子宮筋腫の手術後はどうなる?意外と知られていない入院中の生活体験談

入院

私は28歳の時に妊娠と同時に子宮筋腫があることを知りました。出産は帝王切開で行い筋腫も切除する予定でしたが、出産間近になり自然分娩で出産することになりました。

結果、18年間、子宮筋腫は成長し巨大化し、45歳のときリュープリン治療の後、腹腔鏡下手術で子宮全摘出手術を受けました。

インターネットで「子宮筋腫」と検索すれば、色々な情報が出てきます。また、専門誌を読めば病気のことは詳しく解説されています。

でも・・・私が妊娠中に子宮筋腫があることを知った時、そして45歳の時に子宮筋腫の治療が必要になった時に思ったことは、実際に経験した人の体験談を知りたいと思いました。

経験した人にしか分からない「本当の話」が沢山あります。 私の子宮筋腫の体験は、このページを含め4ページでご紹介しています。他の記事を、まだ読んでいない人はチェックしてくださいね。

このページでは、意外と情報が少ない子宮筋腫の手術後について紹介しています。手術後の事は、本当に体験した人でないと分らないことだらけです。

主治医からは手術内容の説明を受け、看護師さんから入院生活のことや退院までの流れなどを丁寧に教えてもらいました。

でも、術後に起きる症状や処理に驚きの連続でした。特に手術後のことは経験した人のみが分かることですよね。

全ての人が同じような症状ことを経験するとは限りませんが、私が経験した術後の症状は「大きな子宮筋腫」がある人には、よく起きる症状のようです。

色々な症状を知っているだけで、冷静に判断することができると思いますので、ぜひ参考にしてください。

腹腔鏡下子宮筋腫摘出術 手術よりも術後が大変!

胆石の手術で腹腔鏡下手術は経験済みだったので、手術そのものはそれほど緊張することありませんでした。

手術前はドキドキするかもしれませんが、意外と手術台に横になると冷静になりますし、看護師さんや執刀医や麻酔科の先生がリラックスするように声をかけてくれます。

麻酔を入れて数秒で眠ってしまい、次に目を覚ました時には手術が終わっているので手術自体は痛くも辛くもありません。

本当に大変なのは手術の後なんですよね。そんなの聞いていなよ!と言いたくなるような事ばかりでした。

 

子宮筋腫のリュープリン治療と腹腔鏡下手術のすべて!で説明していますが、私の場合は筋腫が大きいだけではなく、筋腫がゴロゴロありました。

また、複数ある筋腫の1つの筋腫が石灰化していたことで、手術の時間が長くなってしまったことも影響しているのかもしれません。

 

子宮筋腫腹腔鏡下手術 1日目(手術当日)

手術の直後は点滴で痛み止めを入れるので、傷口の痛みや吐き気などは全くありませんでした。(但し動くと傷口に響きます)

大部屋に入院していたので、同じ日に子宮筋腫の腹腔鏡下手術を受けた人が他に3名いましたが、痛みと嘔吐で本当に大変そうでした。

術後の痛みや吐き気などは、かなり個人差があるようですね。

術後の痛みや吐き気などで辛いときには、我慢しないで看護師さんに伝えてください。痛み止めや吐き気止めの点滴を追加してもらえます。

子宮筋腫の術後の状態

  • 仰向けの状態で枕を使うことはできません
  • 術後5時間は、酸素マスクを装着する
  • 1日は何も口にしてはいけない(水もNG)
  • 1日は動くことはできません(トイレもいけません)

子宮筋腫の術後の状態を見るだけでは、ただ真っすぐ寝ているだけだし「痛み」も「吐き気」もないなら、何も辛くないのでは?と感じますよね。

しかし!術後5時間は本当に「このまま息ができず死んでしまうのではないか」と思うくらい、辛かったです。

術後(当日)に起きる症状

  • 喉がイガイガして、痰が常に喉に張り付いている状態
  • 酸素マスクによって、異常に乾燥し蒸れて熱くなる
  • 炭酸ガスの影響で、背中と腰が痛くなる

気管挿管による全身麻酔のため、喉に頑固なエヘン虫が張り付いてる感覚で、このまま窒息してしまうかもしれないと思うくらい、辛かったですね。

喉にエヘン虫が張り付いている状態で、喉が異常に乾燥するのですが当日は水も飲めないので、呼吸できなくなる不安がありました。

また、腹腔鏡下手術はのデメリットでも紹介していますが、今まで経験したことのない筋肉痛が起きました。

体勢を横にでもできれば楽なんだと思いますが、枕も使えないし仰向けの状態だったので本当につらかったです。

術後の苦しい時間は、酸素マスクが外れるまでの5時間です。

 

