初心者でも簡単!美味しいぬか漬けの作り方

漬物

近年、腸の健康は、健康や美容に大きな影響を与えていると、メディアなどでも多く取り上げられるようになりましたね。健康や美容のために、毎日ヨーグルトを食べるようになった人も多いのではないでしょうか?

私たちの腸の中には、からだ全体の約7割もの免疫細胞が集まっており、がんをはじめ、うつ病やアレルギー疾患など様々な病気の原因は腸内環境の悪化によるものと考えられるようになりました。

その他にも、腸内細菌叢の中にデブ菌とヤセ筋が存在し、効率よくダイエットをするためには腸内環境を整えるのは必須とも言われるまでになりました。

体質などを変えるのは非常に難しいですが、腸内環境は日々の食生活や生活環境を改善することで比較的、簡単に改善されることが出来ると言われています。

しかし、逆にちょっとした環境の変化で簡単に悪化してしまいます。腸内環境を常に良好な状態に保つためには、乳酸菌や食物繊維・オリゴ糖などを日常的に摂取することが大切です。

と言うことで、今日は日本人の腸内細菌叢にとても相性が良い植物乳酸菌がたっぷり含まれた「ぬか漬け」の作り方をご紹介したいと思います。

その前に、ぬか漬けに秘められた健康・美容効果について少しお話したいと思います。

ぬか漬けの凄さよりも早くぬか漬けの作り方が知りたい人は、ぬか漬けの作り方へジャンプしてください。

 

日本人の腸内環境を劇的に改善させる”ぬか漬けパワー”

乳酸菌ならヨーグルトを毎日食べてるから・・・と思っているかもしれませんが、牛乳やヨーグルトと食べると便が緩くなったり、お腹がグルグルすることはありませんか?

日本人はヨーグルト(動物性乳酸菌)などに含まれる乳糖を分解する酵素が不足している乳糖不耐症の人が多く、その数は、全体の約75%ともいわれています。

乳糖不耐症の人がヨーグルトを食べると、小腸での乳糖の分解がうまくいかずに消化していない状態で腸内に残ります。 分解されなかった乳糖は大腸のなかで腸内細菌によって発酵し、発生した炭酸ガスや脂肪酸が腸を刺激し腸内環境を悪化させてしまいます。

ヨーグルトを食べても特に変化を感じない人は、毎日の食卓に”ぬか漬け”を取り入れてみてください。

私たち日本人の腸内細菌叢には、ヨーグルトなどに含まれる動物性乳酸菌よりも、お味噌やしょうゆ・みりん・ぬか漬けなどに含まれる植物性乳酸菌の方が相性がいいんですね。

”ぬか漬け”がもたらす健康・美容効果

①アンチエイジング効果
ぬか漬けに豊富に含まれる乳酸菌によって腸内環境が整い血流が良くなり細胞が活性化され若返り効果が期待できます。

②ダイエット効果
野菜をぬか漬けにすることによってビタミンB1の含有量がアップします。ビタミンB1は糖質代謝を助ける働きがあり
エネルギーが効率よく消費されるようになります。

③便秘解消効果
ぬか漬けは植物性乳酸菌が豊富です。乳酸菌と野菜の食物繊維のパワーによって腸内環境が整い便秘が解消されます。

④美白効果
ぬか漬けを作っている人の手は、シミがない艶やかで白い手をしています。ぬかにはビタミンと脂質にあり、ビタミンの美白効果と、脂質によって肌の潤いを保ってくれる効果があります。

近年、日本人の便秘人口が増加傾向にあると言われていますが、もともと日本人は便秘体質ではありません。食物繊維が豊富な野菜中心の和食は、しょうゆ・お味噌・みりんなどで味付けをし、植物性乳酸菌を自然に取り入れられていました。

特に”ぬか漬け”は、日本の伝と敵な発酵食品で植物乳酸菌が豊富に含まれているだけでなく、善玉菌を増やす働きをする酵素がたっぷりと含まれています。

毎日の食事に是非、ぬか漬けを取り入れてみてください。ただし!本物のぬか漬けを選ぶことが重要になりますよ!

