【痩せる鍋レシピ】太る食べの原因は”まいたけ”不足にあり!【その原因Xにあり】

鍋画像

 2016年12月2日(金)19時~フジテレビで、その原因Xにありが放送されます。今回の放送内容は、“食べて寝るだけダイエット&太らない鍋の裏ワザ”そして、“乾燥肌改善”が紹介されました。

このページでは、太らない鍋の裏ワザをご紹介したいと思います。

これからお鍋が大活躍する季節ですよね!ついつい食べ過ぎてしまうお鍋、お肉も食べたいし、〆の雑炊もしっかり食べたい!!

鍋にあるひと工夫するだけで、太らないお鍋へと大変身します。では、早速ご紹介していきましょう。

 

痩せる鍋レシピ!太る鍋の原因は”まいたけ”不足だった!

これからの季節、お鍋を食べる機会が多くなりますよね。お野菜もたっぷり食べることができるし、ダイエットにも最適な食べ物のはず!

でも、お鍋ってついつい食べ過ぎてしまっていませんか?

お鍋はヘルシーな食事と思われがちですが、脂がたっぷりのったお肉に、〆の雑炊などガッツリ食べたいけど、ダイエット中になると思う存分食べることができません。

しかし!お肉や〆の雑炊などを我慢しなくても太りにくい裏ワザがありました!

太りにくい鍋の食材は、”まいたけ”にあり!この太りにくい鍋の食材”まいたけ”について説明してくれたのは、神戸薬科大学名誉教授・難波宏彰先生です。

 

まいたけの成分MXフラクションが太りにくいからだを作る

難波先生は、30年まいたけの研究をされているそうです。難波先生がいわく、まいたけだけに含まれる成分”MXフラクション”こそが、太りにくいからだを作る成分だそうですよ。

MXフラクションの3つの働き

  • 肝臓で作られすぎた余分なコレステロールを体外に排泄
  • 肝臓でコレステロールを作る酵素の働きを抑制
  • 腸の蠕動運動を活発にし余分な栄養の吸収を抑制

まいたけを食べる摂取量の目安は、1人50g!

スーパーで販売されているまいたけ1パックは、約100gなので1パックで2人分ってことになりますね。

 

まいたけを食べるときのポイント

MXフラクションは水溶性のため、鍋のつゆの中に成分が溶け出すため、鍋のつゆも一緒に摂るのが大切のようです。

ということは、〆の雑炊でMXフラクションがたっぷり溶け込んだつゆも食べることができるので、〆のお雑炊を食べているのに、太りにくいと言うことですね。

 

まいたけエキスが溶け込んだ雑炊に青ねぎを加えると効果が倍増!

〆の雑炊に、青ねぎを入れることで、まいたけの

まいたけや豚肉には、糖をエネルギーに変えるビタミンB1が豊富に含まれています。

このビタミンB1と、青ねぎに含まれる”アリシン”という成分が合わさると、”アリチアミン”という成分に変化します。

アリチアミンは、糖をエネルギーに変えるビタミンB1の消化・吸収を促進されます。青ネギやにんにく、ニラなどネギ科の植物に多く含まれる成分です。

青ねぎを入れるときの2つのポイント

  • ねぎはできるだけ細かく切ること
  • ねぎを加えるタイミングは食べる直前

ねぎを細かく刻むことで、細胞が壊れ多くのアリシンが出てくるそうです。小口切りにした青ネギを更に、みじん切りにするようにしましょう。

アリシンは熱に弱いため、加熱すると成分が消えてしまいます。青ねぎを入れるタイミングは、食べる直前にしてくださいね。

 

まとめ お鍋にまいたけを加えることで痩せる鍋に大変身!

お鍋に“まいたけ”を足すことで脂肪の吸収を抑制してくれる”痩せる鍋”に大変身するんですね。

まいたけは、スーパーなどで1パック100円くらいで購入することができる、お手軽食材です。1人分の目安は、50gの半パックですよ。

 

その他の”その原因Xにあり”の情報

 

その他のダイエット情報

➡ その他のダイエット情報

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。