関根勤さんが患った冠動脈狭窄の症状と心臓の冠動脈疾患ステント手術の全て

胸を抑える男性0528-000

 

5月28日8時から放送された、サタデープラスでは【関根勤に心臓の危険発覚!一命をとりとめるまでの30日間に完全密着!】が放送されました。

そういえば、関根さん最近見ないなと思っていたら、心臓の冠動脈疾患ステント手術を受けられていたんですね。

4月26日に44歳という若さで亡くなられた前田健さんも、心臓疾患の病気でした。

決して他人事ではありません!どんな病気でも必ず身体はサインを出していると言われています。病気の知識を付けることで、自分や家族の健康を守ることができますよね。

 

心筋梗塞で一番恐れられているのは、サイレントキラー突然襲われる病であることです。

しかし、突然発症されると思われている心筋梗塞の多くは、事前に身体はサインを出していると言われています。

病気を経験した人の多くは、「そういえばあの時」と身体のサインに気が付くのですが、発症してからでは遅いこともあります。

今回は、心筋梗塞の特有のサインや治療法などをご紹介したいと思います。

 

関根さんの冠動脈狭窄が見つかったきっかけは心臓ドックだった!

関根さんは20年くらい前から、1年に1回人間ドックは受けていたそうです。しかし、一般的な人間ドックの場合、心臓は安静時の心電図を取るだけなんですね。

緊急手術を行う必要があるくらい進行していた関根さんの症状でも、人間ドックでは見つけることが出来なかったんですね。

 

関根さんは、心臓ドックを受けたことで心筋梗塞を未然に防ぐことができました。

サタデープラスの【コサキン勇気の心臓ドック】と題し、還暦を過ぎた小堺一幾さんと関根勤さんの2人が人生はじめての心臓ドックを受けるという企画のお仕事がきっかけになったんですね。

しかし実際、放送された内容は【コサキン】ではなく【小堺一幾(60歳)勇気の心臓ドック】として放送されました。

関根さんの部分は放送されなかったのではなく、できなかったんですね。

 

心臓ドックってどんな検査?

心臓ドックの検査は心臓だけを集中的に調べるものです。

心臓を取り巻く冠動脈の血管が細くなったり、詰まっていないか、狭心症や心筋梗塞の原因や心臓の異常はないかなど、隅々までチェックしていきます。

  • 心電図検査
  • 心臓MRI検査
  • カルシウムスコア検査
  • 運動負荷心電図検査

約3時間程度の検査になります。

関根さんは、この心臓ドックから4日後に再検査の連絡が入ったそうです。

 

関根勤さんの心臓にみつかった2つの問題点

関根さんが心臓の検査をされた先生は、心臓画像クリニック飯田橋 寺島正浩ドクター。

今回の心臓ドックで、関根さんの心臓には2つの問題点が発見されていました。

 

その1. 心臓の冠動脈に狭くなった部分が何ヶ所もみつかった

人間のからだは、酸素や栄養素を絶え間なく必要としています。その必要な酸素や栄養素を運ぶのは血液です。

それは心臓も同じで、24時間ポンプとして動き続ける心臓は、酸素や栄養素を必要としています。その心臓に血液を送る大事な血管が冠動脈です。

冠動脈が細くなっているとどんなことが起きるの?

血管はチューブです。チューブの中にコレステロールの塊がどんどん溜まると血管が狭くなってしまいます。裂けてしまうと中からドロドロのゼリー状のコレステロールが溜まっているものが出てきて、血管をつまらせ心筋梗塞になってしまいます。

関根さんは、冠動脈の一部が細くなっている部分が何ヵ所も見つかったんですね。そのまま放置していると心筋梗塞になっていたかもしれません。

 

その2. 心臓CT検査によって冠動脈石灰化プラークが発見された

プラークとは脂肪の塊のことです。このプラークが長い年月放置され、石のように硬くなってしまった状態が石灰化プラークです。

石灰化プラークができたらどうなるの?

