【ライザップ体験談・1回目】LIZAPの糖質制限の食事の全て

ライザップに入会し第1回目は、筋トレではなく食事指導が行われます。

ライザップのトレーニングの効果を最大限にするため、開始から2ヵ月は、糖質制限された食事をすることになります。

恐らくライザップのリバウンドの噂は、この糖質制限の食事になるのかもしれませんせんね。

食事制限をするとリバウンドしやすいかもしれませんが、ライザップは”痩せやすいからだ”を作るために筋トレによって、筋肉量を増やしていきます。

ただ糖質を制限するだけのダイエットとは違うので、意味が全く違ってくるのではないかな?と思います。

では早速、ライザップの食事についてご紹介したいと思います。

ライザップのトレーニングの効果を最大限にするための低糖質食事法

筋肉量を増やすためには”タンパク質”が必要になるため、まずタンパク質の1日の摂取量が決められます。

糖質といえば甘い食べ物はもちろん、ご飯・パン・麺などの炭水化物、糖質を多く含むお野菜、糖質を多く含む調味料などが制限します。

これは大変だな・・と感じるかもしれませんが、脂肪を燃焼させるために1日に必要なタンパク質の量が設定されるので、意外とガッツリ食べなければいけません。

「ダイエットのための食事制限=常に空腹感」というイメージが多いと思いますが、ライザップの食事制限は空腹感がないようにと指導されます。

なので我慢するというよりは、食事メニューに工夫するといった感じになります。

特に40代以降の年齢になると健康のためにも、糖質は減らしていく方が良いと言われていますので、この2ヵ月間でしっかり食事の内容を見直すことができそうです。

太ってしまう一番の原因は”糖質”です

まず多くの人は、ライザップに通う目的は”ダイエット”のためだと思います。私も自分で10キロの減量ができたものの、健康的に後8キロ減量のためにはじめました。

ライザップのトレーニングの効果を最大限にするためには、筋肉の源の”タンパク質”をしっかり摂り、太る原因になる”糖質”をカットするのは、痩せるために当たり前のことだと思います。

私たちのからだは、糖質を摂ると血糖値が上昇し膵臓からインスリンが分泌され、食物から吸収されて血液に入ったブドウ糖を肝臓や筋肉組織などに取り込み、血糖が一定値以上に上昇しないように働いています。

しかし、ダイエットの最大の目的である”体脂肪”よりも血糖がエネルギーとして使われます。からだの糖質をエネルギーに変えた後にはじめて、脂肪を燃焼していきます。

糖質が少しならまだ問題ありませんが、摂取する糖質量が多いとインスリンは余った糖質を脂肪に変えてしまうんですね。

このためインスリンは”肥満ホルモン”と呼ばれています。

どうして糖質を制限するのか分かりますよね?

効率的に体脂肪を減らすためには、”糖質OFF”することで”体脂肪”を効率よく燃焼させることがでるからです。

糖質制限しても本当に大丈夫なの?

ダイエットのためには糖質を減らすことが重要であることは分かりましたが、糖質は「タンパク質・脂質・糖質」と3大栄養素のひとつですよね。

ライザップの食事指導は、糖質を極限までカットしていきますが、3大栄養素ともいわれている”糖質”を減らすと健康に影響がないのか心配になりますよね。

私たちのからだは、食べ物から糖質を摂取しなくても、アミノ酸などから肝臓で必要な分だけ糖質を作りだします。この働きのことを”糖新生”と呼び、糖新生の働きによってエネルギーが消費されより痩せやすいからだを作ることができます。

また、糖質制限をすることで血中の糖がなくなると、糖に代わるエネルギー源として体内の脂肪が分解された”ケトン体”が、脳細胞をはじめ、心筋・骨格筋など、日常的にエネルギーとして使われ、からだのほとんどの細胞のエネルギーはケトン体でまかなえます。

