3つのインフルエンザ予防法・あいうべ体操・歯磨き・マイタケ【世界一受けたい授業】

マスクをする女性

 

2016年12月3日(土)19時から、世界一受けたい授業で、家庭でできる“インフルエンザ3つの最新予防法”が紹介されました。

毎年年間1000万人が感染するインフレンザ、今年は9月から学級閉鎖が起こり、昨年のこの時期を比較すると約5倍の26万人の人がインフルエンザに感染しています。

しかし、インフルエンザ予防ワクチンの数が、昨年よりも300万本も減少しています。それは、ワクチンの製造会社が熊本地震の影響で製造を停止してしまっているからなんですね。

この冬、本当のインフルエンザの流行はこれからです。1月がピークのインフルエンザですが、今から予防することが大切になります。

感染対策コンサルタント新ゆり内科院長・高橋央先生が、インフルエンザ予防についてお話をしてくれました。

今年はインフルエンザワクチン不足です!今から予防をはじめましょう。

 

インフルエンザが体の中で広がる仕組み

インフルエンザ患者がくしゃみや咳をした、しぶきを運悪く吸い込んでしまった時から、インフルエンザ感染がはじまります。

インフルエンザウイルスは、たくさんのイボイボがあり、このイボイボがカギの役割をし、のどの細胞にある鍵穴に入ると、ウイルスを中に入れてしまいます。

すると私たちの細胞は勘違いをし、壊れたコピー機のようにインフルエンザウイルスを1000回コピーしてしまいます。

1000個に増えた2代目のインフルエンザウイルスは、自分の細胞を突き破って飛び出し、新たな細胞に潜り込んで更に、1000倍に増えていきます。

そしてたった1個のインフルエンザウイルスは、1日で100万個にまで増殖してしまいます。

 

今年の隠れインフルエンザの要注意!

今年のインフルエンザは高熱がでないインフルエンザに注意する必要があるそうです。通常インフルエンザは高熱が出るので判断がつきやすいのですよね。

微熱の場合は、軽い風邪程度と思っていると、実はインフルエンザに感染している”隠れインフルエンザ”が年々増加しています。

7~15歳の場合、隠れインフルエンザに感染している割合が22.1%、65歳以上になると70%ものが人が、隠れインフルエンザんに感染しています。

インフルエンザウイルスは熱に弱い性質があるため、人が高熱を出してウイルスを殺しています。しかし、免疫力が低下している高齢者や、小さい子供は高熱を出すことができません。

何よりも怖いのは、高熱が出ないでインフルエンザと知らないまま、感染源になることも多く、高齢者の人の場合は肺炎などに感染し、多くの方が死亡しているんですね。

軽い風邪かな?と思っても医療機関を受診するようにしましょう。

 

インフルエンザの検査は進化している

従来のインフルエンザの検査キットは、インフルエンザ発症から12時間以上経過していないと、インフルエンザが判別できませんでした。

体内にインフルエンザウイルスが増殖しなければ、判別することができなかったんですね。

しかし、現在のインフルエンザの検査は、高感度ウイルスセンサーによって発症後たった3時間で、インフルエンザウイルスに感染しているかどうかが判別できるようになりました。

検査法は、鼻の粘膜と特殊な液体を混ぜ、専用カートリッジに垂らすだけで、最短で3分半で診断することができます。

検査は保険が適用され、1回1000円で受けることができます。

 

インフルエンザに感染した後に手っ取り早く治す方法とは?

症状が重症化すると、タミフルでは効果がなく、重症化したインフルエンザは2010年から抗インフルエンザ薬ラピアクタを点滴する治療が、行われています。

点滴薬のため、全ての医療機関でできるわけではありませんが、30分程度で即効性がある治療法になります。

 

インフルエンザに感染しないためのワクチン接種のタイミング

受験生がいる家庭などでは、インフルエンザ予防が重要になりますよね。

免疫のピークはインフルエンザワクチンを打ってから3週間くらいになるので、大切な日から計算して、1回目を6週間前に2回目を3週間前に打つことで、予防効果がアップります。

 

家庭でできる3つのインフルエンザ予防法

家庭で簡単にできる、3つのインフルエンザ対策が紹介されていました。今日から始められるものばかりなので、見ていきましょう!

  • マイタケを食べる
  • 毎日歯磨きをする
  • 呼吸法を改善する

 

家庭でできるインフルエンザ予防その1.マイタケを1日70g食べる

マイタケはβ-グルカンを豊富に含み、免疫力をアップする効果が明らかになっています。

昨年の研究によると、北海道産のマイタケを食べた人は食べなかった人に比べ、インフルエンザ予防効果が最大3.5倍も高くなりました。

また、富山大学で行ったマウスの実験では 、インフルエンザウイルスの増殖を抑える効果があることも分かりました。

食べる量は、家族で1パック程度、1人約70gを目安に食べると良いようですよ。マイタケは熱を加えてもOKのようなので、鍋などに入れるといいですね。

 

家庭でできるインフルエンザ予防その2.歯磨きをする

インフルエンザウイルスは、のどの粘膜にくっついて増殖することで感染します。

気道の粘膜は、たんぱく質のバリアで守られているのですが歯垢などで、口の中が汚れて悪玉菌が多くなっていると、そこから酵素が発生し、たんぱく質のバリアを破壊してしまいます。

結果、インフルエンザウイルスがくっつきやすくなり、インフルエンザに感染しやすくなってしまいます。

老人ホームで正しい歯磨き指導を行ったところ、インフルエンザ感染率が10分の1に減少しました。

 

家庭でできるインフルエンザ予防その3.呼吸法を改善する”あいうべ体操”

福岡の小学校で、このあいうべ体操をはじめたところ、インフルエンザに感染する生徒が6分の1に減少したそうですよ!

あいうべ体操を行うことで、口呼吸から鼻呼吸になるんですね。

口呼吸の場合、インフルエンザウイルスが直接侵入してくるため、インフルエンザに感染しやすくなります。また、冷たい空気が入ることで、のどが乾燥し免疫力が低下してしまう原因になってしまいます。

しかし、鼻呼吸にすると、鼻水や鼻毛がフィルターとなりウイルスをブロックし、空気は鼻の内部で温められるため感染リスクが減ります。

年々、口呼吸の人が増加しているんですね。

 

あいうべ体操のやり方

  1. 「あ」口を大きく開く
  2. 「い」横に口角を広げる
  3. 「う」口をとがらせる
  4. 「べ」舌を下に突き出す

 

「あいうべ~」と声を出しながら、顔を動かします。この4つの文字を1セットにして4~5秒かけて行います。1日30セットぐらいを目安に行います。
 
あいうべ体操を行うことで、舌筋と口輪筋が鍛えられ、約1週間程度で口呼吸から鼻呼吸に変わるそうですよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。