風邪は薬では治らない!風邪を一番早く治す方法を教えます。

風邪予防

ちょっと風邪気味かな?あやしいなと感じたらどうしていますか?まさかすぐに風邪薬飲んでいませんよね?

風邪薬で風邪を治すことは出来ません。

内科医の旦那様がいる友人、某有名製薬会社で薬の研究をしていた知人、薬剤師のママ友たちは、風邪をひいても絶対に風邪薬を飲んでいませんでした。

病院で風邪薬を処方している医師や、薬を研究している人、そして薬剤師さんがどうして風邪薬を飲まないのか不思議ですよね?

「どうして、風邪薬を飲まないの?」と聞くと、かぜ薬を飲むと風邪が酷くなるから!と言っていました。

このページでは、風邪薬を飲んでも風邪が治らない理由や、風邪予防方法、風邪の治し方、そして風邪によく似た病気についてご紹介していきます。

目次

なぜ風邪薬では風邪は治らないの?

ドラックストアのかぜ薬売り場にいくと、色々なかぜ薬が並んでいますが・・・残念ながら今の医学で風邪を治す薬は存在しません。

かぜ薬を服用する目的は風邪を治すためですが、かぜ薬は風邪を治す薬ではありません。

本来、風邪という病気はそのまま放っておいても、からだに備わっている免疫力の作用によって自然に治るものです。

風邪を治す薬がないのに、どうして”かぜ薬”があるの?
病院で処方される薬や、薬局に売っているかぜ薬は対症療法のための薬なの
対症療法ってなに?
対症療法とは、熱があれば解熱剤、咳がでているなら咳止め、のどの痛みには抗炎症剤など、今おきている症状を個々に軽減し消失させようとする治療法のこと

市販のかぜ薬でも色々な種類があるのは、其々抑える症状が違うからなんですね。

つらい風邪の症状を抑えてくれるなら、かぜ薬を飲んだ方が良いと思われるかもしれませんが、飲むと風邪の治りを悪くする可能性がある薬もあるので注意が必要です。

抗生物質が風邪の治りを悪くする

大人になると風邪で病院を受診することが少ないかもしれませんが、熱がでたり症状がひどくなると病院を受診することもありますよね。

また、子供が風邪をひいてしまうと酷くなる前に病院に連れて行くことも多いと思います。

病院で処方される薬の中には症状を抑える咳止めや鼻水止めの他に、”抗生物質”が処方されることがありますが、この抗生物質が風邪の治りを悪くする原因と言われています。

抗生物質って、風邪に効果がないの?
ほとんどの風邪はウイルス性だけど、抗生物質は細菌にか効果がないからウイルス性の風邪には効果がないの
かぜに効果のない抗生物質を、どうして病院の先生は処方するの?
抗生物質が処方される理由は、風邪で抵抗力が弱っている人は他の細菌の影響を受けやすく感染症に罹る可能性があるために、感染症予防のために抗生物質は処方される。

健康なときには免疫システムが正常に働きますが、風邪が切っ掛けとなり免疫力が低下し感染症を引き起こす危険性があるため抗生物質が処方されます。

たとえ風邪に効果がなくても感染症予防効果があるなら抗生物質は必要と思うかもしれませんが、抗生物質の副作用に問題があります。

抗生物質の副作用

抗生物質を服用することで風邪が治らない一番の原因は”免疫力の低下”だと言われています。

抗生物質を服用すると腸内の善玉菌に大きな影響を及ぼし、腸内環境が悪化し”下痢”を引き起こし下痢症状を引き起こすことで免疫力が低下してしまいます。

下痢と免疫力って関係あるんですか?
免疫細胞の70%は腸内に生息していて、腸内環境が悪化すると免疫力が低下するの

その他にも、肝臓・腎臓障害、発疹・吐き気・めまい・ふらつきなどのアレルギー反応なども報告されています。

もちろん症状によっては抗生物質を摂取する必要な場合もありますが、ほとんどの風邪は抗生物質が風邪を治りにくくしていると言われています。

抵抗力が低下しているからだを守るための抗生物質のはずなのに、抗生物質の副作用が”免疫力の低下”なんて矛盾を感じます。

社会人になると仕事が休めないこともあるので、風邪の症状を抑える薬が必要なこともありますよね。

かぜ薬を服用するときの注意点は、かぜ薬を飲んでも症状を抑えているだけ治っていません。症状が軽くなったからと普段と同じように無理をすると風邪を長引かせてしまいます。

風邪をひきやすい、また風邪が治りにくい人は免疫力が低下しているかもしれません。

風邪をひきやすい、なかなか治らない人は免疫力が低下している証拠?

