堺市・永代町の創作イタリアン丹治で贅沢ランチ♪旧丹治煉瓦製造所事務所・永楽邸跡地

創作イタリアン丹治画像

旧丹治煉瓦製造所事務所の跡地に6月23日にオープンした、創作イタリアン丹治~tanji~に行ってきました。

オープン初日に、ちちんぷいぷいの撮影でゆりやんレトリィバァさんが来られていたそうです。6月28日に放送される情報番組「ちちんぷいぷい」で紹介されるようですね。

創作イタリアン丹治は堺市堺区永代町にある、大阪の民間としては初の煉瓦造りの丹治煉瓦製造所事務所をリノベーションした、趣きのあるお洒落な創作イタリアンレストランです。

丹治煉瓦製造所事務所は、120年前(明治3年)に丹治利右衛門によって建てられた名建築なんですね。

この場所は、主人が幼少期に遊び場として走り回っていた場所で、久しぶりに訪れたのですが懐かしさに浸っていました。

堺の近代建築の中でベスト1級とも言われている建物は赤煉瓦・白煉瓦、背面にはステンドガラスが美しく、とても落ち着いた空間の中で、食事を楽しむことができます。

創作イタリアン丹治で、少し贅沢なランチをいただいてきましたので、ご紹介したいと思います。

 

煉瓦造の創作イタリアン丹治は、拘りがいっぱい!

創作イタリアン丹治は、お料理だけでなく拘りがいっぱいのお店なんですよ。

年代を感じさせる扉を開けると、煉瓦造りの店内にステンドガラスが装飾され、スポット照明と窓から差し込む自然光が落ち着いた空間を作り出しています。

創作イタリアン丹治店内

1階はテーブル席だけでなくカウンター席も用意されているので、1人でも気軽に入ることができそうですね。カウンター席の大きな窓から庭を眺めることができます。

創作イタリアン丹治店内

また、2階は「梁見せ天井」になっているため、天井が高く広々としていて、何とも心地が良く開放感があります。

創作イタリアン丹治店内
なかなか綺麗な写真が撮れませんでしたが、店内に入ると本当に感動します!

創作イタリアン丹治のことを知ったのは、家具のトータルコーディネイトされたマルキン家具さんのブログを見たのが切っ掛けだったのですが、ブログで紹介されていたこのソファー席に座らせていただきました。

主人がソファー席に、私が天然ラタンの1人用ソファー席に座ったのですが、とても座り心地がよくテーブルとのバランスもよくゆっくりと食事を楽しむことができます。

因みに、私が座ったラタンの1人用ソファのお値段ですが、1脚125,280円だそうですよ。

店内のソファーは、テーブルの大きなや場面によって全て違ったものが配置されています。その日の気分で、ソファを選ぶのも楽しそうですね。

店内

古い建物に大きな家具を搬入するのは大変で、大きなソファーなどは2階の窓から搬入したそうです。

歴史ある煉瓦造りの建物の雰囲気を壊さないようにリノベーションを行われたそうで、耐震工事・厨房・家具・食器など、お店の総費用は約4,500万円も掛かったとか・・・

ランチの紹介をするつもりが・・・余りにも素敵な店内だったので、前置きが長くなってしまいました。

 

創作イタリアン丹治のプチ贅沢ランチはいかが?

創作イタリアン丹治のオーナーシェフは、上野善伸さん(40歳)調理師の専門学校を卒業後、全日空ゲートタワーホテルなど数々の有名レストランで腕を磨かれ独立されました。

いつか独立をしたいと夢は持っていたそうですが、煉瓦造りの丹治煉瓦製造所事務所との出会いが独立の切っ掛けとなったそうです。

100年以上もの間、地域の人たちにずっと愛し続けられた古い建物を守っていきたい!という強い気持ちが芽生えたそうです。そして、シェフの想いを後押ししたのは、奥様の恵子さんだったそうです。

奥様の恵子さんは、「金銭面や子供たちのことなど、不安しかない・・・。」と言われていましたが、それでも上野善伸さんの背中を押された、本当に素敵な奥様ですよね。

奥様の恵子さんも、ホールでお手伝いをされていますよ。とっても素敵な女性です。

お待たせいたしました!少し贅沢な気分を味わえる、お洒落なランチをご紹介したいと思います。
創作イタリアン丹治ランチメニュー

ランチメニュー
パスタセット サラダ・パン・パスタ 1,200円
ランチセット アンティパスト・パン
パスタ・ドリンク
1,600円
ドルチェセット アンティパスト・パン
パスタ・ドルチェ
2,000円
tanto アンティパスト・パン・パスタ
メインデッシュ・ドルチェ・ドリンク
2,500円
シェフおまかせ 3,000円~

創作イタリアン丹治のランチメニューは5種類用意されています。パスタやメインデッシュ・ドルチェは日替わりになっているようですね。

因みに今日のパスタ・メインデッシュ・ドルチェをご紹介すると・・・

パスタ(3種類)

  • 烏賊とオクラのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ
  • 魚介軽い煮込みトマトソース
  • 真蛸とトマトのジェノベーゼソース

メインデッシュ(2種類)

  • 本日のお魚のロートロ
  • 紀州梅豚のカツレツ サカイ風 夏野菜添え

ドルチェ(4種類)

  • ティラミス
  • 和歌山県産あら川の桃とパンナコッタ
  • 季節のフルーツのミネストローネ
  • リコッタチーズのセミフレッド アメリカンチェリーの暖かいソース

