免疫力を高めるスーパー海藻「アカモク」を使って冷製そばパスタを作ってみたよ!

アカモク

主婦たるもの、家族の健康のために美味しくって、からだに良い食材を使ってお料理したいですよね~!

からだにどれだけ良くっても、不味い食事は「からだに悪い」ですからね!

食事って美味しくいただく!これすっごく大切なんですよ。

冷製そばパスタレシピ

今日使う、美味しくってからだに優しい食材はこちら!

アカモク?なにそれ!
カメリナオイルと、トマト寒天はママがよく使ってるから知ってるけどさぁ~
アカモクって、免疫力を高めるスーパー海藻って言われてて、今ちょっと話題になってるんやで!
へぇ~!そうなんや!で、そばパスタってなによ!!うち、蕎麦嫌いやし…
珍しいやろ!面白いなぁ~!思って買ってみた!
みゆはパスタにしたるわね!

スーパー海藻アカモクを使って冷製パスタを作ってみよう!

美味しいか、美味しくないか…それは、作ってみないと分かりません!

ん…まずアカモクの味を確かめてみよう!

アカモク

これが、アカモクなんですが

ネバネバしてて、めかぶに似てるけど、めかぶよりもシャキシャキした歯ごたえがある感じ。

味は、海藻の味ですね!

でも、この味なら「冷製パスタ」とかお蕎麦とかと相性よさそうですね。

では、早速「アカモク冷製そばパスタ」を作ってみましょう!

 

アカモク冷製そばパスタのレシピ

今回は、アカモクとそばパスタを使うので、味は冒険せずに和風に仕上げたいと思います。

【材料】3人分

  • そばパスタ(パスタ・和蕎麦でもOK)240g
  • アカモク 120g
  • なめ茸 大さじ2杯
  • めんつゆ(2倍濃縮タイプ)大さじ4杯
  • カメリナオイル(またはオリーブオイル)大さじ2~3杯
  • 梅昆布茶(適量)
  • 大葉 3枚
  • トマト寒天 (またはトマト)適量

トマト寒天の作り方は⇒ トマト寒天レシピ

カメリナオイルは、オメガ3系のオイルですが日本で唯一、加熱できるオメガ3なんですよ~
カメリナオイルについては⇒ 加熱ができるオメガ3があった!!今大注目のカメリナオイル

 

【アカモク冷製そばパスタの作り方】

アカモク冷製そばパスタ
  • アカモクとなめ茸を合わせておく。
  • めんつゆと梅昆布茶、カメリナオイルを合わせておく(ない場合はオリーブオイルでOK)
    今回は、そばパスタと合わせるので、めんつゆ大さじ4杯、カメリナオイル大さじ2杯にしました。パスタの場合は、カメリナオイルは大さじ3杯くらいの方が良いかも!
アカモク冷製そばパスタのレシピ
  • たっぷりのお湯に塩をひとつまみ入れ、そぱパスタを茹でる。
  • 好みのかたさに茹であげ、冷水でしめる。
  • そばパスタは、先に合わせておいた、めんつゆとカメリナオイルで和えて盛り付ける。
  • 盛り付けたそばパスタの上に、合わせておいた「アカモク」とその他の食材をトッピングし完成です。
アカモク冷製そばパスタのレシピ

上のトッピングは、お好みでどうぞ!

今回は、今話題のトマト寒天と大葉をのせてみました。

そうそう!今回トマト寒天を作るのに、「あまいトマト糖度10」っていうトマトジュースで作ってみました!

おまけに少しだけ蜂蜜を入れてみたら、抜群に美味しかった!!

トマト寒天

トマト寒天の作り方はこちら⇒ トマト寒天レシピ

※このトマト寒天のレシピは、普通のトマトジュースで作っています。

で、娘の分は冷製パスタにしてみました。

アカモク冷製パスタ

トッピングは、アカモク&生ハム・大葉にしてみましたよ。

今日のランチは、ちょっとお洒落にしてみました!

アカモク
  • アカモクの冷製そばパスタ
  • 生ハムサラダ カメリナオイルがけ
  • 焦がし醤油チキン(醤油と胡麻油で味付けしました)
  • 塩パン・クロワッサン
んーーー!美味しい!
めっちゃ、からだに優しいパスタ!って感じ!生ハムとアカモク合うで!!
ほんま!!よかった!
主人
これ旨いわ!店のメニューにできるな!
珍しいし、からだに良くって美味しかったら、客来るぞ!

主人にも娘にも、お褒めの言葉をいただきました♡

ここらは、ちょっとだけスーパー海藻【アカモク】について少しだけ、お話したいと思います。

 

スーパー海藻「アカモク」ってなに?

そもそも、アカモクってなに?ってことですよね。

スーパーなどで見たことがありませんからね。

早速、ググってみましょう!

「アカモク 検索!」

アカモクは、褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラ科に属する海藻である。北海道(東部を除く)から日本全土の漸深帯(浅海)に分布し、朝鮮半島、中国及びベトナム北部にまで分布する。1年生で、秋から冬に生長し、4-7mの長さに達する。雌雄異株である(まれに雌雄同株の個体がある)。
秋田県では「ギバサ」、山形県では「銀葉藻(ギンバソウ)」、新潟県では「長藻(ナガモ)」と呼び食用にする

引用:wikipedia

ようするに、海藻の仲間ってことです!

この「アカモク」が注目されるようになったのは、アカモクに含まれる「フコイダン」という成分

フコイダンは、海藻のヌメリ成分のひとつで1913年に発見された成分なのですが、海藻のヌメリ成分なので、コンブやワカメ、メカブ、モズクなどにも含まれている成分なんですね。

 

アカモクに含まれるフコダインにはどんな効果があるの?

どうして海藻の中でも、このアカモクが特に注目されるようになったのか?

それは、フコダインの含有量が半端ない!!

フコダイン含有量は、モズクの2倍以上もあるとか!

フコダインは、水溶性食物繊維のひとつなので、腸内環境の改善にも役立つはず!
そしたら、便秘解消にもイイってことやん!

 

そしてもうひとつ

フコキサンチンも豊富に含まれている!

フコキサンチンってサプリとかで良く入っている成分違うかったけ?
そう!フコキサンチンは脂肪燃焼効果があるんよね!

アカモクの健康・美容効果 まとめ

アカモクを毎日食べることで得られる、健康・美容効果

  • 免疫細胞を活性化させ免疫アップ!
  • 腸内環境改善効果
  • 脂肪燃焼効果

腸の健康は、からだ全体の健康にも影響しますからね。

アカモクを毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

しかし…残念ながら、一般のスーパーではなだ売ってなうようなので

通販などで買ってくださいね。

今回、私は「アカモク家フコイ団十郎商店さん」でアカモクを購入しました。

アカモク家フコイ団十郎商店の通販サイトはこちら

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    ABOUTこの記事をかいた人

    主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。