石灰化プラークにより血管は柔軟性をなくし、もろくボロボロになってしまいます。

この状態が動脈硬化で、石灰化プラーク(カルシウムスコア)危険度は、400を少しでも超えると心筋梗塞のリスクが大きくなります。

関根さんの石灰化プラーク(カルシウムスコア)の危険度の数値は400をはるかに上回る、635という数値にまでなっていました。

関根さんの635という数値は、同年代の男性の中でトップ4%に入る数字で、100人中ワースト4位になる数値だったんですね。

 

心臓ドックで病変が見つかったときの再検査とは

心臓ドックの検査によって、細くなって見えていた冠動脈が具体的に何パーセント詰まっているのか。造影CT検査で更に詳しく調べていきます。

この造影CT検査で、血管が75%以上詰まっていると手術を考えなければいけません。

血管のつまりが75%未満の場合は、心臓は少ない血液で順応できます。しかし、75%以上詰まってしまうと、その隙間を通れる血液の量がわずかになり十分な酸素を栄養素を運べなくなってしまいます。

すると心臓に大きな負担がかかってしまい、身体に様々な不調があらわれくるようになってしまいます。

この不調こそが突然死を未然に防ぐサイン、突然死を未然に防ぐ重要な前兆なんですね。

 

関根さんの再検査の結果は、3本ある冠動脈の2本が詰まっていることがわかりました。そして75%詰まった状態が何ヶ所か見つかり、手術を受けることになりました。

関根さんの場合は番組の企画によって、たまたま発見することができましたが、現実には身体のサインに気が付かず、多くの人が見逃してしまい命を落としています。

心疾患による死亡者数は、年間約20万人※厚生労働省平成26年人口動態調査

なんと、3分に1人が心疾患により亡くなっていることになります。

心臓からの悲鳴SOSのサインを知っておくことが大切ですよね。

 

心筋梗塞の症状とは?心臓からのSOSの代表的なサインとは

心臓からのSOSは、日常生活でよくある不調と似ていることが、多くの人がサインを見逃してしまう原因なのかもしれません。

番組では、本日のスーパードクターとして国立病院機構大阪医療センター循環器内科 科長 上田恭敬先生が、心筋梗塞の症状などを詳しく解説されていましたので紹介していきますね。

心臓からの悲鳴SOSの代表的なサイン

  • 息切れや動悸
  • 吐き気や胸やけ
  • 肩こり
よくある不調ばかりですよね。確かに見逃してしまいそうです。

 

不調と心筋梗塞とのサインを見分ける方法

よくある身体の不調の症状ですが、実は見分ける方法があるんですよ。心筋梗塞のサインにはある特徴がありました。

心筋梗塞の症状の特徴さえ知っておけば、自分や家族の命を守ることができますね。

 

心筋梗塞による胸の痛みの特徴

■ 点ではなく広範囲に痛みが出る

点でどこかが痛いという痛みではなく、なんとなくここら辺が痛いというような場所が特定できない、ぼやっとした痛み。

■ チクチクした痛みではなく押されたような圧迫感

チクチクと針で刺すような痛みではなく、全体的に重苦しい圧迫するような締め付けられるような痛み。

■ 痛みは数分続き何もなかったかのように治まる

この症状が最も大切な特徴で、痛みは長くても10分程度で治まります。

この3つの特徴が重なっていれば、心筋梗塞のサインなのですぐに病院を受診することが大切です。

 

心筋梗塞による胸やけや胃痛の特徴

心筋梗塞の場合、一番起きやすい症状は胸の痛みですが、2番目に多いのが胸やけです。

胸やけや胃痛などの症状があり、胃の検査をしてもに何も原因が見つからない場合、心臓からのサインの可能性があります。

胸やけの場合は、食べた後に症状が出る場合は心配しないで良い場合が多いですが、運動しているときに胸やけなどを感じる場合は、狭心症などの疑いがあります。

また、激しい運動をしたとき(階段を駆け上がる・坂を登るなど)に症状がでるのも心臓疾患の特徴ですね。

因みに、心筋梗塞の前兆など全くなかったと言っていた関根さんも、こんな症状があったことを番組で言われていました。

関根さんが感じていた症状

  • 胃痛が長期間続き、病院で胃の検査を受けていたが胃には全く異常がなかった。
  • 長い階段を上がると息切れをしていたが、年齢のせいだと思っていた。
関根さんの症状は、正しく心筋梗塞のサインだったんですね。

 

関根さんの主治医の先生の話によると、気が付かずにそのまま放置していると、2~3年の間に心筋梗塞を発症した可能性がある。と言われていました。

 