ドリンクは、コーヒーか紅茶を選ぶことができます。

主人はtanto、私はランチセットを注文しました。

創作イタリアン丹治・ランチtanto(2,500円)

  • パスタ・・・烏賊とオクラのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ
  • メインデッシュ・・・紀州梅豚のカツレツ サカイ風 夏野菜添え
  • ドルチェ・・・和歌山県産あら川の桃とパンナコッタ
  • アイスコーヒー

まず、主人はイタリア産のモレッティ・ビールを注文していました。生ビールはなく、アサヒの瓶ビールかモレッティ・ビールが用意されています。

創作イタリアン丹治イタリアビール

モレッティ・ビールちょっとお洒落ですよね。「美味しい?」と聞くと

主人
・・・悪くないけど、際立った特徴はないなぁ。

アンティパスト(前菜)

お洒落ですね~!見た目の美しさ大切ですよね。前菜が運ばれただけで、テンションが上がってしました。

創作イタリアン丹治ランチ
  • とうもろこしの濃厚冷製スープ
  • 水ナスと生ハム
  • ライスサラダと太刀魚のマリネ

冷製スープが喉越しが良く、とても美味しかったです。

水なすと生ハムって合うの?と思いましたが、意外と合うんですね~!新しい発見!!家でも試してみようと思います。

ライスサラダと太刀魚のマリネも太刀魚の臭みもなく、さっぱりとして美味しかったです。

2種類のパンは温めて持ってきてくれますよ。おかわり自由です!温める時間がかかるので、おかわりがいる場合は少し早めに注文した方がよさそうですね。

パン食べ放題

パスタ 烏賊とオクラのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

少し量が少なめかもしれませんが、私たちには適量!パスタはもちもちで、乾麺と生パスタの良い部分が取り入れられたような食感でした。

ペペロンチーノ

主人の評価は・・・

主人
これは合格やな!旨い!!

私はペペロンチーノは余り好んで食べませんが、丹治さんのペペロンチーノは本当に美味しかったです。次はペペロンチーノにしようかな。

メインデッシュ 紀州梅豚のカツレツ サカイ風 夏野菜添え

すごい肉厚でジューシー!!骨付きの豚カツレツははじめかも・・・

カツレツ

紀州梅豚といえば、2012年の「第10回銘柄ポーク好感度コンテスト」 で優秀賞を受賞したことのあるブランド豚だそうです。

クエン酸やポリフェノールなど梅の成分が多く含まれた梅酢加工品 「紀州梅そだち」 配合の飼料で育てた豚で、獣くささが少なく、 脂に甘みのある良質な豚肉なんですね。

確かに脂が甘く、豚肉独特の臭みもなく、適度な歯ごたえがある豚肉でした。夏野菜で作られたさっぱりとしたソースと相性がよく、パスタを食べた後でもペロッと完食していました。

主人の評価は・・・

主人
旨い!ぶあついカツレツは苦手やけど、このカツレツならいける!!

かなりお気に入りの様子でした。

ドルチェ 和歌山県産あら川の桃とパンナコッタ

涼しげで可愛いですね~!!

パンナコッタ

涼しげなガラスのお皿に、桃のパンナコッタとフルーツが盛られたデザートプレート。言うまでもなく、とっても美味しかったです。

 

創作イタリアン丹治・ランチセット(1,600円)

  • パスタ・・・魚介軽い煮込みトマトソース
  • アイスミルクティー
アンティパスト(前菜)

創作イタリアン丹治ランチ
  • とうもろこしの濃厚冷製スープ
  • 水ナスと生ハム
  • ライスサラダと太刀魚のマリネ
パン(2種類)

パン食べ放題

パンはおかわり自由です。

はじめて1つずつ運ばれてきます。

パスタ 魚介軽い煮込みトマトソース

魚介は、あさり・白身魚・烏賊、フレッシュトマトで作ったトマトソースは、もちもちのパスタとよく絡みあい爽やかでとっても美味しかったです。

トマトパスタ

食後のアイスコーヒー・アイスティーまでついて、大満足のランチになりました。

ドリンク

少しお高めのランチですが、明治から蘇った煉瓦造りのモダンクラッシックな空間の中で、たまにはプチ贅沢なランチを楽しんでは如何でしょうか。

ディナータイムは、3,500円でコースをいただくことができるようです。次回はディナータイムにお邪魔したいと思います。

テレビで紹介されていたので、予約した方がいいかもしれませんね。

最後に・・・意外とお手洗い気になるんですよね。
トイレの画像

トイレは広くはありませんが、綺麗に掃除されていて清潔感のあるお手洗いでした。男女分かれているのも嬉しいですね!

 

旧丹治煉瓦製造所事務所・永楽邸跡 創作イタリアン丹治の詳細

店名 創作イタリアン丹治~tanji~
電話番号 072-370-6979
住所  大阪府堺市堺区永代町1-1-13
 営業時間  11:30~15:00(L.O)14:30 18:00~22:00(L.O)21:00
 定休日  水曜日
駐車場
禁煙・喫煙 完全禁煙
駐車場
お店の敷地内に専用駐車場がありますが、国道側からの一方通行になっています。道幅も狭いので分かりにくいかもしれませんね。

専用駐車場の敷地が広いので、我が家のjeepでも簡単に停めることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

主人と20歳になる娘の仲良し3人家族。家族の笑顔はママの腕にかかっていると、スーパー主婦を目指すアラフィフ主婦です。 日常の生活の中で、メモしておきたい出来事やお役立ち情報。 そして、お料理も好きだけど、食べ歩きは大好き!おススメの料理や、美味しいお店などの紹介を配信しています。