腹腔鏡下手術を予定されている方は、酸素マスクが外れるまでの5時間は覚悟してくださいね。

ただ、痰が絡んで呼吸がしにくいときにはナースコールをして、看護師さんに手伝ってもらって痰を出すようにしてくださいね。

痰を飲み込むと感染症の原因になったり、我慢すると呼吸が苦しくなってしまうので絶対に我慢しないことが大切だと思います。

酸素マスクが外れると、喉の乾燥が随分と楽になり痰が絡むのも少なくなります。

手術当日は、ウトウトしたと思うと苦しくて起きてしまう。こんな1日を過ごしました。

面会時間ギリギリまで、主人と娘が隣にいてくれたのが、なにより心強かったです。

 

子宮筋腫腹腔鏡下手術 2日目

術後2日目のスケジュール

  • 血液検査
  • お水を飲んだ後、トイレまで歩く
  • 尿管・点滴が外れる
  • 昼から普通食がはじまる

血液検査の後、術後はじめてのお水を飲むことができ、大丈夫なことを確認すると歩行練習がはじまります。その時の様子を会話形式でご紹介します。

看護師さん
お水飲んでも気分悪くないですか?ゆっくり立ってみましょう。
もう立つんですか?大丈夫かな…
看護師さん
頭ふらふらしませんか?大丈夫そうですね!このまま歩いてトイレまで行ってみましょう。

大丈夫かな?と思いましたが、意外とトイレまで歩くことができました。

もちろん、歩くと傷口に響きましたが、寝ているよりも断然楽になりました。

トイレまで一人で歩行することができれば、点滴・尿管が外れ、自由に水を飲むことができ、お昼からは食事を食べることができます。

ここまでは、順調そのものでしたが、驚いたことが1つありました。

腹腔鏡下手術の場合は、子宮筋腫を膣から取り出すため、膣の中に大量のガーゼが詰め込まれています。

トイレに行く時も、膣にガーゼが詰め込まれたままなので、痛みはないのですが気持ち悪かったです。

 

術後2日目の昼食から普通食が開始されます。

術後の昼食は、いきなり普通食からはじまります。お粥だと思っていたので少し驚きました。

メニューは、ミートスパゲティ・野菜サラダ・牛乳寒天

はじめは、少しずつ慎重にひと口食べるてみると

胃が痛い!腸が痛い!それも激痛!

術後初の食事は、ひと口だけで終了。

胃と腸が痛すぎて、ひと口しか食べれなくて。
看護師さん
大きい筋腫をとった患者さんは、皆さん同じこと言われます。でも、日にち薬なので心配しなくても大丈夫ですよ。
そんなこと、初耳ですけど…

大きな子宮筋腫を摘出すると、胃や腸を圧迫していた筋腫がなくなったことで、胃や腸が自由に動けるようになるため、飲食すると胃や腸が動くたびに痛みを伴います。

また、手術でお腹の中を触ってるために、お腹の中は筋肉痛状態になるそうです。

もちろん、胃腸の痛みも個人差があると思います。私の場合は筋腫がかなり大きくなっていたために、今まで他の臓器を圧迫していたんですね。

大きな筋腫の手術をされる場合は、術後最初の食事は消化の良いお粥などを頼んでおいた方が、無難かもしれまんね。

術後の痛み止めはありますが、この胃腸の痛みを止める薬はなく、ひたすら耐えるしかありませんでした。

普通にしていたら胃腸の痛みはないので、食事の時だけ激痛に耐える感じでしたね。

 

面会に来てくれた主人が、ションボリしてる私を元気付けようと、面白い話をしてくれるんですが、笑ったら傷口に激痛。

お腹の痛みに耐えながら爆笑していると

看護師さん
昨日手術したばかりの人とは思えないですね。

 