心筋梗塞を発症した芸能人の症状をまとめてみました。

心筋梗塞を経験した芸能人の人達が、実際に体験された心筋梗塞の症状についてご紹介したいと思います。

西田敏行(当時55歳)午後10時頃リビングでくつろいでいるときに発症

  • 発症の前に2回程、動悸や不整脈の症状があった
  • グッと詰まるような胸の痛み
  • 脂汗
  • 生あくび

ブラザートム(当時50歳)ライブのリハーサル中に発症

  • 突き上げるような胸の痛み
  • 息ができない

森本レオ(当時67歳)真冬の朝6時頃に発症

  • 大量の汗で目が覚める
  • 30分後に胸の痛み
  • 胸に熱湯が注がれるような感覚
  • 大量の汗
心筋梗塞を発症したときは、皆さん胸の痛みが伴っています。いつもと違う胸の痛みを感じたときは、直ぐに病院に行くようにしましょう。

 

動脈硬化・冠動脈が細くなる原因とは

冠動脈が細くなる原因は、血管にできるプラーク。要するに動脈硬化です。

プラークを作らないようにするためには、食生活と運動が大切になってきます。

以前、サタデープラスで血管の若返りにトマト寒天がよいと紹介されていましたよね。トマト寒天で血管若返り効果&腸内環境を改善し免疫力アップ!!【トマト寒天レシピ】で紹介しています。

関根さんの血管を75%も細くした、もうひとつの原因は血液検査によって分かりました。

 

冠動脈が細くなる原因その1. 悪玉コレステロール

そもそも悪玉コレステロールというのは、プラークを作る材料です。血液中の悪玉コレステロールの値が高ければ、プラークが作られてしまいます。

近年になって、悪玉コレステロールと共に、善玉コレステロールのケアも重要になってきています。悪玉コレステロール値だけでなく、LH比が重要視されています。

LH比というのは、悪玉コレステロールが善玉コレステロールの何倍あるか。いう数値で、新しい基準として非常に注目されています。

コレステロールのLH比については、HDL善玉コレステロールをUPするアディポネクチン&エリダテニンで紹介していますのでチェックしてみてくださいね。

 

悪玉コレステロールの正常値は、70~130ですが、関根さんの悪玉コレステロール値は180になっていました。

悪玉コレステロール値が、140以上の状態が数年間続けば、プラークができてもおかしくない状態だと言われています。

悪玉コレステロール値を上げる原因は、主にはカロリーの摂りすぎ。つまり食べ過ぎなんですね。

 

高カロリーな食事ばかりを食べていると、悪玉コレステロール値が高くなってしまうのですが・・・

関根さんは、お孫さんの誕生を期に食生活を改善されていました。

  • 食べすぎに注意していて1.5キロ減量していた。
  • 毎日のように食べていたケーキやお菓子類を月に1回にしていた。

一般的には食生活を改善したら悪玉コレステロール値は低下するはずですが、数値は改善されないままでした。

 

冠動脈が細くなる原因その2. 体質

高カロリーの食事をたくさん食べても、からだの中で悪玉コレステロールを作らなかったり、逆に余り食べなくても、たくさん悪玉コレステロールをつくることによって悪玉コレステロールの値が高くなることがあります。

つまり体質によって決まります。

関根さんの場合も、悪玉コレステロールを作りやすい体質であったことが考えられます。

自分の体質がどうかなのか判断する基準

二親等以内に、心筋梗塞になった人がいると体質が影響されると考えられています。

関根さんのお父様が65歳の時に心筋梗塞で倒れられたことがあったそうです。関根さんは、体質が原因だったのかもしれませんね。
体質が原因の場合は、悪玉コレステロール値を下げる薬を考慮する必要があるそうですね。関根さんも術後には飲んでいるそうです。

薬の他にもLDLコレステロールを下げる効果が期待できるサプリなどもあるので、試してみるのの良いかもしれませんね。

 

関根さんの場合は、心臓ドックを受けたことで冠動脈狭窄の症状を見つけることができましたが、なかなか心臓ドックを受けることってありませんよね。

ということで一般的な、心筋梗塞の検査の流れについて紹介したいと思います。

 

