ミルフィーユ鍋にカマンベールチーズをプラスして免疫力UP!アボカドとトマトのオリーブオイル鍋レシピ

大根おろしアート鍋画像

冬の定番のお鍋!今こそ食べたいのが健康鍋ですよね。

世界一受けたい授業では、人気のミルフィーユ鍋にカマンベールチーズをプラスすることで免疫力UP!風邪予防効果がある健康鍋が紹介されました。

その他にも、定番の鍋料理にある食材を加えることで、健康・美容効果を得ることができます。

 

世界一いけたい授業で紹介された、症状別健康鍋「新・鍋料理2017」

世界一受けたい授業の家庭科の時間では佐藤秀美先生が、新・鍋料理2017と題して、症状別の健康鍋を紹介してくれました。

ミルフィーユ鍋にカマンベールチーズをプラスして風邪予防効果UP!

定番となった白菜と豚肉とを重ねて食べるミルフィーユ鍋ですが、白菜にはイソチオシアネートやフラボノイドが免疫細胞を活性化する成分を豊富に含まれているので、風邪の予防効果が期待できます。

一般的には、白菜⇒豚肉⇒白菜⇒ベーコンと順番に重ね、鶏ガラスープ入れて作るのが一般的ですが、そのミルフィーユ鍋に、カマンベールチーズを加えることで更に免疫力をアップすることができます。

カマンベールチーズは、免疫活性を高める効果が期待できる、ペプチドや乳酸菌が豊富に含まれているため風邪の予防効果が期待できるそうです。

白菜は煮えたら、真ん中にスペースを開け食べやすく切ったカマンベールチーズをのせて、チーズがとろけたら完成です。

お好みで黒コショウをかけていただきます。

お鍋のシメにご飯をいれて、チーズリゾットにしていだたきます。

 

免疫力UPしたい人におすすめ!春菊と鶏肉の鍋

昆布とお酒のだし汁に、春菊と鶏肉を入れただけのシンプルなお鍋です。

お鍋のわき役的存在の春菊ですが、免疫力を高めるβカロテンや食物繊維が豊富に含まれています。鶏肉には免疫細胞の原料となるタンパク質が多く含まれています。

更に、鶏肉には粘膜を強化するビタミンAが豊富なので相乗効果で免疫力UP効果が期待できます。

 

肌の老化が気になる人のおすすめ!パクチー入り塩レモン鍋

レモンは煮すぎると苦味ができるので、よけて食べましょう。塩レモン鍋にパクチーを加えることで、肌の老化を遅らせることができます。

パクチーには強い抗酸化作用をもつビタミンCとβカロテンが豊富に含まれているので、肌の老化を遅らせることが期待できます。

 

血液サラサラにしたい人におすすめ!落合シェフ考案アボカドとトマトのオリーブオイル鍋のレシピ

アボカドは血液をサラサラにする効果のある、オレイン酸やビタミンEを豊富に含んでいます。また、血液サラサラといえばトマトですね。

オリーブオイルとアボカドには、悪玉コレステロール値を下げるオレイン酸が多く含まれているので、血液をサラサラにする効果が期待できます。

   
マイタケ トマトジュース
エノキ オリーブオイル 
ズッキーニ にんにく 
サニーレタス 唐辛子 
トマト 長ネギ
アボカド アンチョビ
鶏むね肉 鶏ガラスープ
エビ 粉チーズ
アボカドとトマトのオリーブオイル鍋の作り方

  1. オリーブオイルをたっぷり入れた鍋に、粗みじん切りにした、にんにく・唐辛子・長ネギ、アンチョビを焦げないようにじっくりと炒める
  2. ①にトマトジュースを入れしっかり煮つめ、水を加えて塩で味を調整する
  3. ②にマイタケ・エノキ・ズッキーニ・サニーレタスを入れ、鶏むね肉と海老のつくねを入れる
  4. ③に鶏ガラスープの素と粉チーズで味を調える
  5. ④にアボカドと湯むきしたトマトを入れて完成

落合シェフおすすめの、アボカドとトマトのオリーブオイル鍋の効果的な食べ方は、具材を取り分けた器に直接オリーブオイルをかけていただきます。

イタリア人は、茹でた野菜などに直接オリーブオイルをかけて食べるそうですよ。一度試してみてくださいね。

 

いろいろなお鍋を紹介しましたが、我が家の免疫力UP鍋もご紹介したいと思います。

 