と、看護師さんに笑われてしまいました。

術後2日目は、傷口の痛み止めも必要なく今すぐにでも退院できる気分。でも、胃腸の痛みは治まらず、夕食も食べれませんでした。

 

子宮筋腫腹腔鏡下手術 3日目

術後3日目のスケジュール

  • 内診の後、膣のガーゼを取り出す
  • シャワーの許可がでる
  • 弾性ストッキングを脱ぐ許可がでる

午前中に主治医の先生の診察があり、膣の中に入っているガーゼを取り出しますが、手加減なしに引っ張り出すので痛いですが、取った後はスッキリします。

診察の時に、主治医の先生に「早く帰りたいです。」と無理を言ってみました。

腹腔鏡手術の場合は、順調にいくと4日目に退院なのですが、私の場合は筋腫が石灰化していたため急遽、下腹部を5㎝程開腹したため、開腹手術と同じ期間の入院が必要なんですね。

因みに開腹手術の場合は、7日目が退院になります。

 

内診の結果、術後の経過は良好でした。

入院中

この写真は術後3日目の写真ですが、シャワー許可が出たので、傷口の絆創膏を交換してもらってる時の写真ですね。

看護師さん
傷口が凄く綺麗ですね!傷口の回復が早いですね。若い人並みの回復力ですよ!

 

この時に、他の人との回復力(免疫力)の違いを感じました。

手術をする人に絶対に気をつけて欲しいことでも紹介していますが、リュープリン治療は抗がん剤の一種です。また手術は想像以上に体にストレスを与え免疫力を低下させてしまうそうです。

免疫力の低下を予防するために、手術前から体調を整えるようにしていました。

  • バランスのよい食事
  • 適度な運動(ウォーキング)
  • 免疫向上効果のある高機能乳酸菌を飲む

最後の高機能乳酸菌については、手術前後の患者に乳酸菌を処方する病院があり、術後の経過が全く違うということで、少しずつ広がっています。

免疫細胞の約7割が腸内に生息していることから、腸内環境に有効な乳酸菌を摂取することは医学的にも注目されているんですね。

この3つの事を実践していて、本当によかったと思います。明らかに他の人とは回復のスピードが違いました。

 

3日目は、普通にスタスタ歩ける状態まで回復していました。笑ったり、動いたりすると傷口に響く程度の痛み。胃腸の痛みは相変わらずで、水分は何とかとれるけれど食事の時は痛みがありました。

私が飲んでいた乳酸菌は、インターネットから購入することができます。ぜひ、飲まれることをお勧めします。

私が飲んでいたMIHARUの高機能乳酸菌の公式ページはこちら

 

子宮筋腫腹腔鏡下手術 4日目

4日目には動くと傷口に響く程度、胃腸の痛みは相変わらず、その他は元気そのもの!暇で仕方がありません。

朝の検診のときに、ダメ元で先生にお願いをしました。

寝てるだけで暇だし、元気になったから退院したらダメですか?

 

なんと4日目で退院許可が出ました!さすがに看護師さんも、同室だった患者さんもビックリしていました。

痛み止めも手術当日だけ、傷口の回復スピードも早く、開腹手術をしたにも関わらず4日目で退院ですから、私自身もまさか退院許可が出るなんて思っていませんでした。

術後7日目くらいから胃腸の痛みも和らぎ、普通に食べれるようになりました。

 

術後の抜糸のお話

腹腔鏡下手術は4ヵ所穴を開けますが、抜糸はありません。下腹部を開腹した部分は、表面は糸で縫わず大きなホッチキスみたいな留め金で止めています。

ホッチキスのような専用留め金の方が、傷口が綺麗に治るそうです。

留め金はついたまま防水の大きなバンドエイドを貼ったまま退院し、1週間後の定期健診で抜糸をします。

留め金をベンチのようなもので切り取り引き抜くのですが、留め金を切るときに引っ張られる感覚があり、抜く時にチクっとする程度で、我慢できる痛みです。

腹腔鏡下手術の穴を開けた傷口は小さなシミのような感じで殆ど目立ちません。下腹部の傷もよく見ないと分からない程度まで綺麗になりました。

 