私たちのからだは、食べ物から糖質を摂取しなくても、脂肪が分解されてできたケトン体によって効率よく体脂肪が減少するように作られているんですね。

低糖質食事法を成功させるためのポイント

糖質制限の食事というと、単に炭水化物を控え甘い物を食べないようにする程度しか思い浮かびませんよね。

ライザップの低糖質食事法は、お試しコース・スタンだダードコース・スーパーコースの3つのコースに分かれています。ラ

  お試しコース スタンダードコース スーパーコース
主食◎ 主食✕ 主食✕
主食◎ 主食◎ 主食✕
主食✕ 主食✕ 主食✕

イザップに入会するとはじめの2ヶ月は”スーパーコース”からスタートしますが、糖質も私たちのからだに重要な栄養素なので、ずっと制限するわけではありません。

運動などを全くしない状態で糖質制限をして痩せたとしても、また普通の食生活に戻ると体重も元通りですね。

ライザップは、脂肪をしっかり燃焼させるため筋トレを行い”筋肉量”を増やします。痩せやすいからだを作るための”糖質制限”なんですね。

低糖質食事のポイント

  • 主食を抜いて糖質を制限
  • おかずの糖質にも注意する
  • タンパク質のおかずをメインにする
  • 食事のボリュームは、昼>朝>夜にする
  • 水分補給をしっかりする
  • 筋トレを行う
  • お腹が空いたら間食をする

糖質を多く含む主食を抜いて、おかず中心の食生活に切り替えます。おかずの組み合わせは、主菜+副菜①+副菜②というイメージです。

RIZAP低糖質食事法の正しい考え方

筋トレを行い痩せやすいからだを作り上げていくため、ライザップの低糖質食事法は、高タンパク・低脂質・低糖質になります。

特に”タンパク質”と”糖質”の摂取量を厳しく指導されます。

また、低脂肪の食事になるため調理法は、焼く・ゆでる・蒸すなどシンプルなお料理ということになります。煮物に関しては、調味料の中で酒・みりん・砂糖などは使用しないため難しいと思います。

ライザップの低糖質食事法のタンパク質の摂取量の目安

トレーニングの日:体重×2g(例えば50kgの体重の人の場合は100gのタンパク質)
トレーニンをしない日:体重×1g(例えば50kgの体重の人の場合は50gのタンパク質)

ライザップの低糖質食事法の糖質の摂取量の目安

1日50gまで

一般的には、体重×1.5gがタンパク質の摂取量なので、トレーニングの日はやや多め、トレーニングのない日はやや少なめになりますね。

ただ・・・タンパク質を50gと言われても分かりにくいですよね。

ライザップの低糖質食事法は、肉・魚・たまごなど高タンパク・低糖質の食材が主菜となるので、お肉やお魚・卵に含まれるタンパク質の含有量を少しだけご紹介しますね。

100gあたりに含まれるタンパク質の量

鶏むね肉(皮なし) 22.3g アジ 20.7g
豚肩ロース 19.7g しばえび 18.7g
牛肩ロース 19.7g しらず・じゃこ 23.1g
まぐろの刺身 26.4g あさり 6.0g
サンマ塩焼き 24.9g ゆで卵 12.9g
どうですか?1日50gくらいでも、かなりの量を食べることができますよね。

トレーニングの日には体重×2gのタンパク質を摂取しなくてはいけないので、プロテインなどを上手に活用しないと難しいと思います。

私もトレーニングの後はプロティンを飲むようにしています。

ライザップ生活でOK食材とNG食材

具体的なライザップ低糖質食事法でOKの食材とNG食材をご紹介しますね。考え方はシンプルで、糖質の多い食材は全てNG食材になります。

糖質制限食事法に適している食材 肉・卵・魚介類編

肉は赤身に、魚は脂ののったものを摂り入れるようにします。例えばハムやウインナー・かまぼこなどの練り物など加工食品は、糖質を多く含むためNGになります。

下記の表は100gあたりに含まれる糖質含有量になります。

ライザップ糖質制限中にOKな食材の一例

鶏むね肉(皮なし) 0g アジ 0.1g しばえび 0.1g
まぐろのお刺身 0.1g 牛肩ロース 0.1g しらす・じゃこ 0.2g
豚肩ロース 0.1g ゆで卵 0.3g あさり 0.4g