免疫力が正常に働いている人は風邪をひきにくいですし、もし風邪をひいたとしてもすぐに回復します。

風邪をひきやすい、また風邪がなかなか治らない人は”免疫力の低下”を疑う必要があります。

免疫力の低下は、風邪だけでなくインフルエンザをはじめ様々な病気の原因になり兼ねません。風邪をひかないように日頃から免疫力を高めるようにしましょう。

免疫力を高める方法

免疫力を高めるためには、生活習慣の見直しが重要になります。

  • 喫煙を控える
  • 十分な睡眠を取る
  • からだを温める
  • ストレスをため込まない
  • 適度な運動
  • バランスの良い食事

タバコを吸うと免疫細胞の働きが低下することが明らかになっているんですよ。免疫力の低下を感じている人は、喫煙を控えるようにしましょう。

また、ストレスや運動不足、偏った食事、睡眠不足などは免疫力低下の原因になります。免疫力を高めるためには生活習慣そのものを改善する必要があるんですね。

しかし、今の生活そのものを見直すのは簡単ではありません。免疫系サプリなどを利用するなど工夫をする必要がありそうですね。

免疫系サプリも色々ありますが、その中でも免疫向上効果に優れている2つのサプリをご紹介します。

おすすめ免疫系サプリ① 高機能乳酸菌EF2001菌

私たちのからだの約70%の免疫細胞は腸内に生息しています。腸内環境が悪化すると免疫力は低下することが研究によって明らかになっています。

数年前、インフルエンザ予防効果がある乳酸菌R-1が新聞に掲載され話題になりました。確かにR-1ヨーグルトは効果がありますが、効果を実感するためには年単位で食べ続ける必要があります。

免疫力を向上させるためには”乳酸菌の種類”と”摂取量”が重要になります。

ウィキペディアで”最も免疫活性能力に優れている乳酸菌”とて紹介されているのが”エンテロコッカスフェカリスEF2001菌”です。

また、健康を維持するために必要な乳酸菌摂取量は1日最低1兆個です。2つの条件をクリアーしているのが乳酸菌専門店MIHARUの高機能乳酸菌です。

0421-003
高機能乳酸菌セルフレギュラーの特徴

  • エンテロコッカス・フェカリスEF2001菌という人由来の乳酸菌を使用している
  • 1包中の乳酸菌含有量が1兆個
  • 加熱殺菌された純菌体を使用しナノレベルの乳酸菌にすることで確実に腸まで届く
  • 日本で唯一、不純物を含まない純菌体を使用している

※毎月定期コースは、10%OFF5,670円(税抜)で購入することができます。
※定期コースは、いつでも休止することができるので安心です。

MIHARUの高機能乳酸菌の詳細はこちら
一般的な乳酸菌よりも少し高いですが、免疫サプリではイチ押しのサプリです。

おすすめ免疫系サプリ② ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌

はじめに免疫向上効果に優れている乳酸菌をご紹介しましたが、もうひとつ免疫力向上効果に優れている成分”ラクトフェリン”をたっぷり含有しているサプリメントをご紹介します。

ラクトフェリンは人の唾液や羊水・涙・血液にも含まれている成分で、母乳(特に産後5日までのもの)に豊富に含まれています。

生まれたばかりの赤ちゃんは免疫機能が発達していませんよね。初乳には赤ちゃんの免疫機能を高める役割をするラクトフェリンが豊富に含まれており、赤ちゃんの免疫力を高め病気にかかりにくい体を作ります。

ラクトフェリン含有サプリも色々ありますが、乳酸菌ど同様”含有量”が重要になり1日に300mg摂取すると良い効果をもたらします。

ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌画像
ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌の特徴

  • ラクトフェリンによる免疫細胞(NK細胞)を活性化する効果
  • ラクトフェリンによる抗菌・抗ウイルス活性作用(風邪予防効果
  • ラクトフェリン含有量が1日に必要な300mg配合されている
  • 乳酸菌(フェカリス菌・ビフィズス菌)配合
  • 耐酸性カプセル採用でカラダにしっかり届く

※定期コース申込で初回1,980円で購入することができます。2回目以降も42%OFFの4,500円(税抜)
※定期コースはいつでも休止することができるので安心です。

ラクトフェリン+乳酸菌の詳細はこちら
サプリラクトフェリン(免疫系サプリ)のサプリはではイチ押しのサプリです。

風邪予防、また風邪を長引かせないために免疫系サプリを先に紹介しました。次は、風邪にかかってしまった時に少しでも早く回復するための方法を紹介していきますね。

風邪の症状がでたらスグに予防対策を!