最後に、手術の前には必ず高額医療費の手続きをしてくださいね。

 

まとめ

子宮筋腫の発見から、治療、手術、術後の体験談をご紹介してきました。

入院していた約1週間、隣にはずっと主人がいてくれました。手術の日には、娘も仕事を休んでずっと一緒にいてくれました。

家族の存在って大きいです。

 

ママは太陽でなくてはいけまんから!病気なんてしてたらダメですね。

家族のためにも、健康でいないといけませんね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
いかがでしたでしょうか?お役に立つことが出来たら幸いです。

この記事だけではなく、子宮筋腫についてさまざまな記事を書いています。

子宮筋腫の手術。経験した私から伝えておきたい全ての事【保存版】

子宮筋腫の情報をまとめた目次のようなページです。
子宮筋腫で悩んでいるあなたの役に立てると情報だと思いますので、是非読んで下さいね。

23 件のコメント

  • おはよおございますm(_ _)m
    初めてブログを拝見して、コメントさせて頂きます!
    数週間前に、貧血があるからとかかりつけの病院で血の検査をして貧血の数値があまりにも低いから一度産科で子宮筋腫の検査をしてくださいと言われて、この間したのですがやっぱり子宮筋腫が見つかりショックで泣いてばかりでした。
    43で女の子が1人いますが出来れば、最後にもぉ一人頑張ってほしいなと思っている事を先生に伝えて、色々治療法を軽く聞かされ、携帯で色々検索してみて治療法を話し合ってみてくださいと言われ色々読んだりして菊池さんのブログにたどりつき全部、読ませていただきました。
    とても分かりやすく詳しく説明してくださっていて勉強になりました。
    ありがとおございます!
    詳しくわかって、安心したのと恐怖感と不安が一杯になりどうしたらいいか正直わからなくなってます。
    情けないですよねw
    私は痛がりの怖がりですw
    喘息があり、ストレスとか色々あり過呼吸に最近までなったりして最初の頃は急に不安が一杯になり過呼吸になって旦那に病院に連れてってもらって点滴の日々でした。
    今は、一応安定剤をもらってますが発作もなく落ち着いてますが術後に過呼吸がでないかふあんもあります。
    喉が弱く、痛かったり腫れただけで小さい時3回も溺れた恐怖感や喘息の薬を忘れて呼吸困難になった時を思い出してしまい過呼吸になるんだと思うのですが、術後の喉の苦しさに耐えられるか自身がなくて…。
    家族のために、頑張らないとなのにすでに弱気で自分自身、本当に情けないです。
    長々すいませんm(_ _)m
    今日、また産科に旦那と行き治療法を先生と話すんですが何も考えられなくて辛くて大変です。
    菊池さんの強さが、羨ましいです。
    私も乗り越えられるかなぁ…。

    • 私は2週間前に手術を受けました。きっかけは先月の生理で、今までにない痛みと出血量、加えて悪臭でした。産婦人科で見てもらったら、筋腫が子宮の外(窒)に出ていて、腐りかけているとの事で、その3日後に手術と言われました。暫く入院か~😥と思ったのですが、手術後3時間足らずで家に戻りましたよ😃てか、戻されました。私としては初めての手術、不安も多少有りましたし、熱つぽさもあったので1日位入院したかったのですが…😥2時間過ぎた頃、飲み物をもらって、トイレにも普通に行け、微熱以外何の異常も有りませんでした。熱に関しては、38.5℃迄上がったら、連絡するようにと言われたのですが、次の日には下がっていました。なので、その日から普通に家事と仕事やれましたよ😃

    • コメント頂きありがとうございます。
      どうなるか分からないことって、不安でいっぱいですよね。
      実は、私も怖がりだし、痛がりなんですよ。
      なので、主治医の先生にも麻酔科の先生にも「先生、怖いとか痛いの嫌です。」って言ってました。

      私の体験が参考になれば。と思いブログで紹介したのですが
      返って、不安にさせてしまいましたね。ごめんなさいね。

      でも、手術の方法や治療のことは、主治医の先生から説明があるのですが
      術後のことは、そんなに丁寧に説明がなかったので
      正直、術後すぐは、このままどうかなってしまうのではないか?と思いました。

