新しく展開するジェルネイルサービスです。

このツメコの誕生には3年もの期間が掛かっており、実は過去にもプリンターを使ったネイルは存在していたのですが[ネイルの持ちが悪い・時間が短縮できない]などの理由により普及することはありませんでした。

日本のネイルの技術は非常に高く、その技術に見合った仕上がりを実現させるのが非常に難しかったようですね。

 

ネイルプリンター・ツメコの魅力は”安い・早い・可愛い”、予算を気にしないでネイルアートを楽しめ、複雑なアートでも片手で20秒で完成!

下処理などの施術を含めても45分で完成するので、時間を短縮できるのも忙しい女性には嬉しいサービスですよね。

ネイルプリンター・ツメコのネイルアートはたった20秒!

ユーザーの立場からすると手書きアートって可愛いけど、時間もお金もかかるし・・・ネイリストさんによって当たり外れがあると思いませんか?

自分が想像していたネイルと、仕上がりが微妙に違ったりすることって結構ありますよね。

しかし!!ツメコなら、どれだけ複雑なアートでも掛かる時間はたった20秒!しかも、同じ金額でネイルアートを楽しむことができ、5本同時にプリントできるので、所要時間は両手でも1分も掛かりません!

爪にプリンターで印刷と言われてもイメージしにくいですよね。では、実際に見て頂きましょう!

ツメコ手順① プレバレーション&ベースジェル塗布の間にツメコのデザインを決定する。

爪のケア→長さ調整→爪の形を整える→甘皮のお手入れと、最初のプレパレーション(下準備)の手順は通常のジェルネイルと同じ工程になります。

ツメコの公式サイトを確認すると、このベースジェルについては施術手順に入っていなかったので店舗によって異なるかもしれません。

ツメコ導入店は美容室なのですが、今回、私がツメコ体験をした堺市白鷺にあるNail Familiarさんは、全国で初めてネイルサロンでツメコを導入したお店なので、ネイルサロンならではの拘りがあるのかもしれませんね。

Nail Familiarさんでは、ベースジェルを一般的なジェルとパラジェルから選択することができます。(パラジェルはプラス1,000円)

パラジェルとは、自爪を削ることがなく爪に付着することができるジェル

しかし、サンディングが不必要なパラジェルは自爪を傷めることがないうえ、下準備の時間を短縮させるだけでなく硬化時間も30秒と従来のジェルネイルよりも30分以上も施術時間を短縮させることができます。

私は自爪が薄いので、パラジェルでお願いしました。

 

ツメコ手順② ツメコ専用ベースジェルを塗布し硬化する

911-08ツメコ画像
ツメコのデザインは450種類もあるので、迷ってしまいますが②の工程に入る前にデザインを決めてくださいね。

ツメコ専用のベースジェルは、ホワイトかシアー(透明)の2種類から選択しますが、このベースのカラーによってアートの雰囲気がガラッと変わります。

私は自然で上品なネイルに仕上げたかったのでシアーを選びましたが、アートが生えるのはホワイトかもしれませんね。

とにかく豊富にありすぎて決めることができず、ネイリストさんおススメのデザインでお願いすることにしました。

ネイリストさんにお話しを聞くと、ツメコは専用プリンターで色やアートをのせていくため爪が湾曲している人は爪の両サイドが綺麗にプリントできない場合があるそうです。

そんな人は、ベースカラーはホワイトよりもシアーの方がおすすめということでした。

ツメコ手順③ ツメコ専用プリントベースジェルを塗布し硬化する

911-09ツメコネイルイメージ画像
このプリントベースジェルが千趣会さんの特許技術だそうですが、ツメコのプリントインクは水性なので紙のようなプリントベースジェルでないと綺麗に発色しないようですね。

ネイリストさんが楽しい方で色々な方法でチャレンジしても、このツメコ専用プリントジェルでないとプリントが綺麗に発色しなかったり、砂のようにボロボロになったり、持ちが悪かったりするそうです。

ツメコ専用プリントベースジェルを塗布すると少しマットな感じになります。これで、プリントの準備はOK!!

TUME.COの公式ページを見ると、肌にインクがつかないように専用テープを貼っていますが、このインクはアルコールで簡単に取ることができるので、最後の仕上げのときに拭き取れるのでそのままでも大丈夫なようですね。

ツメコ手順④ ツメコ専用の指を固定する器具を装着する

911-12ツメコイメージ

ツメコ専用プリンターの中に指を固定する器具の中に指を入れて、カッチっと押すと指が固定されます。

微妙に指の位置などがズレると綺麗にプリントされないので、ネイリストさんが指の位置をしっかりチェックしてくれるので安心してくださいね。

通常は5本同時にプリントを行うそうですが、その人の指の向きは長さなどによって綺麗にプリントするために、数回に分けてプリントをすることもあるそうです。

私の場合は5本同時ではなく、人差し指・中指・薬指の3本にまずプリントし、その後、小指、親指と3回に分けてプリントをしてもらいました。

ツメコ手順⑤ ツメコ専用パットを見ながら微調整をする

911-11ツメコパット画像

プリンターのカバーの部分にカメラが設置されていて、パット上で爪の位置を確認することができます。

爪の大きさは人によって違うので、アートを伸ばしたり縮めたりして綺麗に爪の上にプリントされるように微調整を行います。

ツメコ画像
今回、私は手書きアートでは難しい繊細なラインが特徴のお花のアートを選んだのですが、左右でも爪の形が微妙に違うので親指にペイントされたお花の大きさが少し違いますよね。

絵柄があるようなアートの場合は、その人の爪の大きさや長さによって少し横長になったり縦長になったりすることもあります。

ツメコ手順⑥ プリントする

911-10ツメコ画像

設置・微調整が終わったら、いよいよプリント開始!!