ミルフィーユ鍋+大根おろし+キムチで免疫力UP&見た目も可愛いアレンジ鍋

ミルフィーユ鍋は、かつおだしや昆布だしが一般的ですは、ひと工夫することで免疫力UP!健康鍋を作ることができますよ。

今回は、キムチ鍋スープを使ってミルフィーユ鍋を作ります。また、大根おろしアートで見た目にも可愛いお鍋を作ることができました。

大根おろし+キムチ!これは免疫力UPの最強の組み合わせになります。どうして免疫力UPするのかは、後ほど説明するとして、まず作り方をご紹介しますね。

 

ミルフィーユ・アレンジ鍋の作り方

ミルフィーユアレンジ鍋の材料
白菜 キムチ鍋スープ
豚ロース薄切り お味噌
えのき  
豆腐  

 

大根おろしアート鍋レシピ

① 白菜を縦半分に切り、白菜と豚肉を順番に4~5回重ねた後、6~7センチ幅に切ってお鍋の中に円を描くように並べる。その他に入れたい具材があれば切っておく。

② 大根をひたすらおろす。この大根おろしで大根おろしアートを作るので、作りたいものによって分量は違うのですが、今回1本丸ごと使用しました。

※ おろした大根は、絞っておいてください。大根おろしの汁はお鍋の中に入れるので、捨てないでくださいね。

 

大根おろしアート画像0204-01③ 水分を絞った大根おろしで、大根おろしアートを作ります。今回は「くまさんの家族」を作りました。

中央のパパくまは、形を作ってからだし醤油をたらすと茶色のくまさんに!白くまさんの耳は生姜で、目と鼻は味付けのりで作ってみました。

キャラ弁を作っているママさんなら、多分便利グッツを持っていると思いますが、娘は21歳!我が家には便利グッズはないので、キッチンばさみで適当に作りました。

 

このまま、お鍋を火にかけると、くまさん親子が大変なことになっていまうので、一旦くまさん親子は別のお皿に避難させました。

※ 大根おろしには、たんぱく質をやわらかくする酵素があるので、皮膚が弱い人は手がヒリヒリします。私もくまさんを作っている間、手がヒリヒリ~赤くなってしまいました。

しばらくすると、直ぐに赤みもヒリヒリもなくなりますが、肌が弱い人は、お料理専用の手袋とかした方は良いかもしれませんね。

 

大根おろし鍋④ お鍋の中に、キムチ鍋スープ、大根の汁を流し入れ蓋をして火にかけます。出来上がったお鍋の中に作っておいた、くまさん親子を載せて完成!

右のくまさんが、溺れそうになっていますが、取りあえずくまさん親子に見えるので良しとしましょう。

 

みぞれ鍋⑤ 写真撮影したり~しっかり楽しんだ後は、くまさん親子は可哀想な気もしますが、みぞれ鍋にして、その他の具材、キムチを入れて、大根おろしを大量に入れているので、味が少し薄いと感じたらお味噌を入れてみてください。コクがでて美味しくなりますよ!これで、みぞれキムチ鍋の完成です。

 

キムチチーズリゾット⑥ お鍋のしめは、ちょっとお洒落にチーズキムチリゾット♪ キムチとチーズの相性は抜群です。キムチ鍋をそのまま雑炊にしてしまうと、ちょっと辛い!でもチーズを入れると、キムチの辛さがまろやかになります。是非、お試しください。

 

キムチみぞれ鍋は免疫力アップ効果抜群の最強鍋!

私たちの免疫細胞の約6~7割は、腸内に生息しています。免疫力をアップさせるには、腸を元気にする食べ物を摂るようにすると、免疫細胞が活性化し強いからだを作ることができます。

キムチには乳酸菌がいっぱい!

キムチ

キムチには乳酸菌がたっぷり!キムチを食べると腸内に住んでいる善玉菌(乳酸菌)のエサとなって免疫力がアップします。キムチ鍋にするとキムチの漬け汁までお鍋の中に入れてしますよね。実はこのキムチの漬け汁の中には乳酸菌がたっぷり詰まっています。その数は白菜の部分の100倍以上とも言われています。

大根は医者いらず!医者や薬以上の効果が!

大根おろし

大根は昔から、医者いらずと言われていて、医者や薬以上の効果を発揮すると言われています。

大根をおろすことで、イソチオシアネートという成分が作られ、殺菌や血液サラサラ効果があると言われています。イソチオシアネートは、健康効果以外にも美肌、アンチエイジング効果もあると言われています。

また、大根や白菜にはBRM成分が豊富で免疫向上効果があることも分かっています。
このBRM成分は、免疫賦活性物質と言い6大栄養素に加えて必須栄養素として注目されている、7番目の栄養素です。

 

その他の鍋レシピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。