      ある程度、事前に分かっていればパニック状態になることもなかっただろうと思い
      ブログで紹介したのです。
      酸素マスクが外れるまでは、少し辛いかもしれませんが、そのあとは日にち薬です。
      術後、辛い時には我慢しないでわがまま言っても大丈夫ですよ。
      手術当日は、できるだけ旦那様に隣にいてもらうようにしてくださいね。

      田森さんの場合は、喘息や過呼吸などの症状の心配があるので
      主治医の先生と、麻酔科の先生に、症状をしっかり伝えておいた方が良いと思います。

      術後の快復のスピードは、個人差があるので
      今のうちに体力をしっかりつけるようにしてくださいね。
      頑張ってくださいね。

  • はじめまして。「子宮筋腫」を検索してこちらへたどりつきました。
    53歳 専業主婦です。県立病院に通院しています。
    10年以上前から筋腫があるといわれてましたが、何も症状がないことと私が超肥満なので(ハイリスク)怖くて手術できないと主治医が仰り、ずっと「経過観察」でした。10キロ痩せたら手術します・・・と言われていましたが、痩せる気配はなく・・・
    4年前に乳がんの手術をしました。その治療でリューブリン注射を3か月に1回受けています。
    それでも筋腫は全く小さくならず、12センチ大のものが2つと小さいのが複数あります。
    今日、先日受けたMRIの結果を聞きに行ったのですが、やはり筋腫は全く小さくなっておらずむしろ大きくなっているかも・・と言われました。
    筋腫が大きすぎて、もう何年もがん検診ができていません。
    今回、癌になるリスクと手術でのリスクを比較して、12月に手術の予定を組まれました。
    それも条件があり、今日無理やり入れられた「減量外来」を受診し12月の手術までに必ず10キロ痩せること!です。
    手術は以前に伺ったときは、開腹ですると仰っていたのですが今日の話では半分は腹腔鏡で半分は下からだそうです。
    この大きさで症状は何もないのですが、ただお腹がパンパンでズボンのお腹周りがきついのでそれが解消されればいいな・・・と考えています。
    「先生、ついでにお腹の皮下脂肪もきゅーっと取っといてもらえませんか?」
    と言ったら、
    「それはできません」
    と笑われました。
    術後、やはり晒しなどきつく巻いたほうがいいでしょうか?たぶん出産するのと同じくらいの大きさだと思われます。
    ちょっと怖いのと痩せなきゃいけないのを除けば、お腹周りがすっきりするのが楽しみです。寝るとき、圧迫感で上を向いて眠れませんから・・・
    こちらのブログを拝見して、感じていた不安が多少なくなりました。私も5~7日の入院だろうと言われました。
    ・・・と、思ったらひとつだけ・・・
    乳がんの手術の際、弾性ストッキングがあまりの足の太さに履けなかったのです。
    代わりに伸縮包帯を巻いてもらったのですが、看護師さんが遠慮してあまりきつく巻かなかったようで手術終了時にはダラダラにほどけてました。それだけが心配です。

    • 熊谷さん、コメント頂きありがとうございます。
      私も、18年の間、筋腫があるのを知りながら特に症状もなかったので放置していました。
      術後に判ったことですが、持病と思っていた腰痛が、筋腫が背骨に食い込んでいて起きていたんですよね。

      熊谷さんは、腹腔鏡下手術をされるんですね。うまくいけばいいですね。
      私の場合は、リュープリン治療を半年続けたことで筋腫の大きさが少し小さくなったので
      腹腔鏡下手術になりましたが、手術中に石灰化している筋腫があったため急遽、5㎝程度開腹することになりました。
      でも手術して約2年になりますが、開腹した傷も殆ど分からないくらいになっています。

      それと・・・筋腫を摘出するとお腹がスッキリするか?ってことですが
      見た目は変わりません。ただカチカチだったお腹は柔らかくなりなるので、晒しやコルセットみたいなもので
      締めると良いかもしれませんね。
      そういえば私も主治医の先生に「手術の時についでに脂肪も取ることできますか?」って聞きました。^^
      勿論、無理です!と言われましたけどね。