一般的な心筋梗塞検査の流れ

本当はある程度の年齢になると、人間ドックや心臓ドックなどを受ける方がいいですが、かかりつけ医、もしくは循環器内科を受診するタイミングとして参考にしてくださいね。

  • 心筋梗塞のサインがある
  • 悪玉コレステロール値(LDLコレステロール)が140以上ある

この2つのどちらかの症状がある場合は、かかりつけ医、もしくは循環器内科を受診するようにしましょう。

はじめは、問診・心電図・心エコーなどの検査をして、病変の疑いがあるかどうかを判断します。

  • 病変の疑いがない場合は、生活習慣の改善。それでも悪玉コレステロール値が高ければ薬が処方されます。
  • 病変の疑いがある場合は、冠動脈造影CT検査を行い詳しく調べることになります。冠動脈造影CT検査の費用の目安は約6,000円(※3割負担の場合)
とは言っても、なかなか血液検査を受ける機会がない人もいますよね。

 

そんな人のために!

2015年から、全国の薬局で血液検査を行うことができるようになりました。

2015年から認可が下り、お店の前に【かんたん血液検査】の、のぼりがある薬局で血液検査を受けることができます。

予約などは特に必要ないようですね。ただし受付時間などは、各店舗によって異なりますので直接確認してみてくださいね。

血液検査はとても簡単!指先から4~5滴の採血で生活習慣病に関わる13項目をチェックすることができます。

AST 総コレステロール クレアチニン
ALT HDL-C(善玉コレステロール) BLN(尿素窒素)
γ-GTP LDL-C(悪玉コレステロール) UA(尿酸)
ALP 中性脂肪 ヘモグロビンA1C
T-BIL(総ビリルビン)
このように通常の健康診断を同様の13つの項目の検査を受けることができますよ。

 

値段は2,840円(税抜)所要時間は15分ほどで、約1週間で結果が届きます。手軽でいいですね。

薬局に行く時間もない!そんな人のために、自宅にコレステロール検査キットが送られてくるサービスもあるようです。まず、自分のからだの状態を知ることが大切ですね。

 

関根さんが受けた、心臓の冠動脈疾患のステント手術の全て

関根さんが今回手術をしたのは、東京港区六本木 心臓血管研究所付属病院で心臓や血管など循環器に特化した専門性の高い病院でした。

執刀医は、及川裕二ドクター。

4月15日 手術の説明

心臓手術といえば、全身麻酔をして胸を大きく開いて、何時間もかかるイメージですよね。でも全然違うんですね。ビックリしました。

 

心臓の冠動脈疾患のステント手術

ステント手術とは、狭くなってしまった血管をバルーンと呼ばれる風船で押し広げ、そこにステントと呼ばれる筒状の金具を入れ、内臓されたバルーンで押し広げ血液の通り道を確保する手術。

心臓の表面に冠動脈と呼ばれる血管が覆っています。ステントは手首のところから血管の中を通して心臓の中まで持って行って、心臓の血管に入れていきます。

血管撮影装置を使い血管をリアルタイムでレントゲンで映し出しながら確認、血管を傷つけないよう腕から肩に移動し心臓の血管に到達させます。

  • 手術は2時間以内に終了
  • 手術で切るのは2~3mm程度
  • 術後直ぐに歩け、翌朝には退院となる
手術する血管の太さは米粒を同じわずか3mm程度なので、非常に難しい手術です。そして一番驚いたのは、この手術は手首だけの麻酔なので、患者と会話をしながら手術をするんです。

 

関根さんの実際の手術の流れ

準備があるので入院は前日からになります。入院期間は3日間ということになりますね。

2016年5月1日(手術の前日)に入院し、翌日の手術に備え心電図などの簡単な検査を行います。

2016年5月2日(手術当日)

  • 11:00 手術に向けの点滴がはじまる
  • 12:20 点滴をつけたまま手術室へ歩いて移動
  • 12:30 ステント手術開始
  • 14:30 手術終了。そのまま歩いて移動
  • 15:00 普通の食事ができる

2016年5月3日(手術翌日)10:00退院し、その日の夕方、関根さんは仕事復帰をされました。

 

まとめ

いかがでしたか?医療の進歩って本当に凄いですね。

4月26日に心筋梗塞で亡くなった前田健さんは、5月に関根さんと同じ手術を行う予定だったそうです。

早期発見の重要性がわかりますね。

関根さんも、3本ある冠動脈の2か所が細くなっていたので、番組の企画がなかったとしたら、気が付かずに本当に大変なことになっていたかもしれません。

心臓からのSOSのサインを見逃さないようにしましょう。

 

胸を抑える男性0528-000

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。