技あり!ふわふわ失敗なしのシフォンケーキレシピ【動画つき】

シフォンケーキレシピ

ふわふわのシフォンケーキは、人気のスイーツ!今年のクリスマスに手作りのシフォンケーキなんて、いかがですか?

シフォンケーキなんで、難しくてムリムリ!なんて思っているかもしれないけど、シフォンケーキってコツさえ掴んでしまえば、意外と簡単に作ることが出来ちゃうスイーツです。

今回は、絶対に失敗しないシフォンケーキレシピを動画つきで、ご紹介したいと思います。

ふわふわシフォンケーキを作るための5つの裏技

シフォンって英語で絹っていう意味。ふわふわで絹のように滑らかでしっとりした食感が特徴ですよね!

最近では、シフォンケーキ専門店もあるくらい人気のスイーツですが、この作り方をマスターすればお店の味にも負けないくらい、ふわふわ♡しっとりしたシフォンケーキを作ることができますよ~

是非、チャレンジしてみてくださいね。

ふわふわシフォンケーキはメレンゲ作りで決まる!メレンゲ作りの3つのコツ

メレンゲの作り方

シフォンケーキが成功するかどうか?その7割は、このメレンゲ作りにかかっています。

  1. 卵白を軽くほぐした後、一気にグラニュー糖を入れる
  2. 7分立ちしたところで、コーンスターチとレモン汁を入れる
  3. メレンゲは8分立ちの状態までに(ピンと角がたつくらい)

しっかり安定したメレンゲを作るために、3つのコツは絶対に抑えておいてくださいね。

生地作りはメレンゲの捨て作業が決めて

シフォンケーキレシピ

メレンゲと卵黄生地を合わせるときに、まず4分の1のメレンゲを卵黄生地としっかり混ぜ合わせることで、その後4分の3のメレンゲの泡を潰すことなく、ふんわりとしたシフォン生地を作ることができます。

シフォンケーキは温度が命

シフォンケーキは、温度が命です。
オーブンは予め天板も一緒に170℃の予熱をしておきます。

焼き上がったシフォンケーキは逆さまでしっかり冷ます

シフォンケーキレシピ

シフォンケーキは、焼き縮みを防ぐためにオーブンから出したらすぐに逆さまにして冷まします。

シフォンケーキ型はアルミ製がおすすめ!

最近、テフロン製のシフォンケーキ型が売っていますが、シフォンケーキは型に引っ付きながら形成していくので、焼き上がって後逆さまにして冷ましている間に落ちてしまって、しぼむ原因になります。

テフロン製のシフォン型の場合は、焼き時間を長めにすることで失敗が少なりますが、焼き時間を長めにすることで、しっとり感が損なわれるので、余りおすすめしません。

もし、新しくシフォン型を購入する場合は、絶対にアルミ製にしてくださいね!

因みに、わたしが使っているシフォンケーキ型は、これです!ケーキ材料の専門店に行くと、アルミ製のシフォン型は3,000円くらいするので、Amazonで売っているシフォン型が一番安くて良いです。

この5つのコツをしっかり頭に入れて、シフォンケーキを実際に作ってみましょう!

実際にシフォンケーキを作ってみよう!

材料 20cm型  ()内は17cm型

卵白・・・・・・・・・・・・270g(160g)
グラニュー糖・・・・・・77g(45g)
コーンスターチ・・・・・9g(5g)
レモン汁・・・・・・・・・・2g(1g)
卵黄・・・・・・・・・・・・110g (65g)
上白糖・・・・・・・・・・ 43g (25g)
米油・・・・・・・・・・・・50g(30g)
牛乳・・・・・・・・・・・・77g(45g)
薄力粉・・・・・・・・・120g (70g)

下準備

シフォンケーキレシピ
  • 上記の材料は、正確に量っておきましょう。
    シフォンケーキの場合は、卵の量も重要なポイントになるので、卵の大きさによって個数が異なるためグラム表記しています。
    通常の卵の重さ
    Mサイズで卵白35g・卵黄18g
    Lサイズで卵白40g・卵黄20g
  • シフォンケーキは温度が命です。オーブンは天板も一緒に170℃の予熱で温めておきましょう。

シフォンケーキの作り方

シフォンケーキの技部分は赤文字にしています。しっかりチェックしてくださいね~!

メレンゲ作り

メレンゲの作り方
  1. 卵白を軽くほぐし、グラニュー糖を一度に加えてハンドミキサーで7分立ちまで泡立てる
  2. レモン汁とコーンスターチを加え、更に8分立ちになるまで泡立てる

卵黄生地作り

シフォンケーキレシピ
  1. 卵黄に上白糖を加えてハンドミキサーで混ぜ合わせる
  2. 卵黄と上白糖がしっかり混ざったら、米油を流し入れ更に混ぜ合わせる
  3. 次に牛乳を加え、滑らかになるまで混ぜ合わせる

シフォン生地作り

シフォンケーキレシピ
  1. 卵黄生地にメレンゲを4分の1加えて、しっかりと混ぜ合わせる
    これが、メレンゲの捨て作業です。
  2. 次はメレンゲの中に、1の卵黄生地を流し入れ、メレンゲの泡を潰さないように、ゴムべらでザックリと丁寧に素早く混ぜ合わせます。
  3. 出来あがったシフォンケーキ生地を、型に流し入れます。
  4. 生地を全て流し入れたら、中に空洞ができないようにするために、シフォン型を軽くゆするように回します。

シフォンケーキを焼く

  1. 予め170℃で予熱しておいたオーブンで、40~45分焼き上げます。
    (17cm型の場合は、30分くらい)竹串で刺して生地がくっつかなければOK!

シフォンケーキを冷ます

シフォンケーキレシピ
  1. シフォンケーキが焼きあがったら、すぐに逆さまにして冷まします。
    シフォンケーキ型には穴が開いているので、逆さまにして瓶などに刺して冷ますといいですよ。
  2. しっかり覚めたら完成です。

シフォンケーキの動画もアップしていますので、参考にしてくださいね~

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ふわふわのシフォンケーキを作るコツさえわかれば、オーブンで焼くまで約15分くらいで簡単にできちゃいますよ。

今年のクリスマスは、ぜひ手作りふわふわのシフォンケーキ作ってみてくださいね~

2 件のコメント

  • レシピをありがとうございます。勉強になりました。
    シフォンケーキ作りに一つ悩みがあります。底上げということです。調べて見たら原因は焼きが甘いと言うことだそうです。なので温度を上げたり焼き時間を長くしたり色々努力したがそれでもダメでした。長く焼く時間によって焼き色が濃すぎたりケーキが乾燥になったりしてしまいました。
    昔一回成功したのに、次はどんなに作っても底上げです。ちゃんとアルミの型を使っています。紙型だと底上げはありませんが。
    どうすればいいですか。教えていただければ幸いでございます。

    • nicole9199さん、コメントありがとございます。

      回答が遅くなりましたが、底上げの原因として考えられることは

      ・生地を流し入れるときに、底に空気が入っている➡これは焼く前に竹串で底を軽くかき混ぜる
      ・ひっくり返して冷ますときに、底が外れてしまっている➡焼く温度や低いまたは、焼き加減が足らない
       ➡焼く前に型の側面に生地を薄く貼り付けることで、逆さにして冷ますときに、型から外れてしまうのを防ぐことができます。
      ・生地をつくるときに、メレンゲを硬く泡立てすぎることで、うまく黄身の生地と混ざらない

      一度、試してみてくださいね。
      美味しいシフォンケーキを作ってください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    ABOUTこの記事をかいた人

    主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。