      熊谷さんは、手術前に10キロ減量されるようですが
      実は私は、筋腫とは関係ありませんが、昨年、自力で10キロ減少したんですよ。
      食事と運動を自分なり考えて、半年で10キロダイエットしました。
      そのダイエット方法も、ブログの中で紹介しているので、少しでも参考になれば嬉しいです。
      http://www.6balace.com/chiebukuro-honkidiet

      手術は、自分で頑張ることはできませんが
      減量は、努力すれば必ず成功するので、頑張ってくださいね。

  • 無知な私に、色々な知識を与えて頂きまして、深謝します。
    子宮筋腫治療を、1年以上継続していましたが、薬、注射のいずれかを考えて、手術も、視野に入れて、再度、主治医に、体当たりしてみたいと思います。
    今迄、妊娠希望で、手術を避けていたが、その考え方を変えて、完治に向けて、真剣取組したいと思います。
    そういう、気持ちに向けさせて頂くきっかけを変えて下さり、誠に深謝します。
    このお腹の重さ・辛さを完治する方向に向けて、怖いですが、前向きに行きたいです。
    本当に深謝します。

    • 田所季枝さん、コメントありがとうございます。

      子宮筋腫の治療は、いろいろと選択することができるようになっていますよね。
      自分にとって一番べストな治療法を、自分の意志をしっかり伝えて選んでいくことって大切だと思います。

      私の場合は28歳のとき妊娠が切っ掛けとなり子宮筋腫があることを知り、とても不安な妊娠生活を送りました。
      妊娠を希望されているので不安なことも多いと思いますが、病気としっかりと向き合って頑張ってくださいね。

  • 来月初旬に12センチ大の子宮筋腫のために子宮全摘手術を腹腔鏡手術でします
    41歳です
    手術後、10日後にはデスクワークでほとんど座りっぱなしの事務職の仕事を復帰したいと考えてますが、どうなんだろうか…と心配してましたが、この情報を見て、なんとか大丈夫なんじゃないかとひと安心しました。いろいろ教えていただきありがとうございます

    • 尚美さん、コメントありがとうございます。
      私の体験が少しでも参考になったとのことで、本当にうれしく思います。

      術後の経過は、個人差がかなりあるように感じました。
      幸い私の場合は、術後の回復が早かったように思います。

      腹腔鏡下手術とはいえ、からだに大きなストレスを与えることになるので
      術前にしっかり体調管理をしてくださいね。

      無事、手術を終え1日も早く回復されるのをお祈りしています。

  • はじめまして。

    急に子宮筋腫のあるお腹が痛み出して、藁をも掴む気持ちでこちらのサイトにたどり着きました。

    10年前から子宮筋腫があり、その時に子宮全摘出の手術をすすめられたのですが、断
    りました。

    自然治癒力を高めることで完治させようといろいろと試みているうちに、今年で51歳になり7月に閉経しました。

    閉経すると筋腫は、小さくなるという情報があり期待していましたが、今回は、生理時の腹痛に似ています。

    また、筋腫は今年に入ってから大きくなり胃のあたりまで圧迫感がありポッコリお腹が目立ちます。

    東京で手術をされたのでしょうか?
    病院の記述がみつけられませんでしたが、もし、親切で良い病院を東京でご存知てしたら教えていただけませんでしょうか。

    手術前の高額医療費の手続きとは、どういった手続きでしょうか。

    私は、人一倍痛いのが苦手で怖くて怖くて仕方ありません。
    手術のことを考えると目の前が真っ白で
    す。

    手術が怖いのでこのままお墓までこの筋腫を持ったままでいたいとおもっているところでした。

    どうぞよろしくお願い致します。

  • 初めまして。
    横浜に住んでいたとき、4年前に同じく腹腔鏡で摘出しました。
    発覚したときはいきなり大きく手術が必要になったため、ホルモン注射を受けて発覚した日から1年後に手術を受けました。
    不思議なことに入院した日は母の誕生日でした。
    高額医療申請はうっかりしていたもので入院日に投稿、退院前に間に合いました・・・
    幸い、横浜には伯母が住んでいたので助かりました。
    術後の状況はほぼ同じです(笑) ただ、朝1番だったからか次の日シャワーできました。
    退院後、その年末に地元に戻ってきましたが、定期検査は半年に1回、北の国より飛行機に乗って通っています。子宮を残していますのでずっと続くと思いますが、有名な病院だからでしょうか、専門医がいるので安心感があります。
    通うのは大変ですがリフレッシュする時間も大事だと思って楽しみにしています。

