得弁ライダーが作る本格スペアリブのレシピ&オムレツのレシピ!ポリ袋にほっときワザ【得する人損する人】

スペアリブの画像

2016年12月8日(木)19時から放送される、あのニュースで得する人損する人では”超節約レシピ!格安食材が本格ディナーに変身SP”が放送されました。

お弁当のヒーロー得弁ライダーの得ワザはパーティ料理の数々を、ポリ袋にほっときワザを使ったレシピを披露してくれました。

クリスマスパーティに嬉しいレシピになりそうですよ。

ポリ袋にほっときワザを使えばスペアリブだけでなく

  • ポリ袋に乾麺とソースを入れて茹でれば、本格パスタに
  • ポリ袋に卵とミックスベジタブルを入れて茹でれば、ふわふわオムレツに
  • ローストビーフや角煮・鶏の照り焼きまで作ることができます。

べパ地下で作ったような豪華なパーティ料理を作ることができるだけなく、油を使わないのでヘルシーなお料理を作ることができます。

それに!ポリ袋を使って作るので、洗い物も少なくて済む主婦にとって嬉しいお料理ばかりです。

では、早速ご紹介しましょう!!

 

15分お湯につけるだけ!ポリ袋にほっときワザで得弁ライダーが作る豪華スペアリブの作り方

ポリ袋に100g130円程度の安い肉を入れお湯の中で15分ほったらかしにしただけで、文句のつけようがないほど美味しいスペアリブを作ることができます。

とっても簡単にできるので、実際に作ってみました!本当に簡単で、美味しく出来上がりました。

 

スペアリブ画像1209-002
スペアリブの材料(1人分)
スペアリブ(豚)100g130円程度 2本 しょうゆ 大さじ1
マイタケ 1/3株程度 ハチミツ 大さじ1
    オイスターソース 大さじ2

 

ポリ袋ほっときワザで作るスペアリブの作り方

レシピ画像1209-001
  1. ポリ袋にスペアリブを入れる
  2. ①マイタケをほぐして入れる
  3. ②の中にしょうゆ・ハチミツ・オイスターソースを加え、よく馴染ませる
  4. ③をなるべく空気を抜いて、ポリ袋の口をしっかり縛る
  5. 沸騰したを弱火にして、お湯の中に15分間ゆでる

※ポリ袋は、耐熱性のあるポリ袋を使用してください。120℃以上可能と記載されているものか、高密度ポリエチレンと表記されているものを使用してください。

スーパーなどのポリ袋は、高温で使用することができないので注意してくださいね。

加熱できるポリ袋が家になかったので、保存袋を代用しましたが、うまく作ることができましたよ。

 

※マイタケはたんぱく質を分解する酵素が含まれているため、お肉を柔らかくする作用があります。また、マイタケは味が薄く素材の味を邪魔することがありません。

マイタケは、スペアリブを柔らかくするためと思った方がいいかもしませんね。お肉の味は美味しかったですがマイタケは味が濃すぎました。

 

※グツグツ煮立てると、お肉が硬くなるので注意が必要です。

 

ポリ袋ほっときワザを成功させるためのポイントは真空

ポリ袋を使って、今流行りの”真空料理”を作ることができるんですね。

ポリ袋を縛る際に、しっかり空気を抜いて真空状態にして縛ることで本格的な味になるそうです。

真空調理とは、フランス料理でプロが肉を柔らかくするために使う手法です。真空状態にすることでお肉を柔らかくすることができます。

また、フライパンで焼くと表面温度が300℃を超えてしまうため、お肉が硬くなります。しかし、100℃の湯せんでじっくり加熱することで、低温調理で作ることができます。

真空調理は密封しているので、風味やうま味を逃がすことなく素材のうま味を最大限に引き立てることができます。

また、ポリ袋に入れて湯せんで作るので、色々な料理を同時に作ることができるのも、ポリ袋ほっときレシピのメリットですね。

ポリ袋ほっときワザレシピ応用編

ポリ袋にほっときワザを使えばスペアリブだけでなく

  • ポリ袋に乾麺とソースを入れて茹でれば、本格パスタに
  • ポリ袋に卵とミックスベジタブルを入れて茹でれば、ふわふわオムレツに
ローストビーフや角煮・鶏の照り焼きまで作ることができます。

 

ポリ袋ほっときワザで作るオムレツの作り方

 

ポリ袋ほっときオムレツの材料(1人分)
3個 マヨネーズ 大さじ1
ミックスベジタブル 30g    
  1. ポリ袋に卵を割り入れ、ミックスベジタブル・マヨネーズを入れてよく混ぜる
  2. ポリ袋の空気をしっかり抜き、口を縛る
  3. 沸騰したお湯を弱火にし、②を入れ15分茹でる

     

ポリ袋の形がオムレツの形になるので、簡単に失敗することなくオムレツを作ることができます。

 

ポリ袋ほっときワザで作るパスタの作り方

乾麺+ソースをポリ袋に入れると、パスタも簡単に作ることができます。

パスタ作りのポイントは、ソースを多めで、ゆで時間を通常より2分プラスします。

乾麺とソースを入れ加熱することで、パスタがソースを吸い生麺風になるそうですよ!!

 

得する人損する人で紹介されたお料理レシピ

電子レンジの解凍モードで作る絶品"焼き芋"の作り方【得する人損する人】

2016.12.09

ステナイおばさんが作るジャガイモの皮で作る酢豚レシピ【得する人損する人】

2016.12.08

その他の家事えもんレシピはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。