大阪・四橋にあるクラフトバーガーの絶品ハンバーガー!ちちんぷいぷい

クラフトバーガー画像

2018年3月19日に放送された「ちちんぷいぷいの酒井藍のお手伝いしょッ!」で紹介された、大阪・四橋にあるハンバーガーショップ、クラフトバーガーさんに行って来ました!

放送日が定休日だったこともあり、11時30分OPEN前から行列が出来ていたようで・・・私たちが到着したのがOPENから10分後の11時40分だったのですが既に満席でした。

素敵な仲良し夫婦が営む「クラフトバーガー」の本格手作りハンバーガーをレポートしてみたいと思います。

大阪・四橋にあるクラフトバーガーは、国産牛100%の拘り絶品ハンバーガー

クラフトバーガーは、国際結婚した仲良し夫婦のアゴスティネリ・パットさん(40歳)と美希さん(33歳)が営む、本格手作りハンバーガー専門です。

もともとオーナーのアゴスティネリ・パットさんは10年前日本に来日した時は、英会話教師だったそうです。

しかし、大阪に美味しいバーガーショップがないことから、材料などに拘った美味しいバーガーショップを作りたいと思われたそうです。

確かに・・・日本のバーガーショップは、有名チェーン店ばかりで、本格的な手作りバーガーのお店は少ないかもしれませんね。

クラフトバーガーの拘りポイント① パティは北海道産100%の国産牛

パティに使うミンチ肉は、北海道産の牛肉のモモと肩の赤身肉をブレンドしています。

お肉の部位は其々味が異なり、混ぜることによって良いバランスになるそうです。また、その日のお肉の状態によって牛脂を混ぜて調整します。

これらの配合は、研究に研究を重ね、バーガーを一番美味しく食べることができるように作られています。

また、ブロックの状態からミンチにするという拘り!つなぎを一切加えず、牛ミンチだけで作られているため、素材の旨味が凝縮されています。

レギュラーサイズのバーガーに使用するパティは125gと、かなりのボリュームですよ。

クラフトバーガーの拘りポイント② オリジナルの特注バンズ

クラフトバーガーで使用しているバンズにも拘りが込められています。

このバンズは、谷町7丁目のパン工房ブーランジェリーイエナさんから、焼き立てのバンズを毎日届けられています。

工場で大量生産しているパンとは違い、一つ一つ手で作り、保存料、添加物を一切使わない特注バンズは、歯切れ感、甘さは、ソースとの相性抜群です。

クラフトバーガーのバンズは、「ムラのない焼き色で牛肉のパティに負けないバンズ」なんですね。

パティに負けないバンズを作ることが出来るのは、パン工房ブーランジェリーイエナのオーナー安藤さんだけ!!と、お願いして実現できたそうです。

一度は断った安藤さんでしたが、アゴスティネリ・パットさんの強い意志を感じ、バンズを作ることを承諾されたそうです。

拘りを感じる、とても存在感のあるバンズですよ。

クラフトバーガーの拘りポイント③ ポテトは冷凍は使わない!

フライドポテトは、冷凍のものが殆どですよね!

しかし、クラフトバーガーさんのポテトは、冷凍ではなく新鮮なじゃがいもをカットして作られています。

平日は10kg、土日には1.5kgのじゃがいもを毎日カットし、低温の油で約3分揚げた後、オーダーが通ってから高温でカリっと二度揚げしています。

 

有名チェーンのポテトは、1年経っても腐らないという噂がありますが、新鮮なじゃがいもから作られている、フライドポテトなら安心ですよね。

その他にも新鮮野菜に、奥様が考案した手作りソースなど拘りがいっぱいです。

クラフトバーガーランチは、オーナーの拘りを感じる大満足の味!

ランチメニュー

平日のランチセットは880円

5種類の中から好きなバーガーを1つ、4種類のサイドメニューの中から1つを選ぶようになっていて、プラス120円でドリンクセットにできるので、実質1,000円ランチですね。

その他にバーガーには色々なトッピングが用意されているので、自分のオリジナルのバーガーを作って貰えるのも嬉しいですね。

色々な種類のビールも楽しむことができますよ!

今回は、ランチセットの中からクラフトバーガーにチェダーチーズをトッピング、サイドメニューからはオニオンリングをチョイスしました。

クラフトバーガー画像
想像以上のボリューム!お野菜の鮮度も素晴らしい!!

運ばれてきたハンバーガーの感想は・・・デカッ!!でも、めちゃくちゃ美味しそう!!!

ハンバーガーは、選んだサイドメニューと一緒に、真っ白なお皿に入ってきますが、食べる時にはこぼれないように用意されたバーガー袋に入れて頂きます。

クラフトバーガー画像

パティは国産牛100%の赤身を使用しているからでしょうか、脂っこくなくあっさりしています。また、つなぎを一切使用していないので、肉感があり食べごたえがあり!

粒マスタードのプチプチした食感が楽しい!!

拘りのバンズも最高に美味しいです!国産牛100%のパティに負けていませんね~!

因みに、この写真は主人が注文したクラフトバーガーさんの裏メニュー、ピーナッツバターバーガーです。

ハンバーガーにピーナッツバター??と、思うかもしれませんが、意外と合うようですよ!!

好みもあると思いますが、オニオンリングは衣が分厚いので、胃にもったりきます。全部は食べれませんでした。

次回は、プルドポークとコールスローをはさんだプルドポークバーガーか。照り焼きチキンバーガーを食べてみたいなぁ・・・

クラフトバーガーの待ち時間は?

通常の時のクラフトバーガーの待ち時間はよく分かりませんが・・・テレビで紹介されたので、沢山のお客さんが並んでいました。

因みに11時30分にOPENしてから10分後で、店内は満席で2組待ちの状態でした。テイクアウトは、40分待ちになっていました。

11時40分お店に到着、店内に入れたのが12時20分、バーガーは運ばれてきたのは12時35分だったので、約1時間待ちということですね。

しばらくの間は、行列ができるかもしれませんね。

クラフトバーガーの詳細

住所 大阪府大阪市西区北堀江1-6-12
電話番号 06-6556-6682
定休日 月曜日
営業時間 11:30~22:30(ラストオーダー22:00)
席数 23席(カウンター7席 テーブル5席)
駐車場 なし(コインパーキング有)

店内は、4名席が2席、2名席が3席、カウンター席は店内3席、テラス席4席用意されています。

気候が良くなればテラス席でも良いですが、寒い日や暑い日、雨の日などは難しいかもしれませんね・・・

クラフトバーガー店内
クラフトバーガー店内

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。