  • 私も、4年前に7㎝程の筋腫が分かるも症状はなく経過観察でした。
    ここにきて倍近くになり…今年治療を考えました。
    リュープリンを3回行い、本日総合病院の先生の検診を受け、手術の方向となりました。

    実際…手術は必要なのかなとまだ悩んでます。
    自覚症状はお腹の圧迫感、便秘ぐらいで。。
    (最近、血液検査で腎機能値が↓で、尿道が圧れているためとのこと。)
    確かに3回の注射で症状は和らいで、楽な気はしますが。

    先生も手術どうする?という感じで、
    決めるのは自分なのですね。。

    いろいろ悩むと思いますが、また参考にさせて頂きます。
    (40才女)

    • コメントありがとうございます。

      確かに手術するか否かの判断は難しいですよね。
      わたしの場合も、お臍部分まで子宮が大きくなっていましたが、先生は、どちらでもいいよ。と
      緊急を要する感じもなく、ただ大きさから考えると、いつ症状が出てもおかしくない。
      ということで、摘出することにしました。

      ただ筋腫が大きくなっていると、他の臓器を圧迫してしまうことも多いようで
      わたしの場合も便秘だったのですが、サプリで解消していたため筋腫が原因になっているとは思っていませんでした。
      今考えると、便秘も、もしかしたら筋腫が原因になっていたのかもしれませんね。

      その他では、持病と思っていた腰痛は、筋腫摘出後は嘘のように改善されました。

      不安もあると思いますが、心配なことや疑問に思うことがお医者様にしっかり
      納得いくまで相談された方が良いと思います。

      お大事になさってくださいね。

      • お返事ありがとうございます。

        やはり、筋腫が尿管を圧迫しているのはよくないとのことで、手術に心を決めました。

        次は、子宮全摘か、筋腫核のみか。。
        筋腫は1つ(注射4回済でまだ10㎝超です)
        今受診している婦人科の女医さんは筋腫のみでいいのでは、と。
        手術をする総合病院の先生はどちらでも、と。
        全摘の方向で話はされてましたが(笑)

        まだまだ悩みはつきませんが、このサイトには本当に助けられています。
        ありがとうございます。

        • そうなんですね。
          ともさんは、筋腫がひとつだけということなので筋腫だけ摘出する方法がいいのかもしれませんね。

          私の場合は、複数の筋腫があったので、子宮に傷をつけてしまうという理由と、筋腫を摘出しても直ぐに筋腫ができる可能性が高いので
          全摘出することになりました。

          子宮を全摘出したことで、体調が悪くなったり不自由を感じることはありませんが、必要のない臓器はないと思うので、温存できる方がいいですよね。

          色々と不安もあると思いますが、頑張ってくださいね。

  • おはようございます。
    9日北野病院に入院します。
    子宮筋腫と子宮全摘出と卵巣全摘出します。
    7月から12月の6回リュープリン注射して3㎝子宮筋腫が、小さくなりましたが、15㎝子宮筋腫があるため、開腹手術します。今後のリスクを考えて、卵巣全摘出するよう言われました。
    開腹手術するのと、卵巣全摘出するので、ホルモンバランスが心配です。
    10日午後12時手術します。
    閉経すると子宮筋腫が小さくなると思っていましたが、小さくならないため、手術します。
    開腹手術が不安です。

    • 和ちゃんさん、コメントありがとうございます。
      今日、北野病院に入院され、明日手術されるんですね。

      リュープリン治療を行っても筋腫が小さくならないことも多いようですね。
      私の場合は、半年のリュープリン治療によって筋腫が小さくなり
      腹腔鏡下手術を受けることができましたが、最終的には開腹手術になってしまいました。