風邪を早く治すためには、からだを休ませることが一番の特効薬です。どれだけ早くからだの不調をキャッチし、早い対応を出来るかが一番のポイントです。

風邪かな?ちょっと怪しいなぁと感じたらスグにかぜ薬を飲みたくなりますが、とにかく休むようにしてください。

たくさん汗をかくと風邪が早く治るんですよね?
勘違いしている人が多いけど、それは間違い!

しっかり汗をかくと熱が下がり風邪はすぐに治ってしまうと勘違いしている人が多いですが、それは間違った知識です。

“汗をかくと風邪が治る”と思っている人は、過去に汗をかいた後に風邪が治った経験があるためだと思いますが、正しくは風邪が治ってくると汗をかくようになります。

汗をかいたから風邪が治るわけではないので、無理矢理に汗をかくのは逆効果になるので注意してくださいね。

環境部屋の温度や湿度を調整し風邪のウイルスにとって最悪な環境作りをする

風邪のウィルスにとって最高の環境は低温で乾燥している環境です。風邪のウイルスにとって最悪の環境を作りましょう。

ウイルスにとって最悪な環境

  • 部屋の温度を20~23度
  • 部屋の湿度は、50%以上

20~23度の室温は私たちにとって快適な空間ですよね。汗をかくために室温を高くしたりしないようにしましょう。

また湿度が50%を超えるとウイルスは、重さによって床の上に落ちてしまいます。床に落ちたウイルスが気化し空気中に飛ばないように、アルコールなどで床をしっかり拭き取ことが大切です。

風邪予防のためにも、部屋の温度と湿度は常に上記の設定を保つようにしてくださいね。

風邪のウイルスと戦うために栄養をしっかりとる

風邪のウイルスが体内に侵入してくると、からだの免疫細胞たちはウイルスと戦うために普段よりもエネルギーを消耗します。エネルギー切れにならないように、栄養をしっかり摂るようしましょう。

では、風邪によい食べ物を順番に紹介していきますね。

風邪によい栄養① ビタミンA

ビタミンAの効果

  • ウイルスの侵入を防ぐ働き
  • 喉や鼻の粘膜を作る働き

ビタミンAは風邪予防のためにも、風邪が流行る時期にはしっかり摂っておきたい栄養ですね。では、具体的にビタミンAを豊富に含む食材も紹介しておきますね。

ビタミンAを多く含む食品

牛乳・卵黄・ウナギ・レバー・緑黄色野菜(人参・ニラ・シソなど)

風邪によい栄養② ビタミンC

ビタミンCの効果

  • ウイルスと戦う白血球の働きを活性化させる
  • 免疫力を高める効果
  • 風邪予防効果
  • 風邪の回復を早める効果

ビタミンCが風邪に良い効果があるのは、よく知られていることですよね。

ビタミンCを多く含む食材

緑色の野菜(ブロッコリー・ほうれん草・春菊・パセリなど)・淡色野菜(大根・キャベツなど)・果物(いちご・オレンジ・グレープフルーツなど)・海苔 

※淡色野菜にはBRM成分(免疫賦活物質)も多く含まれているので免疫力を高める効果もあります。

風邪によい栄養③ たんぱく質

たんぱく質は、アミノ酸で構成されておて私たちのからだを作る主成分です。たんぱく質が不足するとからだのあらゆるところに異常が現れます。

たんぱく質は、私たちの生命活動に必要不可欠な栄養素なので、しっかり摂取するようにしましょう。

たんぱく質を多く含む食材

肉・魚貝類・卵・乳製品・大豆製品

からだを温めて睡眠を取る

体温が1℃下がると免疫力が30%低下すると言われています。免疫力がいちばん活性化する体温は36.5度以上です。

熱がある場合は、からだを温めると逆に体力を消耗してしまいますが、熱がない場合は温かくして体温が下がらないように注意し、しっかりと睡眠を取るようにしましょう。

近年、平熱は35度代しかない低体温症の人が増えていますが、35.5℃以下の体温が日常的に続くと自律神経系にトラブルが生じます。

自律神経にトラブルをかかえるとわたしたちの生活にさまざまな影響を及ぼしますし、35℃になると癌細胞は最も活発に繁殖する体温と言われています。

風邪予防のためにも基礎体温を知っておきましょう。風邪を早く治すためには、からだが冷えないようすることが大切です。

免疫細胞は睡眠中に活性化される

睡眠中はB細胞という免疫細胞の活性が高まります。

B細胞とは主にウイルスや細菌などに力を発揮する細胞で、風邪のウイルスから私たちのからだを守る役目を担っています。

ウイルスから私たちのからだを守る働きがあるB細胞が作られるのは睡眠中です。しっかり睡眠を取ることで風邪が治りやすくなります。

熱がなければ、風邪をひいていてもお風呂に入っても大丈夫です

風邪をひいている時に、お風呂に入ってはいけないというのは日本だけと言われています。

入浴をすることで風邪を悪化させることはありませんが、入浴後に”湯冷め”が風邪を悪化させる原因になります。

家風呂がない時代には銭湯から家まで離れていたり、田舎では母屋から離れた場所にお風呂があったために湯冷めの危険性がありましたが、家風呂であれば入浴をしても大丈夫です。