はい20秒で完成!!本当にアッという間に終わってしまいます。プリントするときはプリンターのカバーを開けてくれるので、爪にプリントされる工程を見ることができます。

出来上がりはプリントが乾燥していないので少し濡れているので、触らないようにしてくださいね。

プリントしている時は何も感じないの?
水性のインクを吹きかけるようにしてプリントするから、プリント中は何も感じないよ。

手書きアートの時は動かさないようにしなくてはいけないので、長時間になると同じ姿勢でいるのも大変ですが一度のプリントの時間が20秒なので、一瞬で終わってしまうので本当に楽でした。

ツメコ手順⑦ クリアジェルでコーティング&艶だしトップコートで仕上げ

クリアジェルでコーティングした後、艶出しトップコートを塗布し拭き取って完成

ツメコジェルネイル

繊細なお花のアートがとても可愛いですよね。画像では分かりにくいかもしれませんが、ピンク色は2017年秋冬の流行り“べっ甲ネイル”になっています。

今回、はじめてのツメコ体験だったので、ツメコの説明の時間やデザインを決めるのに時間が掛かりすぎたので、入店から仕上がりまで約1時間くらいでしたが、施術は45分くらいでした。

事前にツメコの公式サイトでデザインを予め決めておくとスムーズですね。

大阪でツメコを体験できるお店紹介

全国初!ネイルサロンではじめてツメコを導入されたNail Familiarさんのご紹介をしたいと思います。

Nail Familiar
住所 大阪府堺市東区白鷺町1丁目12-24アリタヤビル1F
電話番号 072-220-5828
定休日 不定休
駐車場 パークサイドガレージ11番(専用駐車場)
完全予約制 9:00~18:00
公式HP Nail Familiar公式HPはこちら
ツメコって安くて早くて可愛い!良いことばかりだけど、悪いところはないのかな?
確かにどんな事でもメリットだけではないよね!

ということで、Nail Familiarさんの店長兼ネイリストの永井時子さんに、ツメコのメリットとデメリットを聞いてみました。

ジェルネイルプリンター・ツメコのメリット

  1. デザインが豊富で、手描きでは描けない細かい線やイラスト・グラフィック・写真を使ったアートが表現することができる
  2. 選ぶデザインによって価格が変わらない
  3. 施術者による仕上がりの差が余りない
  4. 施術時間が早い

確かに、タイル柄や幾何学模様など繊細なデザインでも20秒で描くことが出来るのは嬉しいですよね。その他にも毎月プロのイラストレーターさんがデザインしたネイルも楽しむことができます。

追加料金を支払えば、ツメコのデザイン同士であれば組み合わせを自由に選ぶことができるようです。このサービスは店舗によって異なるかもしれませんのでネイリストさんに尋ねてくださいね。

また特別な日には、ストーンやラメ・スタッズなど自由に合わせることも可能だそうです。

施術するネイリストさんによって、仕上がりの違いがないのも良いですね。また、どれだけ複雑なアートを選んでも価格が統一なのも安心だと思います。

ジェルネイルプリンター・ツメコのデメリット

  1. 爪のカーブが強い人や濃色の場合は、爪の側面の色がぼやけたり、発色が少し薄くなることがある
  2. 柄が左右に若干ズレることがある
  3. デザインのカラー変更をすることができない
  4. 従来のジェルネイルは約4週間程度持ちますが、ツメコは持ちが悪い(約2~3週間程度)

ツメコは水性のインクで吹き付けていくので、万が一プリントを失敗したとしても、やり直しをすることができるので、もし左右の柄がズレてしまったり気になるときは印刷のお直しをお願いしてくださいね。

また、爪の持ちの時間については、爪質や生活環境によって個人差はあるものの、施術するネイリストさんによってかなり差があるようです。

今回ツメコ体験をしたNail Familiarさんで施術を受けた場合は、従来のジェルネイルと殆ど変わらないくらい持つと言われていましたので、施術する店舗によって違いがあるかもしれませんね。

まとめ 

ジェルネイルプリント・ツメコ(TSUME.CO)をご紹介しました。

ここ数年、ネイルから遠ざかっていたのですが、指先が華やかになると気分まで変わりますよね。今回はデザインを決めて行かなかったので、ネイリストさんにお任せしましたが、次回はデザインを予め決めていきたいと思います。

ツメコを導入している店舗情報は、ツメコ公式ページで確認することができます。手軽にできるツメコ試してみてくださいね。
ツメコ取り扱い店舗情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。