      私も、卵巣の摘出を進められましたが、ホルモンバランスが乱れることを懸念し
      温存することにしました。

      卵巣を摘出するか温存するかの考え方は、医師と患者の間でかなり差があるように感じました。
      しかし、今後のリスクを考えると全て摘出した方が、良いのかもしれません。
      ホルモンバランスの乱れについても、かなり個人差があると思います。卵巣摘出した際の
      後遺症について、わたしも調べてブログで紹介していきますね。

      今日は、ゆっくりされ、明日の手術に備えてくださいね。

  • 現在、開腹手術による筋腫と子宮、卵巣摘出を予定しています。まさに和ちゃんをと同じかと思い、メールしました。MRI検査等もし、悪い筋腫はないようですが、出血がひどく、手術をしたほうが良いということになりました。
    子宮と卵巣も今後のことを考えると、取ってしまったほうが良いということです。今のところ、セカンドオピニオンを受け予定はしていませんが、術後のことが不安です。

    • E子さん、コメントありがとうございます。E子さんは、開腹手術を予定されているのですね。

      私も本当は開腹手術になるくらいの大きさまで筋腫が大きくなっていたのですが
      特に症状がなかったため半年のリュープリン治療の後、腹腔鏡下手術を受けました。

      子宮を全摘出することになった理由は、複数の筋腫があったため筋腫のみを摘出することで、子宮に沢山傷をつけてしまう。
      また、筋腫だけを摘出しても、ずぐに新しい筋腫が出来てしまう可能性が高いと言われたからです。

      子宮全摘出した場合、気になったのがホルモンバランスのことだったのですが、
      子宮全摘出したとしても、ホルモンバランスに大きく影響することがないと説明を受けました。
      しかし、卵巣を摘出してしまうと、個人差があるようですが更年期障害のような症状が出てしまう人もいらっしゃるようです。
      卵巣を摘出すると、今後卵巣がんなどのリスクも無くなるのでメリットもありますが、デメリットもあるということですね。

      ただ、私の知り合いも子宮筋腫のため、子宮・卵巣共摘出されましたが、ホルモンバランスが乱れることもなく
      子宮筋腫によって起こっていた症状もすべて改善され、手術をして本当によかったと言ってました。
      手術をしてみないと、術後の症状が分からないので本当に難しい決断ですよね。

      子宮筋腫の治療は大きさなどは余り関係なく、日常生活に支障がある症状があるかどうかで治療が決まります。
      E子さんの場合は、既に症状が出ているとのことなので治療を考えるタイミングに来ているのだと思いますが
      子宮筋腫は命に関わるような病気ではないので、今すぐ手術の決断をしなくてはいけないことはありません。
      不安なことは、どんどん質問された方が良いと思います。

      お大事になさってくださいね。

      • 早速のアドバイスをありがとうございました。
        大変励みになりました。
        医師は今後のリスクを考えての処方だと思いますが、とにかく出血がひどく、それを解消するためには手術のようです。

        手術を受けるつもりですが、sayuriさんのアドバイスで気持ちが落ち着きました。
        ありがとうございました。
        また、術後の相談もお願いいたします。

        • E子さん、わたしの体験がお役に立てるなら喜んでお話しさせて頂きますよ。
          手術は怖いし、不安だらけですよね。
          少しでも、E子さんの不安を取り除くことができれば嬉しいです。

          術後の症状などは、体験した人でないと分かりませんよね。
          いつでもコメントくださいね。

          • sayuriさん
            暖かいコメントありがとうございました。
            来週、手術前の検査に行き、さらに2週間後に麻酔科の説明を聞きに行き、来月末に手術予定です。
            手術はもちろん、入院も初めてなので、わからないことだらけですが、また、力を貸してください。
            よろしくお願いいたします。

  • 先日、子宮筋腫(子宮全摘)の手術を終えました。
    術前から色々参考にさせて頂き本当に助かりました‼️
    私も巨大筋腫で…術後最初の食事の一口目が怖かったです(笑)
    おかげさまで私は痛みはなく、でもあのドキドキ感を思い出して笑ってしまいます。

    いろんな情報のあるなかで、このサイトに出会えてよかったです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *

    ABOUTこの記事をかいた人

    主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。