ただし、熱があるときは体力が消耗される原因になるので、控えた方がいいでしょう。

 

風邪の症状によく似た病気

風邪の症状が長引くと心配になるのは、他の病気の存在だと思います。実際に風邪の症状によく似ている病気は存在しますが、その病気の特徴があります。

その特徴を知ることで、早く適切な治療を行うことができます。風邪の症状に似ているけれど少し長引くと感じている人は、ぜひチェックしてくださいね。

風邪の症状に似た病気① 溶連菌感染症

溶連菌感染症は子供に多い病気のひとつですが、風邪と症状がよく似ています。

溶連菌感染症の症状の特徴

  • 38度以上の高熱
  • 強い喉の痛み
  • 嘔吐

ここまでは風邪の症状に似ていますが、下記の症状が出ていませんか?

  • 咳や鼻水の症状はないことが多い
  • からだや舌に発疹ができる

溶連菌感染症は自然治癒する病気と言われていますが、何度も繰り返したり合併症を引き起こす危険もあるため、医療機関を受診した方が安心ですね。

溶連菌感染症の治療は、抗生物質を1週間~10日程度服用しますが、風邪とは違い治癒するまで少し時間がかかるため指示された期間は抗生物質を服用するようにしましょう。

風邪の症状に似た病気② 細菌性肺炎

細菌性肺炎は高齢者に多い病気で、普段から喉や鼻などに存在する常在菌が、風邪などで免疫力が低下している肺の”肺胞”い侵入し、炎症を引き起こすことで発症する病気です。

細菌性肺炎の症状の特徴

  • しつこい咳や痰
  • 発熱
  • 食欲不振

ここまでは風邪の症状に似ていますが、下記の症状が出ていませんか?

  • 息苦しさ・息切れ
  • つばを飲み込んだときに激しい痛みが生じる
  • 濃い色の痰ができる
  • 高熱と咽頭痛が強いわりに、鼻水やくしゃみがない

高齢者で風邪が長引いて、このような症状があり軽症でないと判断した場合は医療機関を受診しましょう。細菌性肺炎は細菌による疾患のため抗生物質による治療が有効となります。

風邪の症状に似た病気③ 肺結核

肺結核の症状もよく風邪の症状を間違われる病気のひとつですね。

肺結核の症状の特徴

  • 咳・たん
  • 微熱
  • 倦怠感
  • 食欲不振

ここまでは風邪の症状に似ていますが、下記の症状が出ていませんか?

  • 寝汗
  • 体重減少

肺結核と言えば”血痰”がでると思われがちですが、黄色や緑色のような痰がでも肺結核の可能性があります。

肺結核の症状の特徴として”寝汗”があります。風邪の症状が長引いていて体重の減少や寝汗の症状が見られる場合は、医療機関を受診し検査を受けるようにしましょう。

風邪の症状に似た病気④ 胸膜炎 

胸膜炎の場合は、風邪を発症し免疫力が低下し合併症として発症することがある病気です。

胸膜炎の症状の特徴

  • 咳が続く
  • 痰がでる
  • 発熱
  • 悪寒
  • 倦怠感

ここまでは風邪の症状に似ていますが、下記の症状が出ていませんか?

  • 血痰
  • 動悸息切れ、呼吸困難
  • 胸の痛み
  • 背中の痛み

咳や発熱・倦怠感などは風邪に良く見られる症状ですが、風邪の症状に加えて背中や胸の痛みを伴う場合は胸膜炎を発症しているかもしれません。

医療機関を受診するようにしましょう。

風邪の症状に似た病気⑤ 急性肝炎

急性肝炎の初期症状は風邪や胃の不調に似ているいますが、症状が進行すると”肝臓がん”に進行してしまう可能性がある、恐ろしい病気です。

急性肝炎を発症すると早期治療が重要になります。

急性肝炎の症状の特徴

  • 発熱
  • のどの痛み
  • 頭痛
  • 倦怠感

ここまでは風邪の症状に似ていますが、風邪の症状が治まった後に下記の症状が出ていませんか?