お漬物はスーパーで買う人が多いと思いますが、残念ながらスーパーなどで売られているぬか漬けの多くは、添加物などが含まれているため本来のぬか漬けの効果を得ることができません。

お漬物の裏面を見ると、本物のぬか漬けには入っていないような添加物が沢山入っています。

お漬物によく使われる添加物

たんぱく加水分解物、酸味料、調味料(アミノ酸等)、甘味料、酸化防止剤、pH調整剤、保存料、着色料、香料、増粘多糖類

添加物は、長期保存・風味・見た目、また栄養素を加えるなどを目的としたものですが、ぬか漬けに添加物を加えることでぬか漬けの効果は半減してしまいます。

ご飯のお供にぬか漬けを食べるのであれば問題ないかもしれまんが、健康や美容のためにぬか漬けを食べるのであれば、添加物が入ったスーパーのぬか漬けはおススメできません。

そこで、とっても簡単に本格的な”ぬか漬け”の作り方をご紹介したいと思います。

 

本格的”ぬか漬け”の作り方

ぬか漬けを家で作る・・・ちょっとハードルが高いですよね。

ぬか漬けは野菜に含まれる乳酸菌や酵母をぬか床で繁殖させたもので、ぬか床には乳酸菌をはじめ多くの菌が生きています。

よく「ぬか漬けは生き物」と言われますが、毎日少しずつ空気を入れ替えるために混ぜてあげないといけません。旅行などにぬか床を持っていく人もいるくらいです。

ぬか床のお世話は、思った以上に大変なんですよね・・・実は、何度もぬか漬けをダメにした経験があり、味がおかしくなってしまったり、カビが繁殖してしまったり。

そんなとき国産熟成ぬか床セットを発見!!

主人と娘が、今までのぬか漬けの中で一番美味しいと言うのですが、今まで苦労していたのに・・と思いましたが、本当なので仕方ないですね。

「国産熟成ぬか床」は、混合ぬかと天然酵母と水を混ぜるだけで、 すぐに美味しいぬか漬けを作ることができます。誰でも超かんたんに美味しいぬか漬けを作ることができます。

 

国産熟成ぬか床のおすすめポイント!ここが凄い!!

国産熟成ぬか床は、インナービューティプランナーの木下あおいさん監修のもと作られています。

木下あおいさんは、テレビや雑誌などに多数出演されているので知っている人も多いと思いますが、インナービューティダイエットサロンの代表で、管理栄養士として、女性が内側から美しくなるための食事を発信されています。

インナービューティダイエットサロンでは、「腸」をキーワードに野菜中心・発酵調味料を用いたレシピを伝え、3ヵ月で-5kg、-10kg綺麗に痩せる生徒が続出していると話題になっています。

色々な書籍も出版されています。

「国産熟成ぬか床」は、一般のぬか床の約240倍天然酵母が入っているので、面倒な捨て漬けの工程は全く必要なく、その日から簡単に本格的なぬか漬けを作ることができます。

天然酵母とは、自然界のいたるところに存在する菌類で、発酵食品を作る際に用いられます。自然界にある酵母を時間をかけてそのまま培養したものを天然酵母と呼んでいます。

新しいぬか床を作る際、ぬかの発酵を促すために野菜を漬けます。この時に漬けた野菜は食べずに捨てることから、捨て漬けと呼ばれています。通常、捨て漬けを7~10日ほど何度も繰り返し、ぬか床が完成します。

国産熟成ぬか床で作る”ぬか漬け”の作り方

ぬか漬けセット画像
国産熟成ぬか床セット内容

  • 混合ぬか袋・・・1袋
  • 天然酵母・・・1袋
  • 専用ジッパー袋・・・1袋
  • 日付シール
  • ガイドブック

後は水250mlと、お好みのお野菜を用意してくださいね。

【ぬか漬けの作り方】

ぬか漬け
  1. 専用ジッパー袋の中に混合ぬか・水250mlを加える
  2. 袋の外側から両手で混合ぬかがしっとりするまで混ぜる
  3. ②に天然酵母を加え、袋の外側から味噌の固さになるまで、しっかり揉み込む
これで、ぬか床の完成です!簡単ですよね~、袋の外側から揉むだけなので手も汚れませんよ。

今回は、主人と娘が大好きなキュウリのぬか漬けを作りました。

ぬか漬け
  1. キュウリは綺麗に洗って水気を拭き取り、両端をカットする
  2. キュウリにぬかが密着するように軽くもみ、袋の空気を抜いてジッパーを閉じる
  3. 付属の日付シールに漬けた日にちと、食材を記入して冷蔵庫に1日漬ける
翌日には、とっても美味しいぬか漬けを食べることができます。
きゅうりの漬物

普通のぬか漬けの場合は、野菜を事前に塩もみなどの下準備が必要になりますが、国産熟成ぬか床なら面倒な下準備も必要なし!

はじめてぬか漬けを作る初心者でも簡単にぬか漬けを作ることができますよ。

国産熟成ぬか床セットはこちらから購入することができます。

 

まとめ 初心者でも簡単に本格的”ぬか漬け”が作れる

如何でしたか?お漬物は塩分が気になる人も多いと思いますが、お野菜にはカリウムが豊富に含まれています。

野菜に含まれるカリウムによって、摂取したカリウムと同じ量の塩分を尿として体外に排出してくれるので、食べ過ぎは良くありませんが、適量であれば腸内環境に非常に良い効果をもたらします。

家族の健康のため、そして美容のためにぬか漬けを作ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。