むくみ腸は便秘&肥満の原因に!腸のむくみの原因と予防・改善方法のすべて

お腹をつかむ女性

 

顔や手足のむくみがあるように、腸もむくみがあるの知っていますか?その“むくみ腸”が、慢性的な便秘の原因になっていると注目されています。

むくみ腸とは、腸内環境が悪化することによって大腸が炎症を起こし、腸全体が腫れぼったくなる症状のこと。

慢性的な便秘、また便秘薬などを常用している人は”むくみ腸”の可能性があるかもしれません。

また、むくみ腸になっていることに気付かず、そのまま放置しているとさらに便秘症状は悪化し、体調不良や肥満やうつなどの原因になることも!

このページでは”むくみ腸”の原因や予防・改善方法についてご紹介したいと思います。

 

むくみ腸の症状とは?あなたの腸は健康ですか?

原因や予防・改善の方法をお話する前に、まず”むくみ腸”のチェックをしてみましょう。

下の項目で、いくつチェックがありますか?

むくみ腸チェック項目

  • 3日以上便通がない状態が、1ヶ月に何度かある
  • 5年以上、便秘薬(下剤)を服用している
  • お腹がかたい
  • 常にお腹が張った感じがする(膨満感)
  • 便は出ているけれど、スッキリしない(残便感)
5つの項目のうち1つでも当てはまる項目がある人は、むくみ腸の可能性がありです。

 

次に気になるのは、”むくみ腸”をそのまま放置していても大丈夫なのか?ということですよね?

 

むくみ腸を放置するとどうなるの?むくみ腸が原因で起きる症状

 

むくみ腸になると、大腸が炎症を起こし腫れ上がってしまい、本来の大腸の機能が低下してしまいます。

わたしたちの健康や美が、腸の健康が影響していることは医学的にも明らかになっています。むくみ腸によって起こ得るからだの不調についてご紹介します。

 

便秘が悪化し過敏性大腸炎などの原因になる

便秘や下痢はむくみ腸の原因となり、腸の粘膜が腫れてむくみ腸になると、ぜん動運動がうまくいかず便秘が更に悪化してしまいます。

この状態は続き自立神経がうまく働かなくなると、便秘と下痢を交互に繰返すような過敏性大腸炎の原因にもなり、最悪の大腸ガンの原因にもなり兼ねません。

 

肥満の原因になる(太る)

腸は、消化・吸収を司る大切な役割を担っています。

しかし、腸がむくんでしまうことによって食べ物を吸収することができなくなり、皮下脂肪や内臓脂肪となり肥満の原因になってしまいます。

また、腸の働きが鈍ることによって糖や脂質の分解障害を引き起こしてしまいます。

むくみ腸が5mm痩せれば、ウエストは5cm痩せるそうですよ!むくみ腸を改善することでポッコリお腹ともさよならできるかもしれませんね。

 

免疫力が低下し病気にかかりやすくなる

24時間休まず動いている腸は、消化・吸収だけでなく、わたしたちの免疫細胞の約7割が腸に存在する重要な免疫器官です。

腸内環境の悪化は免疫力の低下を招き、ウイルスなどの病原菌を攻撃する機能が低下し、病気にかかりやすくなってしまいます。

 

むくみ腸については、便秘外来の第一人者の小林弘幸Dr.が、本を出版されていますので慢性的な便秘や下痢でお困っている人は、ぜひチェックしてみてください。

 

むくみ腸の症状は、便秘や下痢に似ているので気がつかない間に症状が悪化してしまうこともあります。

特に、先程の「むくみ腸チェック」で当てはまる項目があった人は、これから説明する原因や改善法を参考にしてくださいね。

 

むくみ腸の原因

すぐにむくみ腸の改善方法を知りたいところですが、まず、むくみ腸の原因を知ることからはじめましょう。

どんなことでも原因を知ることで、その改善方法が見えてきます。

 

むくみ腸の原因その1. 食生活の乱れ

腸の健康に一番影響するのは、やはり食事ですね。

食生活の乱れは、腸内環境に大きな影響を与え”むくみ腸”になりやすい環境を作りだします。

また、内臓機能の低下の原因にもなってしまいます。

腸内環境によい食生活については、即効で便秘解消効果がある4つの食べ物!で紹介しています。

 

むくみ腸の原因その2. 運動不足

運動不足は、腸への刺激が少なくなってしまい、むくみ腸になりやすいと言われています。

日常的に適度な運動を心掛けることは、健康面・美容面においても必要なことですね。

適度な運動にプラスして、腸活ストレッチを毎日行うことで便秘や”むくみ腸”の改善に繋がります。

腸のストレッチの方法は、4つの腸活ストレッチ法で紹介しています。

 

むくみ腸の原因その3. 便秘薬(下剤)の常用

便秘薬は、便を出すために最終手段で緊急処置です。

慢性的な便秘の中には、日常的に便秘薬を服用している人も少なくありません。便秘薬の服用方法を間違えると、“スーパーむくみ腸”になる危険性があります。

 

便秘薬(下剤)を常用することで、腸が刺激され炎症を起こしてしまいます。その結果、血流障害を起こしむくみ腸になってしまいます。

便秘薬を常用している人は、整腸剤やサプリなどに切り替えるようにしましょう。

 

