今年もはじまりました!秋祭りの練習

堺だんじり祭

今年もはじまりました!
秋祭りのだんじりの練習です。

夏休みの終盤頃から、だんじりのお囃子の音が鳴り響き、走り込み(?)の練習が行われます。
私の生まれ育った町は、夏祭りで布団太鼓が盛んな町だったので「お祭り」は大好きで、お囃子の音が聞こえると、なんだかワクワクした気持ちになります。

だんじり祭

だんじり祭と言えば、テレビなどでも放送される岸和田だんじり祭が有名ですね。
でも、実は堺市のだんじり祭の方が、その歴史は古いと言われています。

だんじり祭の歴史

だんじり祭の歴史は、米や麦、豆、あわやひえなどの五穀豊穣を祈願したことが始まりと言われています。
だんじり祭の時には、地域が一体となり地域を結びつける精神へと繋がっていきます。

有名な岸和田だんじり祭は、約350年前に行った、稲荷祭がその始まりだと言われていますが、堺だんじり祭りの歴史は、約400年前から行われいると言われているので、岸和田だんじりよりも50年も前から、行われていました。

堺だんじり祭は、だんじりの発祥と言われています。

我が家のマンションの前の道は、駅ロータリーに続くメインストリートになっていて、マンションの外周をぐるりと、だんじりが通ります。
道路でだんじり祭を見物しようと思うと、大変な人で混雑しゆっくり見物することが出来ませんが、マンションのベランダからバッチリ、見物することができます。
今年のだんじり祭は、10月2.3.4日。ベランダ越しからですが、しっかりだんじり祭に参加したいと思います。

しかし・・・インターネットを見ていると、こんな悲しい記事を見つけてしまいました。

だんじり祭りを廃止してほしい―市民の声

堺市のホームページ、市民の声の記事です。

市民の声としては、だんじり練習の声や音がうるさくて迷惑している。
だんじりが通った後は、木屑が道路にこびりつき迷惑をしている。
と言った内容のものでした。

市の考え方としては、秋祭りのだんじりは、堺が誇る歴史・伝統の祭りであり、これを後世に残していくためにも。秩序ある祭りとなることを望んでいます・・・

どんな事でも、満了一致は難しいですね。
私のマンションのまわりでは、走り込み練習が行われいて、大きな掛け声と共に全速力で走り抜けます。
確かに、大きな声ではありますが、うるさい!騒音だなんて感じたことが1度もありません。
また、夜遅くまで鳴り響くお囃子の音を聞くと、本番が楽しみになります。

そう言えば、今年は早朝からのお囃子の練習や、夜の走り込み練習なども少なくなってしまったように気がします。自粛しているのか・・・と思うと、少し悲しい気分になりますね。

このような、伝統文化は地域みんなで守って行きたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。