ライザップ糖質制限中にNGな食材の一例

ロースハム 1.3g うなぎ 3.0g さつま揚げ 13.9g
明太子 3.0g かまぼこ 9.7g 佃煮 17g
ウインナー 3.0g はんぺん 11.4g    

※赤文字の食材は糖質が高いため、絶対にNGな食材になります。

糖質制限食事法に適している食材 野菜・きのこ・果物編

野菜は色で見分けるようにします。暖色野菜や根菜は糖質が高めのため注意します。ダイエットには腸内環境が重要になるので、お野菜から食物繊維を摂るように心がけます。

下記の表は100gあたりに含まれる糖質含有量になります。

ライザップ糖質制限中にOKな食材の一例

もやし(ゆで) 0g ほうれん草 0.4g きゅうり 1.9g
アボカド 0.9g 椎茸 1.4g えのき 3.3g
大根 2.8g キャベツ 3.4g    

ライザップ糖質制限中にNGな食材の一例

トマト 1.3g れんこん(ゆで) 13.8g バナナ 21.4g
ごぼう 3.0g かぼちゃ 8.1g じゃがいも 17.9g
にんじん 3.0g りんご 13.1g さつまいも  27.4g 

※赤文字の食材は糖質が高いため、絶対にNGな食材になります。

糖質制限食事法に適している食材 豆・大豆・海藻

大豆食品はタンパク質だけでなく、カルシウムやマグネシウム等ミネラルを豊富に含みます。よく”はるさめ”をダイエット食だと勘違いしている人が多いようですが、意外とはるさめは糖質を多く含む食材なんですね。

下記の表は100gあたりに含まれる糖質含有量になります。

ライザップ糖質制限中にOKな食材の一例

ところてん 0g もずく 0g わかめ 0.1g
厚揚げ 0.2g 木綿豆腐 1.2g 油揚げ 1.4g
枝豆 4.3g 納豆 5.4g 海苔 8.3g

ライザップ糖質制限中にNGな食材の一例

小豆煮 12.4g ひよこ豆 15.8g
そら豆 12.9g つぶあん 48.3g
グリーンピーズ 11.3g はるさめ 80.9g

※赤文字の食材は糖質が高いため、絶対にNGな食材になります。

糖質制限食事法に適している食材 調味料・油脂・酒類編

日本酒やみりん・砂糖などはNGな食材になるため、シンプルは味付けになります。

お酒も種類を選べばOKだそうですよ!ただし、飲むすぎはダメNGです!!

下記の表は100gあたりに含まれる糖質含有量になります。

ライザップ糖質制限中にOKな食材の一例

オリーブオイル 0g ウイスキー 0g バター 0.2g
ごま油 0g 焼酎 0g 0g
    糖質ゼロビール 0~4g    

ライザップ糖質制限中にNGな食材の一例

マヨネーズ 1.7g ビール 3.1g 果実系カクテル 8.6g
辛口味噌 17g 日本酒 3.6g マーガリン 0g
醤油 10.1g 紹興酒 5.1g    

※赤文字の食材は糖質が高いため、絶対にNGな食材になります。
※マーガリンは糖質0ですが、トランス脂肪酸なのでNGな食材になります。

ライザップ低糖質食事法は間食もOK!

ライザップの低糖質食事法は、間食だってOKなんですよ!ダイエット中なのに・・・と罪悪感を持つこともなく、「お腹が空いた・・・」と感じないようにしてくださいとアドバイスされます。

但し!間食なので食べ過ぎはNGですよ!!!

