可愛い♡とインスタで話題のエッグインクラウドの作り方

 

アメリカのインスタで話題になった「エッグインクラウド」を作ってみました。

新食感の目玉焼きみたいなイメージですね。

 

最近は、エスプーマや泡醤油などなど「泡」を使ったお料理が注目されていますよね。エッグインクラウドも泡料理のひとつです。

エックインクラウドは、卵さえあれば簡単に作ることができる手軽さも人気の秘密かもしれません。

いつもの目玉焼きを、エッグインクラウドにするだけで食卓が楽しくなりそうですね。

誰でも失敗することなく上手に作ることができるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

エッグインクラウドってなに?

エッグクラウドは、アメリカのインスタグラムで話題になった卵料理のこと。

  • エッグ=たまご
  • クラウド=雲

ふわふわの雲の中に太陽がいるみたいに見えるところから、エッグインクラウドという名前がつえられたようですね。

基本の材料は、たまごのみなので、目玉焼きの新化系のお料理ですね。

SNSを見てみると、とっても可愛いエッグインクラウドがありました。

SNS映えするのも人気の秘密かもしれませんね!

では、早速エッグインクラウドを作ってみましょう。

 

ほうれん草とベーコンのエッグインクラウドのレシピ

作り方は、簡単ですよ!ちょっとしたひと手間で、ワンプレート料理が華やかになりますよ。

 

【材料 3人分】

3個 ベーコン 1枚
塩コショウ 適量 ほうれん草 1株

【下準備】

エッグインクラウド材料
  • 卵は、卵白と黄身に分けておく
  • ベーコン・ほうれん草はみじん切りカットしておく

ワンポイント!

メレンゲを作るときは、卵を常温に戻しておいた方が、作りやすいですよ。

 

ほうれん草とベーコンのエッグインクラウド作り方

 

メレンゲ
  • 卵白で、メレンゲを作ります。(ツンと角が立つくらいのかたさ)
  • メレンゲの中に、みじん切りにした具材を入れて混ぜ合わせる

 

エッグインクラウド画像
  • 天板にオーブンシートを敷き、メレンゲを丸くのせて真ん中をくぼませておく
  • メレンゲの中央に、卵黄がつぶれないようにのせる
  • 250℃のオーブンで5分~6分焼くと完成です
  • お好みで塩コショウやケチャップなどをつけていただきます。

ワンポイント!

エッグインクラウドをメイン料理にするときは、中の具材を大きくカットするとボリュームがでますよ。

 

今回は、ハンバーグと一緒にワンプレートにしてみました。

ワンプレートランチ0428

ハンバーグの作り方は、今話題の2つのダイエット食材を使った絶品♡和風ハンバーグで紹介しています。

今回のハンバーグソースは、オニオンソースを作ってみましたよ。とっても美味しかったので、オニオンソースの作り方も紹介しますね。

 

オニオンソースの作り方

【材料 3人分】

玉ねぎ 半分 ★みりん 大さじ1
★醤油 大さじ1と1/2 ★赤ワイン 小さじ1

【下準備】

オニオンソース材料の画像
  • ★の調味料を合わせておく
  • 玉ねぎは、すりおろしておく(食感が欲しい場合は1/4くらいをみじん切りにする)

 

ハンバーグオニオンソース画像
  • するおろした玉ねぎ、調味料を中火で5分くらい煮る
  • ハンバーグの肉汁が出たフライパンに流し入れる

玉ねぎの優しい甘みがアクセントになって、とっても美味しいですよ。

 

その他も、ちょっとした工夫で美味しくできる、お料理レシピを紹介しています。
⇒ 簡単お料理レシピ おすすめ♡  ぜひチェックしてくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。