腸内環境の改善に効果が高いサプリメント

ヨーグルトでも整腸作用などの効果が期待できますが、慢性的な便秘やむくみ腸などの症状が出ている人は、整腸作用ではなく腸内環境の改善効果の高いサプリメントを選ぶことが重要になります。

わたしがおすすめするサプリは、高機能乳酸菌セルフ・レギュラーです。

一般的な乳酸菌サプリと比較すると1ヶ月で6,480円と高額になりますが、1包中に1兆個(ヨーグルト100個分)の高機能乳酸菌を配合したサプリがあります。

安くても効果がなければ意味がありませんよね。もちろん個人差はありますが、かなり高品質なサプリメントです。

➡ 高機能乳酸菌サプリの公式ページはこちら

 

むくみ腸の原因その4. 女性ホルモンの分泌

女性の場合は、生理前に女性ホルモン(黄体ホルモン)が出ることによって、腸の動きが鈍くなり便秘になりやすくなります。

 

4つのむくみ腸の改善方法

むくみ腸になると、血流が悪化しエネルギー消費が悪くなり、肥満の原因になってしまいます。

日本人に多い便秘のタイプは弛緩性便秘です。弛緩性便秘の原因は副交感神経の機能低下などを主な原因で、改善には食生活をはじめとする生活習慣の改善が必要になってきます。

一度にあれも、これも改善するのは難しいと思いますが、少しずつ腸に優しい生活を送るようにしましょう。

今回は、腸のむくみを解消する3つの食べ物と、簡単なエクササイズ法を紹介したいと思います。

 

腸のむくみを解消する食べ物 大根ヨーグルトドリンク

ヨーグルトの画像

大根ヨーグルトドリンクのレシピは、便秘外来の小林先生が考案されたレシピです。

【材料】

ヨーグルト 150g
ハチミツ 適量
大根おろし 38g

ヨーグルトと大根おろしの割合が、4:1になるようにしてくださいね。

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は、腸内環境を整える効果があり、オリゴ糖が含まれているハチミツを一緒に摂取することで善玉菌を増やす効果が期待できます。

大根は、水溶性食物繊維が豊富に含まれています。水溶性食物繊維は便を柔らかくする効果が期待できます。

ヨーグルトと水溶食物繊維を同時に摂取することによって、水溶性食物繊維が分解され腸の善玉菌が活性化し、便秘解消に効果を発揮します。

 

腸のむくみを解消する食べ物 ホットヨーグルト

バナナヨーグルトの画像

このホットヨーグルトは、以前ナイナイアンサーで日比野佐和子先生が考案されたレシピです。

【材料】

ヨーグルト 150g
バナナ 半分

【作り方】

  • ヨーグルトを500Wの電子レンジで40秒温める
  • バナナを細かく切って加える

乳酸菌は一番活性化する温度は、38~40℃と言われています。冷蔵庫から取り出した冷たいヨーグルトよりも、腸内環境が整いやすくなります。

また、オリゴ糖を豊富に含んだバナナを一緒に取ることで、さらに効果的になります。

ヨーグルトと温めることによって、酸味のある香りが強くなってしまうので、バナナを加えることで食べやすくなります。

ホットヨーグルトは、夕食時に食べるのが効果的なようです。

 

腸のむくみを解消する食べ物 生大根するおろし汁

大根おろしの画像

大根にはアミラーゼという消化酵素が豊富に含まれいて、炭水化物の消化を促進し便秘解消効果があります。

また、大根は水溶性食物繊維を豊富に含んでいるので、消化酵素と食物繊維の効果によって、頑固な便秘でも解消できるそうですよ。

しかし、アミラーゼは熱に弱いため大根を生のままの状態で食べるようにしましょう。

【材料】

大根 厚さ1㎝
りんご 1/4~1/2個

【作り方】

大根・りんごをすりおろし混ぜるだけです。この時大根の汁も捨てないで一緒に食べるようにしましょう。

 

腸のむくみを解消する4つの腸活ストレッチ法

この腸活ストレッチ法は、便秘のスペシャリスト小林曉子先生直伝の、ストレッチ法です。

1日10分程度でできる、簡単なストレッチ法なので慢性的な便秘で悩んでいる人は、ぜひ実践してくださいね。

  1. 詰まった大腸に刺激!大腸わしづかみ運動
  2. あと一押しを助ける!便座deねじリッチ
  3. 傾斜をつけて便を流す!寝ころびストレッチ
  4. 溜まったガスを流す!ポンポンタッピング

この4つの腸活ストレッチ法を、詳しく説明してますので便秘のスペシャリスト小林曉子先生直伝、簡単!4つの腸活ストレッチをチェックしてくださいね。

 

まとめ むくみ腸を改善することで便秘や肥満が解消される

いかがでしたか。便秘の新原因と言われている、むくみ腸。むくみ腸を改善することで、慢性便秘も改善し肥満も解消されます。

もしかしたら、頑固な便秘の原因は… 肥満の原因は…と思われる人は、レントゲンを撮ることで、むくみ腸かどうか判断できるそうですよ。

たかが便秘されど便秘!便秘を解消するこで、嬉しいことがいっぱい待っていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。