ライザップでダイエット中でも食べることができる”おやつ”

  • スルメイカ
  • チーズ
  • カカオ分の多いチョコ
  • ナッツ
  • 0カロリー寒天

コンビニで買える低糖質食事法におすすめの食材

低糖質制限の食事は自炊するのが一番理想ですが、コンビニなどで簡単に済ませないといけないこともありますよね?ということで、コンビニで買える低糖質な食べ物もご紹介しますね。

コンビニ食材で昼食を済ましたり、忙しい日の夜ごはんはコンビニ食材で済ませる人も多いと思います。そこで、コンビニでも立派な低糖質メニューがあるんですよ。

コンビニで売られている食材には、必ず栄養成分表示があります。糖質の計算方法を知っていれば、その食材は低糖質なのかを判断することができます。

糖質=炭水化物ー食物繊維

コンビニでも安心して食べることができる食材

  • 海藻ミックスサラダ・豆腐サラダ
  • 鯖の水煮缶・ツナフレーク
  • サラダチキン
  • 鮭の塩焼き
  • おでん(卵・焼き豆腐・しらたき・タコ串など)
  • ゆで卵
  • あたりめ・ナッツ・0カロリー寒天など

ライザップの低糖質食事法を実際に行ってみた感想

当初、糖質制限って過酷なイメージがありライザップに通っている2ヶ月間は、外食も無理・間食も無理!家族にも協力してもらえるようにお願いしていました。

しかし、実際にやってみると大変どころか、逆に3食しっかり食べる生活に慣れなていないので、食べるのが大変というのが率直な感想です。

それにお腹が空いたら間食もOKなんて・・・優しすぎますよね。

よく外食をするのですが、低糖質のメニューが”居酒屋さん”に多いという発見もあり・・・低糖質の食事を楽しんでいます。

もし、ライザップは食事制限があるから大変と思っている人は、安心して入会してください。

今すぐライザップ無料カウンセリングの申込へジャンプ!

続いて、第1回目のトレーニングでは、食事指導と館内の説明もあったので、簡単にご紹介したいと思います。

ライザップの施設紹介

ライザップの施設はどんな感じになっているのか、気になりますよね?

トレーニングウエアーは用意しないといけないのか?タオルやバスタオルも持参しないといけないの?トレーニングはどんなトレーニングルームなの?

入会する前は、”どうなの?”という疑問でいっぱいだと思いますので、ライザップの施設の紹介を少しだけしたいと思います。

ライザップのロッカールームにはパウダースペース・シャワースペースが完備されている

ライザップのフロントの横に設置されている靴入れのスリッパに履き替え、フロントで靴箱のカギとライザップのウエアーやタオルなどが入ったカバンを交換します。

これがライザップのロッカールームには、シャワースペースやパウダースペースもあり、とても清潔で快適な空間になっていて、トレーニングの時間までソファーで雑誌などを見ることもできます。

シャワールームにはシャンプー・コンディショナー・ボディソープ、パウダールームには化粧水などの基礎化粧品など色々なアメニティグッズが設置されています。

フロントではじめに渡されるカバンには、このようにロッカーの番号がついているので、番号のロッカールームを使用することになります。

ライザップのウエアーに着替え、安全にトレーニングするために、必ず血圧を図りトレーナーに報告します。

 

アメニティグッズも完全完備ですし、ウエアーやタオル・バスタオル・お水も全て用意されているので、トレーニング用の靴だけでOKなのがいいですね。

ライザップのトレーニングルーム

ライザップのトレーニングルームは完全個室になっていて、専属トレーナーと2人でトレーニングが行われます。

完全個室・自分にからだに合わせたトレーニングを行いますので、トレーニングに集中することが出来ます。鏡張りの部屋なので広く見えますが、スペース的にはそんなに広くありません。

このトレーニングルームで2ヵ月間頑張りたいと思います。

如何でしたでしょうか?一緒にライザップでボディメイクしてみませんか?

ライザップは一般的なトレーニングジムよりも少し高かもしれませんが、食事指導や完全プライベートな空間でトレーニングをすることができます。

またメンタル面のフォローもあるので、ダイエット生活を楽しく過ごすことができます。

もしまだ迷っているなら、まず無料カウンセリングに行ってみてください。
今すぐライザップ無料カウンセリングの申込へジャンプ!

無料カウンセリングの内容は、ライザップの無料カウンセリングに行って”結果にコミット”してきました!で紹介しています。

ライザップ無料カウンセリング ライザップ体験談2回目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。