  • 尿の色が褐色になる
  • 黄疸
  • 吐き気
  • 食欲不振

急性肝炎は、日本でも年々患者が増加傾向に病気と言われています。風邪とは違ったからだの変化を感じたときは、すぐに医療機関を受診しましょう。

風邪の症状に似た病気⑥ アレルギー性鼻炎

アレルギー鼻炎の症状と言えば、くしゃみ・鼻水・鼻づまりと鼻風邪の症状と同じですが、同じ症状でも風邪とアレルギー鼻炎の治療法が違うため、風邪薬の治療で改善することはありません。

アレルギー性鼻炎の症状の特徴

  • 鼻炎は発熱を伴わない
  • 鼻水・鼻づまりが長引く
  • サラサラとした鼻水が出る
  • くしゃみの頻度が多い
  • 咳やのどの痛みがない

基本的にはアレルギー性鼻炎と鼻かぜの症状は似ていますが、鼻かぜの場合は初期段階でサラサラの鼻水が次第に粘りのある鼻水へと変化します。

また、くしゃみの頻度が多いのも見分ける症状のひとつです。鼻かぜが長引く場合は耳鼻咽喉科を受診するとよいですね。

風邪の症状に似た病気⑦ 麻疹

赤い発疹が出現すると麻疹と分かりますが、初期症状は風邪とよく似ています。麻疹ウイルスは感染力が高く免疫のない人に対しては90%の感染力と言われています。

麻疹の症状の特徴

  • 38度以上の発熱
  • 鼻水・咳

このように風邪によく似た症状からはじまり発熱から3~4日後に、下記のような症状が現れます。

  • 目ヤニが出て、目が充血する
  • 口の中が赤くなり、頬の内側の粘膜に白い粒が現れる
  • 熱が上がり、赤い発疹が全身に広がる

麻疹の場合は熱が上がる前段階で、頬の内側の粘膜に白い粒のような症状を見ると診断することが可能です。

風邪の症状に似た病気⑧ クループ症候群

クループ症候群は生後3ヶ月~5歳までの乳幼児に良くみられ、風邪やインフルエンザの合併症で引き起こされることが多い病気です。

クループ症候群は、ケンケンと犬の遠吠えのような甲高い咳が特徴で、軽度の場合は1週間程度で回復しますが、症状が重症化し呼吸困難を引き起こすことがあるため注意が必要です。

乳幼児で”ケンケン”というような変な咳をしている場合は、早めに医療機関を受診するようにしてください。

風邪の症状に似た病気⑨ 髄膜炎

風邪気味かな?と思っていると髄膜炎を発症し、1~2日で命を落とすことがある恐ろしい病気です。また、風邪が引き金となり免疫力が低下することで発症することがある病気です。

髄膜炎の症状の初期症状

  • 発熱
  • 吐き気
  • 頭痛

風邪の頭痛と髄膜炎の頭痛の痛みの違いは、髄膜は脳を覆っているため頭全体が痛いと感じます。

頭全体が痛いと感じる場合は、すぐに医療機関を受診するようにしてくださいね。

風邪の症状に似た病気⑩ 肺がん

風邪と思っていたら”肺がん”だなんて考えたくもありませんが、肺門にできる肺がんの初期症状は風邪によく似ています。

肺がんの症状の初期症状

  • 咳・痰
  • 発熱

ここまでは風邪の症状に似ていますが、下記の症状が出ていませんか?

  • 胸の痛み
  • 息苦しい・息切れ
  • 呼吸困難
  • 体重の減少
  • 血痰

風邪と肺がんの大きな違いは、風邪の咳は時間と共に落ち着いてきますが、肺がんの咳は時間とともに悪化します。

目安として1ヶ月以上、咳が続く場合や血痰が出る場合は早めに医療機関を受診してください。肺がんは早期発見が重要になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まず、最近風邪をひきやすいな。風邪をひくと長引いてしまうな。と感じている人は免疫力が低下している症状です。

特に今年の冬は風邪を引いたら困る人には、記事の中でも紹介しましたが”免疫系サプリ”を取り入れてはいかがでしょうか?

最近テレビなどで、ヨーグルトを食べることで風邪やインフルエンザ予防効果があると注目されていますが、実際に健康効果を得るためには、1年以上食べ続ける必要があります。

テレビなどで放送されている内容は肝心な部分を飛ばして、まるでヨーグルトを食べると直ぐに効果があるように報じていますが間違いです。

風邪をひかないからだを作ることが一番重要ですが、もし風邪を引いてしまったらスグに風邪対策をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。